ほのぼの

55: 彼氏いない歴774年 2009/12/11(金) 01:40:14 ID:RhW9CEec


電車の向かい側の席に座っていた初老の夫婦の会話。
多分、旅行に行くんだと思う二人。

(`・ω・´)少し頑固そうなおじいさん
(*´∀`)上品なおばあさん
(`・ω・´)つ「ん…」鞄の中からおもむろにミカンを出す
(*´∀`)「ありがとうございます。でも今は大丈夫ですよ」
(´・ω・`)「……」ミカンをそっと鞄にしまう


少ししてから
(`・ω・´)つ「ん…」今度はペットボトルのお茶を差し出す
(*´∀`)「ありがとうございます」お茶を受け取り飲む
(*´・ω・`)「……」少し嬉しそう
(*´∀`)「はい、ありがとうございました」ペットボトルを返す
(`・ω・´)「ん…」受け取って少し考える
(*´・ω・`)「……ゴクゴク」残っていたお茶を一口飲む
(*´∀`)「ふふふ」

その後もお菓子やタオルなんかでこのやり取りを行う二人。

ぱっと見、亭主関白なのかなぁ?と思ったが、
何事もおじいさんがおばあさんを優先していた。

おばあさんは高そうな服は着ていないんだけど、
すごく綺麗な座り方や、言葉遣いから上品さがにじみ出ていたよ。
上品ってのは、外見じゃなくて内面からあふれるんだね。


おばあさんみたいな歳のとりかたが出来たらいいな。


5: なご 2014/02/02(日) 07:44:48 ID:VdIjKpln0
 
特急列車で帰省していて、いざ降りる駅に近づき、降りる支度をしようと
棚に上げた荷物に手を伸ばすと、バイバイ、と子供の声が聞こえた。 

後ろの席にいた3歳くらいの女の子が手を振っていた。
そこで俺もバイバイと言い手を振り返すと、その子は反応が返ってきたのが嬉しいのか
笑顔を浮かべ、更にバイバイと言って手を振り返してきた。
こうして駅に着くまで延々とバイバイの応酬を繰り広げることになったw

こっちは荷物降ろしたり上着着る作業の手を止め手を振り返えしていたんで、
当然ながら作業は止まる。

それを済まなく思ったのか親御さんに謝られてしまったw



このページのトップヘ