アホ

839: 名無しの心子知らず 2008/08/22(金) 17:45:10 ID:5IYFa13l
実家でニッセンの12枚入りパンツを注文しておいてもらって、
帰省した時に姉、姉の子、私で好きな柄選んで分け合ったんだ。
(お互いのと間違わないように目印つけてから洗濯)
前からそうする予定だったんで、お金も出し合った。

それ見かけた弟の奥さんが、夕飯の時に
「お姉さんは妹にだけものを上げて、
 自分にはくれずに除けにしている」と訴え始めた。

そう思わせたのは悪いが
「前から決めて、お金も出し合ったもんだから
 次にやるときは声かけるね」
ということでその場を納めた。つもりだった。

夕飯後、弟の奥さんが私たちの部屋に来て
「どのパンツくれるんですか?」という。
今回のは私たちが共同で買ったものだから、
次にやるときは声かけるねとまた言ったら
「それって今回はくれないってことですか?
 さっきごめんねとか言ったのって口先だけですか?!」って騒ぎ出す。

弟が出てきて、パンツぐらい同じもの
後で注文したらいいじゃんと言っても聞かない。

その後やっと静かになったんだが、翌朝弟の奥さんが
姉の子の荷物あさってパンツを取ろうとして大騒ぎになった。
「お姉さんがくれないから
 こんなことになったんでしょ!私を責めるのは筋違い!」
という捨て台詞を残して、パンツはポケットにしっかり詰めこんで帰って行った。




299: 名無しの心子知らず 2007/07/14(土) 04:10:10 ID:CQRAQvVU
 
流れを切って失礼をば。


先日子供の迎えで起こった出来事です。
上の子を送っていった時に近寄ってきた。実は最近ダイエットに成功(ビリー隊長サンクスです!)
そのご褒美に旦那がディオールのブレスを買ってくれました。
気に入った&欲しかったのでずっと着けてます。
それを見て近寄ってきたクレクレママ。(Bママとします。)

は1ヶ月くらい前に引っ越して来たらしく少々ポツン気味。

私も挨拶程度だったんですが。

B「こんにちわ〜。お疲れさまです〜」
私「こんにちわ〜。いやー暑いですね。」
B「ですね〜。ところでそのブレスってディオールですよね?」
私「はい。旦那に買って貰って。」
B「そうなんだ〜羨ましいですね!」
私「あはは〜。」
B「でも…言いにくいんだけどディオールって若い子向けでしょ?」
私「はぁ(何言ってんだ?)でも好みですからね。」
B「ママさんにはもっと落ち着いた物の方がいいんじゃないですか?」

私(しばしクルッポー、そしてカチン)
「余計なお世話っすわ〜。好きでしてるんだし。」

B「(むっとして)私はママさんの為を思って言ったんですけどね!」
 

537: 名無しさん@おーぷん 2016/02/20(土)22:35:48 ID:79h
夫を怒らせちゃった、謝っているのにまともに取り合ってくれない

三年前に姑と夫祖父から、姑が存命の間、お墓と仏壇を守る事を条件に、
姑を飛ばして夫が相続人になる話が出た
夫に相談されて私も了解した

先月に夫祖父が他界した
夫が古い家は喪が空けたら建て直す、仏壇はうちに持って来ると言い出した
小さい箪笥位有る仏壇、正直邪魔
家を壊す時に一時的にうちに置くんじゃダメなの?と聞いたら
それは守っているんじゃ無くて放置
そんなに長い期間じゃ無いから許容してくれって

夫の相続なんだから、
相続人でも無い私が部屋が狭くなるのを我慢する必要は有るのって聞いたら
相続した土地に、相続したお金で家を建てたら名義は夫だけど、
今より少ない住居費で、今より広い家に住むのだから無関係じゃ無いだろって
そんなに嫌ならしょうがない、条件を満たせないのだから、
相続は辞退して姑に相続して貰うって言い出した

謝っても、夫の相続に自分は無関係だと思っているなら口を出すなって、
取り付く島も無い

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/22 20:19:29 ID:VJkuznAY0

この間、二人で飛行機に乗ったんだよ。 嫁さんは、初めて飛行機に乗ったそうだ。 飛び立って暫くして、下に見える雲を見て、嫁さんが 「星って、この飛行機より下にあるの?」 って聞いてきたんだ。 俺、口ポカーン状態だった。


881: おさかなくわえた名無しさん 2011/11/29(火) 14:33:44.16 ID:iM3xt13i
ホテルに勤める俺のところに、昨夜、妹の洋子(仮名)から電話があった 
妹の夫の弟が結婚するので挙式披露宴をしたいと言っているとのこと 
ああ、めでたい話じゃないか、うちも儲かるし、と思ったら妹がなんか口ごもる 
「それがねえ……予算10万で40人招待したいんだって」 

ムリw 
うちで用意しているセットプランで40人なら100万円からだ 
10万だと20人での食事会がせいぜいだ、ちょうどお前たちがやったみたいに 
「だよねえ……」

ここで電話が妹の夫にかわった
「ああ、どうも。なんとかなりませんかね?」
「ならんよ。洋子にも言ったけど40人なら最低でも100万かかる」
「そこをなんとか、お兄さんの顔で」
「いくらなんでも9割り引きなんかできるはずがないだろう」
「はあ……」
「君と洋子の時にやった食事会がいくらだったかおぼえてるだろ?」
「でも、あれは10万しなかったじゃないですか」

本人たち含めて15人で7万5千円、これを俺の社員割引で20%offにして6万円だったんである
(飲めない人が多いので「酒なし」だったからこの料金におさまった)


「あのな、あと4万で25人も追加して、そのうえ衣装やなんかまで用意できると思うのか?」
「ムリですかねえ?」
「いくらなんでもな。あのときみたいな食事会を開くってことなら相談に乗るけど、それでも40人10万は厳しいな」

ここまででも軽く頭痛がしたけど、さらにとんでもないことを言い出した(ちょっとだけ2に続きます)




このページのトップヘ