わろた

712: 名無しさん@おーぷん2014/06/19(木)21:13:30 ID:???

小学生の頃の話。
なんとなく学校行くのめんどくさい~
休みたいってなる時があった。

私は頭が死ぬ程痛いから
今日休むと母に仮病を使った。

ちょくちょくこんな手を使ってたので
母はまた仮病でしょ!行きなさい!と怒ってた。

それでもグズグズ言う私に母はじゃあ休むなら
病院だからね!と言われ、よっしゃ休めるううう!
と喜びに震えた。

そして母に宣言通り病院に連れてかれた。
もしもなんともないって言われたら1ヶ月おやつ抜き、
トイレ掃除だからね!と言われ泣いた。
病院に着き診察室に入った。
ハゲてるけど優しそうなおじさん先生だった。

この病院はすごく丁寧に診てくれるってので
かなり有名な病院なので、
母が頭が死ぬ程痛いらしいです。
と言うとじゃあ念の為
レントゲン撮りましょうとなった。

撮影が終わり待合室でポケモンの漫画を読んでいると
血相を変えた看護師さんと先生が飛んできた。

今すぐ救急車で大学病院に行きます!
急いで!と言われ、わけもわからず私は
担架に乗せられ救急車へ。

母もポカンとしつつ救急車につめられた。
結果から言うと脳にほぼ拳大の腫瘍があったらしい。

手術してもらって私は無事だったんだけど、
麻酔が切れて目が覚めたら
母に土下座されたのには驚いたw

仮病だと思って信じてなくてすまなかった。
お前がこんなに辛い思いをしてたのに
気付かないなんて親失格だ!って
泣いて謝られた。

私は今だにあの時頭痛いと
言ったのが仮病だったと言えてない。



381: 名無しさん@HOME 2012/12/13(木) 19:01:34.57 0


 
私が小学生の頃の修羅場。

姉は当時大学生。

父親が私に家族旅行の話をしてくれた。 

何月何日に新幹線でどこそこへ行って何を食べる予定というのを話してくれた。

小学生の私は楽しみで楽しみで仕方なかった。 
前日、母と「楽しみだねー」と話してた。 
当日の朝、父方の祖母と伯母が来た。 
父「じゃ、行ってくるよ。お土産は買ってこないからな」 
母「え?」 
私「いってきまーす」 
父「お前、ついてくる気か?」 
私「え・・・だって家族旅行って・・・」 
父「俺の家族の旅行。こっちの家族旅行。お前は姉ちゃん
(母方伯母)とおふくろ(母方祖母)と家族じゃないだろw」 
姉「何それ?家族って言ったら私たちのことじゃないの?」 
私、大泣き。 

姉はこっちの予定も聞かずに勝手に父がサクサク計画を立てたとブツブツ言ってたけど、
まさか家族旅行の「家族」に自分たちがメンバーに入ってなかったとは思いもしなかったらしい。 

当時の私は知らなかったけど、祖母は母に嫌がらせをしてたらしい。 

伯母も嫌がらせしてたらしい。
私はよく伯母と祖母から「あんたのお母さんはだらしないからねー」と言われてた。
母がお味噌汁を吹きこぼしたことがあるから、そのことを言ってるのだとずっと思ってた。

何年も話題のネタはそれしかないあまり会話が上手くない祖母と伯母なんだと思う程度だった。
母と姉が父に言っても「どうせお前らが悪いんじゃね?」だったらしい。
そんな父が家族旅行を計画してくれたので、母も姉も父を見直して、勝手に進める計画にも反対や意見を言わないようにしてたそうだ。

ようやく家族に向き合ってくれたと喜んでもいたそうだ。

361: おさかなくわえた名無しさん   投稿日:2013/08/13(火) 02:21:24.50 ID:JcltP2mM

昔の話なんだが、付合いで参加した登山で遭難した。
仲間は俺置いて先に下山。
仲間は俺のこと嫌いだから置いて行こうみたいな態度でさ。
あっち(どっちだよ吹雪だぜ)
まっすぐ行ったら帰れるからって早口で言って
笑いながらで走って逃げて行かれた。
冗談・好き嫌いでもやっていいことと悪いことがあるよな。

登山経験ゼロの俺は、逆に冷静になった。
頼れるのは俺だけ。慌てるな、考えろって。
でも視界はクソ悪い。
登山経験者ならコツを掴んでるかもしれんが…

風よけの大きめの木に寄りかかって夜が明けるのを待ってた。
その大きめの木を探している最中に一体ほど、まあ、その、
氷漬けの人を見つけた。

話しかけたら、反応しないわけよ。
ここは風くんのかーっとおもってちょっとだけ距離とって
その人の寝袋もどきを見ながら夜明け待ってた。

その時、寝たらダメだと思い色々考事したんだ。
この寝袋取ったら三時間は長めに生きられるのかなとか。
でも多少の違いなら剥ぐの忍びないなとか。

正直この時点でもう体が鈍くて動かなかった。
七割ぐらい諦めかけてた。
せめて遺書でもとペンしかないので腕にちょろっと書いて寝ようと蹲ったんだ。

で、その時はっと思い付いた。
もうガチでダメ臭いけどどうせなら見晴らしがいい場所の方が
見つけてもらえやすいんじゃないかと。

たとえ一か月後でも。
これも何かの縁だと最後の根性でそいつ引きずったり転がしたりしながら
(二体の方が目印になるかと)
開けた場所で気絶してたら運よくヘリが来てなんとか助かった。

そのヘリっていうのがそいつを探してたヘリらしく、
俺はついでに見つかった運のいい遭難者だった。

あれ以来、アウトドアとかトラウマ


208: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/05(月) 10:12:32.66
義兄家の末っ子と我が子が同じ中3の受験生。家は車で20分の距離だけど高校の学区は重なる。
うちは小学校高学年から今までずっと塾に行かせていて(うちだけでなく学年の7割強は通塾の地域)以前に義兄嫁から
「周りに踊らされて、お金をかけて頭でっかちの歪んだ子に育ててる。母親の見栄でお尻を叩かれる子供が可哀想」と忠告じみた嫌味を言われてる。
「うちはうちの価値観がある」と反論したかったけど、今までの付き合いで学歴や経歴話が義兄嫁の地雷なのを学習してたので
「へー、ほー」で受け流してた。
義兄子の受験した高校(夏休みに1日体験入学と自己アピ文を提出すれば学科試験免除でほぼ全員合格)の合否発表があった今になって
義兄嫁から「私子の塾の冬季講座に義兄子も行かせたい。紹介の割引カードを書いてくれ」と連絡があった。
同じ受験生の親として快諾したけど、実は内心で面倒な事になる予感がする。
義兄嫁の発言が香ばしい
「紹介者は金券が貰えるから、半分ちょうだい」
「従兄弟だけど名字が同じだし、ダメ元で兄弟割引を頼んでみる」
「うちの子は私子と違ってべつに塾に行かなくても大丈夫だけど、試験慣れさせたいから冬季だけで充分」てのもある。
それと義兄子が風の噂で、例のある意味地域一番校からお断りされたと聞いたし、今から頑張るにしても冬季講座さえも入塾テストで厳しくふるわれる塾なんだ。
入塾テストを一昨日受けると言ってたので、今日あたり結果発表のはず。面倒臭くなって紹介者のおまけ(入塾した時点で渡されるので合否がこちらにもわかる)を全部差し上げると言ってしまったけど、
もし落ちたら「うちの子が受かりっこ無いから気前の良い事を言った」とフンガーされるかも。
かかわった自分が悪いんだけど、これから先の高校受験や合否を考えると果てしなく面倒臭い。

597: 名無しさん@HOME 2012/02/25(土) 13:58:08.30

さて、空気は読まないで投下。なんか長くなったけど。

うちのトメ、初めて会った時からどこか挙動不審で言葉もどもるし、
トメの好物って聞いてたものを持って挨拶いっても、数分の話も続かない人だった。
お茶は出してくれるけど、本当に軽い挨拶したら猫抱えてすぐに自室に篭っちゃう人。
一緒に食事をしてもほぼ相槌だけ。私がトイレに立ってる間は饒舌になってるのを見てしまった。

避けられてるなぁ…と思ってたけど、攻撃してくるわけじゃないし、
時間をかけて少しずつやっていこうと思っていた。

結婚してからもトメ変わらず。

物凄い距離感があり、これでいいんかと悩みつつも、ある意味楽だったからそう過ごしてた。
でも夫が次第に、トメがあぁなのは私が至らないせいだと責めてくるように。
確かに、自分自身の楽を優先して歩み寄りを怠った気はするけど、
餌で釣っても猫で釣っても(トメ超猫好き)w懐いてくれない、
すごーく遠巻きにしてる人にどうしろというのか。
で、だんだん夫の文句が変化してきた。

もうちょっと気を使ってやって系なら、こっちも思うところがあるからまだ受け入れられた。
でも、私のこれこれこういう所がトメにとって苦痛なんだ、とかそういう系になってきた。
最終的にトメは私のことが大嫌いで顔も見たくない同じ空気も吸いたくない!
と思ってるんだから空気読め!とまで言われた。

このとき私の認識も、避けられているから嫌われているに変化してたから信じてしまった。
コトメ2にも同じように責められたしね。トメは私みたいな女がいっちばん嫌いなんだよpgrって。
それが数年続いたある日のこと、ウトとコトメ1が尋ねてきた。

突然の来訪に驚きはしたが、この二人とは関係良好なので歓迎した。


このページのトップヘ