キチトメ



279: 名無しさん@HOME 2013/10/19(土) 14:49:43.59 0
流れぶった切って投下 
長いし読みにくかったらごめん 

近距離別居の義家族は 
ただの借地農家だったのに
「うちは名家だから~あーたらこーたら」
発言が大好きな糞ウトメと 
元旦那の名前で勝手に借金したのが原因で
返品されてきたパチンカスコトメの構成で 
ウトメの年金と我が家からの援助で生活 

私の一挙手一投足にいちいち家柄どうのを絡めた嫌味たっぷりで 
私にだけマズメシ出すとか、呼びつけて家事丸投げといった奴隷扱いはもうお約束 


旦那が義実家へ行った時、ご近所さんに 
「洗脳されてたんだって?もう大丈夫?酷い嫁さんもらっちまったんだね」
と言われたことにより 

トメが常日頃ご近所さんに 
「大事な息子が馬鹿女に洗脳された。監禁状態で会わせてすらもらえない」 
と大々的に触れ回ってたことが発覚 

旦那が切れて援助も打ち切り、冠婚葬祭時だけ顔を合わすような半絶縁状態に 


続きます



251:名無しさん@HOME2010/06/14(月) 23:38:40 0
結婚当初から姑とはうまくいってなかった。一方的に嫌われてた。
そのへんのフォローはしっかりできる人と信じてた夫は思いのほか頼りなかった。
「キツイ人ですまない。ほんと、お前が大人で助かってるよ」こんな感じ。
体のいい「お前が我慢すればいいから黙ってろ」だと気づくのに、結構時間がかかった。

それでも子供が欲しくて、妊娠したので、実家近くの病院を予約した。
義実家にも報告し、里帰り出産するつもりだと言った。
すると姑が「里帰りするならこっちで産みなさいよ。今年うち町内会の役員で、
ちょうど年末(※12月出産予定)に会議所の大掃除があるのよ。
あんなもん適当でいいだろうに、なんか寒い中丸一日かけるのよねー。
年明けには成人式の手伝いもあるし、今年は若い人がぜんぜんいなくって。
ほんとちょうど良かったわ。ね、うちでゆっくり産みなさいよ」と笑顔で言った。

あまりのことにボーゼンとしていたら、夫が机を思いっきり叩いた。
「ふざけるな!自分が何を言ってるのか分かってるのかよ!」と怒鳴った。
優しげなのと頼りないのがあやふやな夫、大きな怒鳴り声なんて初めて聞いた。
姑は本当に何が悪いのか分からなかったようで、驚いていた。
「妊婦が!臨月で!真冬に!そんな大仕事を!できるわけないだろうが!!」
「産後だってそうだ!なんのための里帰り出産だ!なんでそんな発想になれるんだ!!」




205:名無しさん@HOME[sage]2010/08/24(火) 20:00:52 0
コトメ子(義妹の娘と息子)を引き取って育てたんだけど、
「実子と差別してる」「継子イビリの酷い女」と散々噂ばらまいたトメに、
娘が親戚と、ご近所さんたちが集まった法事で、皆の前で
「私お母さん大好き、コトメママは知らない。
お母さんが大好きだから私いい子になる。
私産んだママに育てられたら酷い事になってたと思う、
お母さんの悪口言うお婆ちゃんは嫌い」。
義妹の元夫も
「くだらない噂流したら出る所に出る。法的に裁かれてタヒぬような目に会いたいか」と言った。 知らなかったけど、トメは私が義妹元夫に色目使ってるって言ってたそうだ。
そこから親戚も、もちろんトメとも没交渉になった。
浮気して逃げた元妻の父の法事に出てくれる様ないい人だったのにね。
一人になったトメは子供達に金の無心をするようになる、
というか「お婆ちゃんかわいそうでしょ」って連絡をする。
娘「私に言われても分かんない、お父さん(私の夫)もパパ(実父)も
お婆ちゃん嫌いだってさ」
子供達が泣いてママと話したがっていた時にも、誰も連絡先を知らなかったはずのコトメは
娘が大学進学する時になって連絡をしてきて
「実はずっとトメと連絡はしてた」と言ってきた。
そして進学のお祝いさせてくれ、一緒に住もうと。
「本当の母親はお母さん(私)だから、別にあんたに会いたいとか思わないし。」
「この人が俺を産んだ人なんだ。でも俺はお母さんが好きだから、
今更他人と住めって言われてもね」
言葉はきついけど、本気で嬉しかった。
去年の秋、娘が結婚したけどその時私を実母として手紙読んでくれた。
息子は一昨年大学を出た。
実子の息子も同じ大学に受かった。
「兄貴の事知ってる人が居て恥ずかしい」と言いつつ嬉しそうだった。
もう今タヒんでもいいやって位幸せです。


70: 名無しさん@HOME 2016/04/01(金) 00:59:43.06 0
最近のゲス話ネタで、
「不倫するなんて、そんな男に育てた親ってなんだろうねー。
うちの息子は誠実で優しくていい男でしょ。
でもなんかやらかしたら言ってね、私は嫁の味方だから」

なんて嫁に言ったら、
実は息子は昔不倫していたのだと嫁から教えられた。



このページのトップヘ