ほのぼの

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/07(水) 14:17:07.90 ID:QK2/joMn0
ちょっと前にDQNに絡まれたんだが
気がついたら何かの達人になってた

どーする
聞いてくれるかい?


228: 名無しさん@おーぷん 2015/02/16(月)23:35:09 ID:2bF
彼氏に「結婚したいなら別の人を探して」と言われた時。8年付き合ってw
その時はショックでショックでまさに
「捨てないで~あなたじゃなきゃダメなの~~」だった。
友人にその話をしたら
「じゃあ結婚式費用浮いただろうから旅行行こう!」と言われてハワイへ。
正直呆然としてて
「何で私飛行機乗ってるんだろう。しかもビジネスクラスの」
って感じで夢心地だった。

友人は自分の分は自分で出した。
プランとか知らない間に決まってて
「この出発日の中から5日休める日を選んで」「パスポート持ってきて」
と平日出発だったのでまぁ安かったかな。でもビジネスは高かったけど。
「海だー!」とはしゃぐ友人の横で
「う・海だーーー」って付き合ってるうちになんかもうどうでも良くなった。
青い海と空はすごい。
友人の申し込んだ浜辺でヨガをするツアーとか、本当意味分からんかったw

夜の海を見ながらホテルのバーでカクテル飲むとかwなにこれwと思いつつ友人と色々語った。
彼氏とのことを思い出すとちょっと泣いた。
横の白人のおばさんが慰めてくれた。
片言英語で
「失恋です」と言うと必死に
「人生は長いのよ」ということを言ってくれた。
背も横も広いおばさんにハグしてもらったらいい匂いがしてフワッとした感触だった。

友人は「私は結婚てか恋愛に向いてないから多分一生独身。仲間が増えるのはうれしい」
と冗談なのか本気なのか分からない慰め方をしてくれた。
その時私は30代半ば。これはもう本気で一生独身コースだなと覚悟した。
じゃあ習い事でもしょうかな、そうだまたハワイに行きたいから英語しゃべれるようになりたいな
と英会話教室に通いだし、今の旦那と出会った。人生何があるか分からない。

その後ふっておいて彼氏からロミオメール。何がしたいんだこいつは。
要するに
「お前の家は金持ちだった。俺の家はそうじゃない。格差を感じた」そうだ。
うちはごく普通のサラリーマン家庭ですよ。彼の家は親族経営の自営。
うちを金持ちと思ったならそれでいいけどさ、それでふっておいて連絡してくるのは何なの。
しばらく付きまとわれたけど、ロミオメールが次第に
「金がない」愚痴になっていってとうとう付きまとう金もなくなったのか、知らない間にいなくなった。

彼にふられた時も修羅場だけど、ハワイ帰りの飛行機がエコノミーだったのも(友人がケチった)
ビジネスを知った後&遊び倒して疲れた体には中々修羅場だったw

192: なごみ 2011/02/25(金) 16:58:11 ID:HPY8Om5U0

ずっと携帯を持とうとしなかった父(定年退職済)が、家族団欒中にぽつりと呟いた。

父「お父さんも携帯持とうかな…」

おー、いーじゃん、持ちなよ!お父さんもそろそろ年なんだし
持ってた方が安全だと思うよー、と兄妹全員(兄・姉・私)でワイワイしてたら
母が特大級の地雷を全力で踏み抜いた。


母「あれ?でもお父さん、電話とかメールしたりするような友達いたっけ?」

兄・姉・私:(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚) ←マジで全員こんな顔になった

父「……………そういえばいなかった…」

兄・姉・私:(´;ω;)(´;ω;)(´;ω;)ブワッ

その後、地雷を踏み抜いた罪悪感に苛まれたらしい母を中心に
兄妹全員で定年後の習い事とかのチラシをかき集め、全力で父に薦め
3つほど選んでもらって、そこに通ってもらうことに。
今ではその3つで知り合ったお友達と元気に、携帯で連絡取り合ってます。

わからないことがあるたびに(・∀・)←こんな顔で「これってどうやるんだ?」と聞いてくる父にも
嫌そうな顔一つしないでニコニコ教えてあげる兄と姉にも、我が家族ながらなごむ。

162: おさかなくわえた名無しさん 2011/11/15(火) 15:36:51.57 ID:i6wAkGV9
武勇伝、と言えるほどのもんじゃないけど、
他に該当スレが考えつかなかったので。

高校三年生の夏休み、前半でアルバイトして貯めたお金で、
後半、福岡から神奈川に越してしまった友人に会いに行った。
その帰りの新幹線で。

席の隣には、朝丘雪路からケバさを削いで、さらに上品にした
ような40代後半くらいの奥様が。
小説を読んでいるようだったけれど、小説を持っている手が、
ずっとぶるぶると震えている。
確かに、新幹線車内は冷房効き過ぎで、冷蔵庫並に寒かった。
ふと、荷物の中にかっこつけ用の無駄ジャケットが入っている
のを思い出し、それを出して「よかったらこれを着てください。
席も替わります。そちらの方が冷房が直接当たって寒いですし」
と言って渡した。

奥様はびっくりしていたけれど、素直に受け取って羽織ってくれ、
席も私の窓側と替わった。
そこへちょうど車内販売のワゴンが来たので、熱いお茶をふたつ
買い、ひとつは奥様に「これ飲んだら暖まりますよ」と渡した。

541: 名無しさん@HOME 2015/02/16(月) 18:52:48.17 0.net

義兄夫婦は仲良かったけど子供が出来なくて、
検査しても大きな原因が見つからないので治療の踏ん切りがつかなかったそう
後から結婚したうちがすぐに子供が出来て、
うちの子を見て義兄嫁がおかしくなっちゃった
同居だったからよけい辛かったのもあると思う
正月に皆がいる前でいきなり
「子供が欲しいから離婚したい」
って言いだして、義兄が
「人工授精を検討しよう」
っていったらしいんだけど、一刻も早く産みたいって離婚を懇願して春に離婚した
義兄が呆然としていて気の毒だったけど、縁があって離婚して2年後に再婚した
そして今の義兄嫁が妊娠して赤ちゃんに恵まれた

その少し後に、私が街で元義兄嫁と再会した
向こうから声かけてくれなかったらわからなかったレベルで丸々太ってて、
赤ちゃん抱いて笑ってた
義兄も再婚して子供に恵まれたって話をしたら、すごくほっとしていた

元義兄嫁の話では唐突に
「この人と自分では子供は出来ない」
ってピピッときたそう
それで、子供が欲しい一心で危機感を覚えて義兄と離婚したらしい
義兄嫁の親が怒って縁切られかけたけど、
子供が産まれて許してもらえたと言ってた


このページのトップヘ