アレルギー


484:名無しの心子知らず2017/08/11(金) 22:07:57.57ID:T+DL2YQ+
2人目妊娠中で1人目の時と同じく里帰り出産の予定
実家が遠方なので産前産後の合計3ヶ月里帰りさせてもらう予定なんだけど、
義母が快く思っていないようで里帰りするなら同じ期間を義実家でも過ごせと言ってきた

嫁の実家ばかり孫を見ていてずるいと
義実家は割と近くて泊まりはしないけど月に2回はお邪魔してるし、
義母とは週1~2回会っているし、
お盆や年末年始などは全て義実家で過ごしてるんだけどそれでも不満らしい 
義実家には犬が2匹いて、
上の子が犬アレルギーだから長時間の滞在は避けているし
ちゃんとアレルギーの件は伝えているんだけど、
里帰りまでの2ヶ月と帰ってきてからの1ヶ月は同居でと決定事項のように伝えられた
子供のアレルギーがあるので長期滞在は難しいと伝えたら
「人の心が無い」「犬だって大切な家族なのにバイ菌みたいに扱うな」
と更に怒らせてしまった模様 

夫にとっても犬は大事な家族だから強くは言えないようなんだけど、
それで子供がアレルギーに苦しむ姿を見るのは祖母として、
親として胸が痛まないんだろうか 

人の心が無いのはどっちだよ




932: 名無しさん@おーぷん 2017/07/28(金)21:18:12 ID:vCh
愚痴
旦那が犬を買ってきた、
私への誕生日プレゼントとかいう

私は犬アレルギー
鼻水がとまらなくなる。
喉もいたくなる

それは言ってるし、
犬は飼えないよって
アレルギーのことは伝えてる
なのにこれ

アレルギーなのに犬は飼えないよ、
ペットショップに返してきてといったら
返品不可って言われたよっていう


なら、血統書つきのチワワなら貰い手もあるよ、
人にあげよっていったら
お前のアレルギーをなおすために買ってきたのに
なんだって怒り出した

犬が同じ部屋にいるだけで
鼻水がとまらないのにムリ
重度になったらアナフィラキシーで
しぬかもしれないよっていったら
大袈裟って笑う

大喧嘩になり家とびだした、
今友達のとこにいる
帰ってこいって旦那からメールや電話くる
帰れるもんか、最悪の誕生日

どうしたらいいですか?
アレルギーのことつたえて、
医者にも説明一緒にきいてもらったのにこれ

飼えないよっていってたのにこれ
旦那は犬好きだから
結婚前にいってたのにこれ
一軒家ようやく建てたのに

私は犬を捨てろとかはいってなくて
飼えないから誰か可愛がってくれる人に
譲ろうっていってるだけ

犬もかわいそうだし、私もかわいそう
旦那の説得どうしたらうまくいきますか?


801: 恋人は名無しさん 2010/09/24(金) 19:37:00 ID:ruGZ0njj0
アレルギー関連で、うちの姉の修羅場。 

姉は蕎麦アレルギー。 
けっこう重症で、多めに摂取すると命にかかわるので 
本人も家族も十二分に注意して生活してる。 

蕎麦アレルギーっていうと「蕎麦だけが駄目なんでしょ?」と誤解されがちだが 
けっこう駄目なものが多い。 
まず蕎麦を出す店には一歩も入れないし(店内に蕎麦粉が舞ってると駄目) 
そばまんじゅうを始め、ある種のお菓子、パン、もち、お茶、蜂蜜等に蕎麦成分が入ってることがある。 
化粧品やビタミン剤に入ってることもある。あともちろん旅館の蕎麦ガラ枕も駄目。 

今は成分表示してくれる食品が大部分になってくれて助かったけど 
卵・蕎麦アレルギーの父と、蕎麦アレルギーの姉を持つ我が家は 
昔からとても食生活に気を使っていた。


144: 名無しの心子知らず 2017/07/31(月) 00:19:43.19 ID:jUX+xZrv
今日初めてアレルギーを理由に入店拒否されたわ。 
友達家族と遊びに行った先の食堂だったけど、
有名人も来てて繁盛している店だった。
うちは子供が卵で私が甲殻類のアレルギーもちなんだけど、
コンタミレベルでは大丈夫だからよく外食してる。 

いつもは混入する可能性があるので、ご留意ください程度だけど、
今日のお店は言い方は丁寧だったけど、完全に拒否された。
有名店だから以前問題があったのかなとは思ったけどね。 

ただ怒りを通り越して悲しかったわ。
アレルギーって面倒くさいなぁと思っていたけど、
拒否させるレベルの障害だとは思ってなかったから。

148: 名無しの心子知らず 2008/06/20(金) 19:59:21 ID:hmxu8CCi
もう頭に来たのでちょっと愚痴らせてクレクレ。 

趣味とアレ餅子のおやつを兼ねて、よく家でお菓子やパンを焼いてるんだけど 
それを知ったAさんが、一緒に作らせて〜教えて〜と言って来た。 
Aのお子さんもアレ餅なので、興味があるのだろうと、自宅に招待して一緒に作り、材料はこちらで用意して、作った物もAとA娘が殆ど食べた。
それ以来、公園で会うたびに「今度はいつ行っていいかな?」と催促されるようになった。 
A娘はナッツのアレルギーがあるが、うちの子はなく、むしろ好物でよく使っている。 
もし来るのなら器具や材料に混入しないように、すごく気を使わなければならないのでうちで何度もするのは負担だから、分からない点があったらいつでも言ってね。と答えた。 
前のレシピで分からなかったところある?と聞いたら 

「えーぇ〜作るのメンドウだから作ってないし、材料も高いから自分で買うの大変だし貴方は趣味でつくってるんだからついででしょう〜。うちの子の分ぐらい増えたっていいじゃん」 

「・・・そっか〜、うちの子はナッツを入れたほうが食が進むからついででは作れないなー。材料費も趣味とはいえ馬鹿にならないから」 

「あ、ナッツ入りでもいいわよ。私が食べるから。作るのが趣味なんでしょう?」 

・・・一緒にいたほかのママさん達もポカーン。 
「隣町に自然食のお菓子屋さんができたらしいからそこで注文してみたら?」と助け舟を出してくれた。 

「うちの子はアレルギーで病院通いでお金がかかって大変なのにうちの子にはお菓子を食べさせないなんて酷い!もういい!」 

と帰って行かれました・・・。他のママさんたちに「大変だったね・・・お疲れさんだね」と労って貰ったので、根回しとかは必要ないのが不幸中の幸い。 
アレルギーという同病に心を許して餌付け行為にをしてしまった自分が腹立たしい。 

このページのトップヘ