むかつく


114:名無しさん@HOME2010/09/07(火) 17:48:25 0
結婚と同時に海外に駐在が決まって現地で数年暮らしてた間は、
ウトメには父の日、母の日、ウトメ誕生日にはプレゼントとカードを送って、
電話は国際電話なのでたまーに話すぐらいで付き合いがなくて楽だった。

それが帰国したら徐々に過干渉に。これまでのように父、母の日、誕生日にはプレゼントとカードを送ったり、
ウトメから「家でご馳走になりたいなあ」と言われたので我が家でもてなしたりもした。
しかし過干渉がひどくなり、旦那とウトメが喧嘩して今では全く我が家に呼ばなくなったけど、
それでも月1でウトメのとこには行ってるし、イベント事の贈り物は相変わらずしてる。
この前、ウトの誕生日はウトメは帰宅が遅いと聞いてたので、こちらは気を使って翌日に届くようにし、
カードはプレゼントに同封してたので、メールで「お誕生日おめでとうございます。これからも元気でいてくださいね♪」
と旦那の名前でメールしといた。
そしたらトメがウトの誕生日当日(平日の夕方)に
「今日はお父さんの誕生日ですよ。あのメール(私が送ったメール)にがっかりしました。
もっと感謝の言葉くらい言ったらどうですか?」と旦那宛てに仕事中にうざいメールをしてきたらしい。
旦那が「そっちこそ何なの?仕事中で忙しいのにこんなメールしてきて滅入る」と返信したらしい。

そして翌日に私が何も知らないと思って私に「プレゼントが届いたわ!ありがとう」と何事もなかったメールしてきた。
後、「どうして誕生日に電話してこないんだ!」とか平日の帰宅が遅くて疲れてるところに
怒りの電話してきたりほんとうざいというか過干渉すぎておかしいよ。





579:名無しさん@HOME2013/04/16(火) 02:31:44.41 0
スレチだったら誘導願います。
解決はしているのですが、私の常識がおかしいのか判断に迷うのでご意見をお聞かせください。
昨日、私の祖母が他界し、今日が通夜だったのですが、そこにコトメが婚約者同伴で片道2時間かけて来てくれました。
一般参列者でなく親族席に座り、その後の親族控え室での食事にも招待されていないのに出席していました。
(出席されることが計算外で食事が足らなくなりました。)
コトメの他には、祖母の子供や孫や曽孫や甥や姪など祖母に世話になった近しい親族ばかりで、コトメたちは浮いていました。
それだけでも首を傾げることだったのですが、主人とコトメは、明日の葬儀後の火葬場まで同行することを当たり前のように話していたのです。
祖母も面識のない孫の旦那の妹やその婚約者に骨を見られるのは嫌だろうと、
さきほど主人に「来てくれるのは本当にありがたいけど、火葬場までは遠慮してもらいたい」と頼んだところ、
そうやって俺の家族を締め出すのか、どうやって断ればいいのか考えなきゃいけないじゃないか、と不機嫌になりながらも承知はしてくれました。
私としては、そこまで遠い繋がりの人間が火葬場まで来るのは非常識だと思うのですが、どう思いますか?
主人の継父の実父の葬儀に出席したことはありますが、そこでは葬式にも火葬場にも、近い親戚しか来ていませんでした。




12:1/32012/08/19(日) 14:01:30.44ID:UGodSNkC
地方でCGクリエイターやってる者だけど、先日県内の美術系大学に招かれて講演会を開いたんだ。
講演と質疑応答が一通り済んで、この後も会社の方で企画会議が入っていたので急いで帰ろうとしていた所へ
背丈の低い眼鏡の男子学生とその教授と思われる男がやって来た。
「○○さん、僕あなたのファンなんです。実は…」
ああサインか?と思ってペンを出そうとしていたら、彼は
「実は、○○さんに僕の悩みを聞いて貰いたくて…」と続けた。
時間もなかったし断りたい所だったが、私のファンだと公言してるのだから聞いてやる事にした。

現在2年生の彼は広告代理店に就職したくて「映像コース」なる物を専攻してきたのだが、
私の講演を聞いてから「デザインコース」に変えようという選択肢が生まれたのだと言う。
「撮影やCGの技術だけでは決して成功しない。その基盤から磨き上げていかなければ」と考えたのだそうだ。
確かに私は講演の中で
「映像制作会社の下っ端だった頃は映像制作には全く携わらせて貰えず、ずっとアニメーションの下絵ばかり描いてきた。
 理由は、学生時代はCGよりもデッサンや油彩等を多く学んできたからだ。数年間絵ばかり描いてきて、ようやくMaya等の3Dソフトに触れる事ができた。
 3DCGも合成も、全ては一枚のまっさらな紙に描かれたデッサンから生まれる。CGを作るよりも、撮影するよりも、絵を描く事で自分はメシが食えたのだと実感している」
といったエピソードを語った。
その話に感化されたのか「今必要なのは映像制作の技術よりもその基盤、つまり画力を鍛えていくしかない」と考えを改めたらしい。




38:名無しの心子知らず2013/09/02(月) 15:18:40.78ID:EF6ey97M
ポストに入っていた宛名無し、差出人不明の手紙

可愛らしい便箋に
「証拠はあります、逃げる事は出来ませんよ」とへったくそな文字で書かれた文に
・私と男が夜の繁華街を歩いている写真
・私と男がファミレスで食事している写真

が入っていました
男はどう見ても私の弟
字面は近所のシンママのきったない文字にソックリ
オマケに最近私のよろしくない噂が流れ始めてるそうです
面倒な事になりそうです

とりあえず後ろめたいことなど一ミリも無いので
近所のママ友に手紙を公開しようかなー




856:名無しさん@HOME2013/10/31(木) 20:51:39.65 0
コトメとは付かず離れずにいい関係とうぬぼれてました。
義実家に用事で一人で行ったときに、義母に「コトメが子供の成長ブログを
やっているから見てとコトメに言われたけど、わからないので見てくれる?」
と言われてお気に入りに登録してあげた。
家に帰ってちょっと見せて貰おうと、開いたら子供の顔がわからないように
写真もupされていた。
私はアパレル勤めでいつもコトメの子供のお祝い事には自社の子供服を
担当の同期に見て貰いながら、社販で一万の予算なら2~3万買えるから
結構な枚数を贈っていたけど、コトメの子供が生まれてずっと写真がupされているのに
私が贈った自社の服が一枚も写真に写ってない。
ふとコメント欄を読むと常連さんとのやりとりで、もうひとつのブログを
コトメがやっていることを知った。いくつかヒントで検索して見つけ出したブログは
本人が注釈で日々の本音を書き綴ってますとあった。
そこには私の贈った服への不満もあった。
①こんな堅苦しい服流行じゃない。
②着て行くところを選んじゃう服なんて子供服として失敗。
③物はいいかもしれないけど、子供はすぐ着れなくなるから、材質よりデザインだ。
④どうせ去年より前の型落ちに決まってる。
⑤たまには違うものを買って贈ってくるぐらいの心使いをしてみたらどうだ。
などなど。贈った服は全部オークションで売っていた。
結構いい金額で売れるから、好きな服を買ってるよって書いてあった。
なんか私は独りよがりだったんだなって。自社の服に自信はあったけど
気に入って貰えないのだから失敗だよね。




このページのトップヘ