エネ夫

第一話
第二話
第三話
最終回


536: 191 2010/02/23(火) 15:56:50 0

昨日ご相談させていただいたものです。
ご意見くださった皆さんありがとうございました。

生命保険の受取人、いつの間にか夫に変更されてました。
印鑑証明とパスポートは紛失届を今日電話で依頼済み。
昨日までは「まさかそこまでは…」という感じでしたが
もう一気にハイテンション

ムリムリムリムリムリムリ!!!!!!!
夫と会うのはキャンセルして社長に弁護士紹介してもらえないか頼んでみる!
殺される前に逃げるー!!!!!





191: 名無しさん@HOME 2010/02/22(月) 13:43:33 0

うわぁ…
前スレから読み始めたら私すっかりエネmeじゃん…orz
今別居中なんだけど、戻ったらいけない気がしてきたよ。

長くなるけど投下します。
夫がモラハラ夫で、いつも都合が悪くなるとだんまり決め込んで自分の意思を通してきた。
トメコトメ同居で嫁は奴隷、運転手。 嫁の都合なんて全く関係ナシ。
当然嫁いびりもバリバリ。 一度夫の前で切れたら
「俺はどっちの味方もする気はない」 ってはっきり言われた。
自分の実家からは新幹線使っても4時間離れてるし頼れるのは夫だけしかいないのに、
完全にアウェイじゃん、と思ったらどんどん気持ちが暗くなってそのうち心療内科のお世話になった。
途中ストレスから難病になって結婚前から続けてた仕事も辞めた。
ちなみに共稼ぎしていた時も家事一切は私の仕事。
夫に手伝ってもらおうとすると 「世間体が」 「俺と同じだけ稼げるんならやってやる」
とさんざん言われエネme化していた私は言うがまま。

それでも仕事を辞めた分いくらか体もラクになったので難病は小康状態に。
だがトメとの戦い(クソトメな上に夫一家がせんべいだった。
本人は活動はしていないと言うのでそれを信じてこの事実を
実親に隠したまま結婚したので実家にも頼れず言えずの数年間。)
に疲れてある日すべてがイヤになって自宅で死のうとした。

カーテンレールで首を吊ったのだが私の体重を支えるには足りなかったらしいw


937: 名無しの心子知らず 03/10/13 01:03 ID:v7uc2sBj

旦那不在の陣痛&出産でした。

不安で実の父に来てもらったケドただ居てもらうのも悪く感じ帰ってもらいました。
(痛い痛い&便が出るしか言葉出ない状況だったので)。
旦那が居たら痛さのあまり当たってたカモ(絶対)と旦那に言うと旦那曰く
「何で口悪いの?大人しく乗切れないの?」と言われるんだけど・・・みなさんどう答えます?

陣痛室に姑が入ってきたって人いますか?

653: 可愛い奥様 2010/10/16(土) 15:20:23 ID:2XdswAWRO

今は40代のおばちゃんだけど21の時付き合ってた男に騙されて裏本のモデルにされた。 

いつものように彼氏の部屋に行ってお酒飲んだところまでしか記憶がなくて気がついたらホテルのベッドにハダカで寝てた。変なクスリ打たれたようで訳わからなくなってたみたい。 
彼氏は借金の返済を私がモデルする事でチャラにしてもらったみたいだった。
写真をネタに「裏ビデオに出ろ」って脅してきたけど 
「警察に行く」と騒いだら強面の男の人が来て
「悪かったな」とネガと100万円置いて帰って行った。
彼氏とはさっさと別れて田舎に帰った。

周りにバレてなかったので良かったけど思い出しても腹が立つ。記念じゃ無いけど一冊隠してる。
セ○クスした記憶も無いけどしっかりやってる私が写ってる。



◆前編はこちら◆


706: 680 2009/09/24(木) 15:52:22 0

前のスレに出てきたアスペ娘と双子の息子の母です。 
旦那とはもう一度話し合ったけれど、根本にあるのが「障害者=ダメ、格下」でここが変えられない以上どうしようもないと思った。
 
旦那に無許可でいける療育なんて相当限られているし。 
それと、子どもたちのせいで離婚になったとはそもそも思わないので大丈夫。 
子どもがいなけりゃ違う形で衝突していただけのことだし。 
息子二人はついていくなら私がいいと言ってくれたし、娘はまだ小さいうえ旦那側が親権は欲しがらないだろうから安心。
姑から「離婚してくれるんですって!ありがとう。男の子には父親が必要よね、女の子には母親が一番よね」と言われたよ。 
とにかく離婚自体は大賛成の旦那及び周囲だから、堂々と荷造りも部屋さがしもしてるし、旦那の前で弁護士探せるし、お気楽。 

息子の親権でもめるのは確実だけど、もう中学生なんだから息子の意思が尊重されやすいだろうし、息子が旦那を選ぶならそれはそれ。 
そうなったら面会権は獲得できるよう動くけど。 

それと、私は別に娘に友達がいないことが不幸だと決め付けているわけではなくて。 
療育って基本的に人との関わり方を学ぶものだから、人に興味がなかったら療育に意味を見いだせず楽しくない辛いだけのものにならないか心配になってしまって。 

ここの主旨とズレているようなので、これを最後にします。 
その後は特に条件がなさそうなので、いつかその後に来られたらいいな、と思います。



このページのトップヘ