キチママ

361: 名無しさん@おーぷん 2016/03/09(水)20:48:11 ID:nrK
母の腹違いの兄(母が49なので多分55くらい)の子供(現小4、
4月から小5)の託児を任されたけど、何もできなさすぎて驚いた
結婚式の招待状が届いたが、中学生以下はお断りだったらしく、理由が理由なので預かった

血のつながりが薄いけど一応従兄弟って扱いになるのか?
母が更年期で子供の声も頭に響くらしく寝たきりだから、私(26歳)と妹(22歳)で面倒を見てた



372: 名無しの心子知らず 2011/06/12(日) 13:12:56.85 ID:Htp3BFIO
娘は服飾関係の義母の影響で手芸が好きで、鞄とか服とか作っていた 
親のひいき目抜きで見ても上手いな、と思ったし友達の間で密かに好評だったらしい 
そして文化祭の劇の服飾担当になった


546: 名無しさん@HOME 2014/08/31(日) 15:55:26.87 0
毎年、夫の同僚夫婦の別荘へ遊びに行くのが我が家の夏休み恒例行事。
大抵3~4泊ですが、同僚夫婦にとっては嫌なものでしょうか?

我が家は私たち夫婦と小学生二人の4人家族、同僚夫婦は子供はいません。
初年は誘ってくれたのですが、翌年からはこちらか聞いています。
断られた事はありません。
今年、夫が今年もいい?と同僚に聞くと休みが合うかわからないと答えたそうなので、
同僚が休暇申請した後で日付を調べ、休みを合わせました。
同僚もいいよと言ったそうですし、奥さんも子供ともいつものように遊んでくれたので
来てよかったと思いましたし、帰ってから
「長々とお邪魔してごめんね、
4人家族で普通に旅行するとかなりの出費になるので助かっています。
子供も毎年楽しみにしています。ありがとう。」と奥さんにお礼のメールをしても
返事は「また来てね」も「気にしないで」もなく、
私の書いた事には触れない内容でしたが、メールは簡潔に済ませる人なので
毎度の事だと思っていました。

が、後日、SNSを見たらフレンドが
「親戚が子供連れてきて何泊もして、おもてなしを強要されてすごく疲れた!
うちは子守り付のホテルじゃない!」という事を書いていて、
同僚奥さんが
「そういう人達って、どうして自分達の為に喜んで尽くして当たり前って思えるんだろうね。
自分達は絶対しないくせにさ。」と同意していました。
その時、私たち実は歓迎されてない?と思ったのです。
思い返せば特に奥さんが時々そっけない態度だったような…。
他の友達家族も、同僚の家や別荘を定宿にしてたし、
色々頼っても断られる事は滅多になかったから喜んでるのかと思ったのですが…。 

299: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/11(水) 15:06:09
本当に疲れた。 
嫁とは本当に価値観が合わない。子供が出来てから特に思う。 

嫁は高校時代、赤点連発でギリギリ卒業できた奴。

212: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/31(日) 18:45:17.49 ID:6fhi44WH
乱文お許しください。
バツイチ、娘がそれぞれ中高に1人ずついます。

1年前、夫から離婚を請求され、調停の末に離婚しました。
調停の中で、夫の不満を初めて聞くことができ、
私が夫を父親扱いし、甘えて負担をかけていたことをそのときに自覚しました。
一番ショックだったのは、10年以上のセッ*スレスで夫がいっそタヒにたいと思うほど
苦しい思いをしていたことを聞かされ、もう顔も見たくないと伝えられたことでした。
でも義理実家の近くに住まいを建ててもらったし、
15年専業主婦でいさせてくれたので感謝しないと思ったので、
最後は礼を言って別れました。旦那は子供には会いに来ませんが、養育費は滞りなく入っています。

昨日旦那が再婚したという連絡が弁護士経由で来ました。
相手は10歳年下、同僚の女性だそうです。
話を聞いたときは、呆然としてしまいました。
まだたった1年しか経ってないのに不倫を疑ってしまいます。
思えば夫が家を出ていく前に携帯がロックされていたり、
帰宅がやたら遅かったりと不審な行動が多かったです。
知り合いに相談したら、
略奪婚の夫婦なんて所詮幸せにはならないんだから放っておきなと言われました。
でも自分が捨てられたんだと思うと、辛くて・・・・
子供2人もお父さんは自分たちを捨てたんだとかなりのショックを受けているようです。
子供もいるのに、そんなに簡単に再婚するなんて間違ってませんか?
探りを入れたところ結婚式もやるようです。
略奪婚の恥知らずな式に参加する人がいるなんて・・・
子供を差し向けて台無しにしてやりたい気持ちでいっぱいです。
恥知らずな女と夫を責めてやりたい。
何度も気にしないようにしようとしてきましたが
イライラして手につきません。どうしたらいいんでしょうか。



このページのトップヘ