キチママ

345: 名無しの心子知らず 2013/12/02(月) 21:42:55.03 ID:6SrCcLSF
数年前の話。フェイク込み。 

幼稚園時代からクレクレ行為が激しいセコママAさん。 
東に宝くじが当たった人(スクラッチ千円)あらば飛んで行って奢ってクレクレ、
西にまとめ買いで大量に物を運ぶ人あらばそんなにあるんだから少しくらいクレクレと、
一帯の人ならば大抵顔を覚えられるほどの大活躍ぶりでした。 
娘のA子ちゃんもお母さんによく似て積極的で、下手な男の子よりもガキ大将にふさわしい性格でした。 
AさんはA子ちゃんを溺愛。何をしても叱らず、他の子を叩いても物を強奪しても、
逆に相手の子を叱り飛ばしてトラブルになっていました。



100: 名無しの心子知らず 2013/09/18(水) 18:19:05 ID:N5Cuk0qd
 
今日ママ友Aがセコケチママだったことが発覚した。


先日の台風で実家が浸水したBママから、
実家に応援に行くため子供を預かってくれと頼まれ承諾した。
B娘とうちの子は保育園からの仲だし礼儀正しい子なので私は全然構わないし、
うちの子もお泊まりだ!と嬉しそうだった。

そして二人が我が家に帰宅後、同じマンションに住むAが凸してきた。

・うちのA娘を仲間外れにするのは可笑しい!
・いつもそうやってA娘をいじめてるんだろう!
っていう主張だったのに途中から本音が出たのか
・晩ご飯とお風呂と寝床代がタダなんてB娘ずるい!
になってたのであんまり騒ぐと24しますよ?って退散させた。

娘達はゲームやってたから気づかなかったらしいから良かったけど、
ちょっと怖くなってスピーカーお母さんにお電話しておいたよ。


皆に比べたらセコケチ度は低いけど、普通にビビるよorz


875: 離婚さんいらっしゃい 2011/06/16(木) 22:34:28.34
 
マジ話です。書き逃げごめん。 
身バレが怖いので細かい所は省略。 

俺は娘にえらく嫌われていた。 
風呂は最後、洗濯物は別、飯は食卓で一緒に食うのが嫌という理由で 
俺だけ嫁と娘が食い終わった後に1人で食ってた。 
当初は年頃の反抗期という事もあって軽く叱る程度で済ましていたが、
この生活が続いて数年。 
嫁はフォローするどころか我関せず。 

しまいには娘を叱ってる俺に「大人気ない」と娘について俺を責めるようになった。 
俺も黙っていた訳ではない。


876: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/30(日) 05:14:12.36 .net
嫁は毎月友人と女子会をやってる 
俺はここ一年お小遣いももらえず 飲み会なんぞ会社のしかいっていない 
なにかしらあるからお金ほしいって少しでもいうとボロクソに言われて気分最悪 
自分が女子会いってるんだから 行っといでーくらいで何千円か渡してくれてもいいと思う 

服も2年間同じのをきてボロボロになってから捨てて交換する 
いざ服をそろそろ買いたいというとまたボロクソに…


196: 名無しの心子知らず 2012/07/10(火) 21:13:53 ID:zAs50cPY
 
キチとその味方たちに負けた形で不快な内容だけど… 
娘が通っていた園は月一でお弁当の日があって、娘の希望でキャラ弁を持たせていた 
ある日娘を迎えに行って帰ろうとしたら、

普段挨拶スル程度の、同じ組のAママが話しかけてきた

「娘ちゃんのお弁当すごく可愛いんだってね〜すごいね〜」と言われたけど、
親しい相手でもないし、適当に会話してそのまま帰宅 

それから次のお弁当の日が過ぎた後、いつものように娘を迎えに行ったら、いきなりAママにビンタされた
いきなりで呆然としている私に捲し立てるAママの主張は「キャラ弁作ってくるなって言ったのに!」 
当然そんな事言われてないし、混乱しつつもそう伝えたら、「嫌味もわからないの?作ってくるなって意味もわからないの?」と再度ビンタされた 
そこで先生が止めに入り、事情を説明したけど、
「私は大変なのに」「この人が許せない」などと号泣しながら訴える 
こっちは暴*振るわれてるし、ガタガタ言うなら被害届かなと思ってたら、園側の裁定は私がAに配慮すべきだったということになった… 
理由は、ここまで追い詰められてるから仕方ないんだと。
私に対するビンタはそれで相杀殳で、これで双方不問にすること。 
当然こちらは納得できないけど、

「どうしても駄目なら退園してもらうことになるかもしれない。娘ちゃん、お友達と離れ離れでいいの?」
と言われる園の対応はクソ以下だけど、娘のことを思うと強く出られない。
卒園まで一年切ってる状況で、新しい園へというのも難しい断腸の思いで和解を了承し、
せめて「今後、お互いかかわり合いにならないようにしましょうね」と言って終了した



このページのトップヘ