むかつく

973: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/02/19(土) 06:25:31

中学のときから、姪をおんぶさせられたり
しょっちゅうしてきたわたし。次の子が生まれたときも、
同様にお守りをしょっちゅうさせられてきた。
兄嫁は、いろんな理由をつけては外出し
とても子持ちにはみえない派手な人だった。

一昨年、姪が結婚して赤ちゃんが生まれたんだけど、
そうしたら兄嫁が何かにつけて、私にその孫のお守りを頼んでくる。
半ば強引なときもあり、ついに怒鳴りつけてやった。

いいかげんにしな、何考えてんだこのバカタレ女って。
わたしの人生や自由な時間は、あんたの子と孫に分け与えるべきものとして
あるわけではないと。


164: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/18(金) 01:35:42.88
DQN返しの話です

私と夫は学生時代から足掛け5年付き合って結婚するのを決めたんだけど、
結婚の準備期間に私の実家で不幸があって、挙式と入籍を半年ほど延期することになった。

そこへ義兄たちがいきなり挙式を決めて、延期中だった私たちよりも前に挙式した。
それで義両親から1年で2回も同じ家の結婚式が続くと呼ばれる親戚も大変だから年をまたぎなさい、といわれ都合末1年延期になった。
(今思えばその時に籍だけでも入れてしまえばよかった)のだけど当時は、結婚式の日=結婚記念日にしたくて拘ってしまった。

1年後に結婚式を挙げたときはじつは妊娠3ヶ月、結婚式準備の忙しさで不調だと思っていたらツワリでした。
幸いつわりは軽く、もともと遠くに新婚旅行に行く予定はなかったしで、普通に挙式して月満ちて出産しましたが、
義兄嫁が「月が足りないからデキ婚だったんだ」としつこく言い立てて、私も言い返して泣かして決定的に不仲になった。
義兄嫁は、未だに私にデキ婚恥ずかしいねぇというけど、でももう7年経ってうちは2人目も幼稚園だけど、義兄嫁には一人も授からない。

うちの子もものが分かる年になったからデキ婚デキ婚言うのやめてくれといってもやめてくれないから
「そうですね、挙式前も挙式後も全然デキナイのは恥ずかしくないんですよね」と言ってしまった。
義兄嫁私にも子供にも一切口を聞かなくなったので、そこはよかった。

673: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/09/29(月) 01:27:07

兄嫁わけわかんない。
みんなで御飯食べてたんだけど、甥が眠そうにしていたので
母や兄が風呂の準備し始めたので席をはずした。
その間に嫁が食べ終わって自分が使った食器を台所に持っていったんだけど
即洗おうとする。いやー、洗ってくれるの嬉しいんだけど、
あの…まだ他の人食べ終わってないんだけど…。
あと我が家のボイラーとかお湯がでるシステムを変な風に解釈(?)して
「あ、今お風呂入れてるからお湯でませんよね。あとでやろ~っと」と
なんか下手な芝居みたいな言いかたして結局しない。当然お風呂入れ終わってもしない。
とりあえず芝居みたいなのがすっごく寒かった。
大丈夫だろうか、あの嫁。別にしたくないならしなくていいよ。

825: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/10/04(土) 12:08:38

弟嫁がムカツク…というか、疲れる。
家(私と両親は同居)に来るときはいつも突然。
母がお夕飯の支度を始める頃(夕方)に、電話が掛かってきて
「シチュー作ったから持って行きますね~」だと。
そして弟嫁は先に家に来て両親とシチューを食べ、その後弟が合流。
まあ両親と上手くやってくれてるならそれでいいと思ってるけど
問題なのは私とも上手くやろうとしようと思ってくれているのか距離ナシ過ぎる。
基本的に残業ナシじゃ帰れないからいつも帰宅は10時11時が当たり前、
それなのに弟嫁は「私がご飯作ったご飯食べたくないからこんなに遅いんですか?」と…。
「こんな遅い」時間に帰ってきて、弟夫婦が実家に居るなんて誰が予想できるのよ…。
最近は弟が気を使って先回りでメールを送ってくれるんだけど、
まさか私も弟嫁が来ているのでお先に上がります、なんて言えません。
弟嫁と両親が仲良くやってくれるのは嬉しいから来るのは構わないんだけど、
出来れば私のことは無視してほしい。こっちにはこっちの仕事があるんだから。
どうしても一緒にご飯食べなさいって言うなら私の休みの日に…ってそれも嫌だ。
弟から、「嫌じゃないけど仕事がね」って何度も伝えてもらってるのに一向に通じない。

536: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/09/24(水) 20:15:35

自分と兄嫁が同時期の出産を控えているのですが、
兄嫁が甥(姉の子)の使っていたベビーグッズをほとんど取ってしまい、ムカついています。
おかげでうちはほとんど購入しなければなりません。
昔からケチだったけど、今回の件で更に嫌いになりました。
守銭奴め!


このページのトップヘ