ひどい

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/31(火) 11:14:12.572 ID:41AckJcMp
俺23歳 建築業
嫁22歳 パート

嫁が子供が出来たら塾とピアノ習わせるって言ったから
好きなことやらせればいいじゃんって言ったらスレタイ通りの事言われたんだけど
これ俺が悪いのか?


398: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/06(金) 16:36:34.13 O
年末、買い物中に久しぶりにA(♂)と出会った
幼稚園からの幼なじみで、久しぶりだったので互いに元気だった?と喜んでいた
ら、彼女がいると紹介された
「良かったねぇ。いつ結婚?」「え?いやぁ」
と話していたら、彼女、B子はしばらく私を見てからいきなり
「Aくん。もうこの人と友達やめな」
と言い出した
「だってこんな服だよ。お金持ちのAくんとは合わないよ。こんな子、Aくんの友達にしちゃだめ」
確かに仕事帰りでおしゃれとは言えない服装はしていた
「まぁ・・ブランド身に付けてするような仕事してないし」
と苦笑していたら、Aは悲しそうな顔をした
「どうしてそんなこと言うんだよ」
その言葉にB子は
「だってAくんちお金持ちなんだよ?付き合う人もお金持ちじゃないと!」
「私、間違ってないよ!!」と自信満々で私に「Aくんと友達やめてね」と言ってきた

返す言葉が分からず、ただAの悲しそうな顔を見ていたら
「おれ、お前とこれ以上付き合いたくない」
とB子に言った
「おれの大事な友だちをそんな風にしか見られないような女、おれ嫌い」
途端に泣き出すB子
「Aくんはお金持ちなんだよ!!」を繰り返す彼女にAは「おれ、もうこんな女嫌だ」
と首を振るとそのまま歩いて行ってしまった
「やだ~!!Aくんいっちゃやだ~!!」
と後を追い掛けるB子
もう何も言えずため息つくしかなかった
Aからはその後、丁重な謝罪電話と共に
「ずっと変わらず友達でいてくれ」
と言われた
B子のことを聞くと
「親に紹介する寸前」の仲だったらしい
しかしその前に本性が分かって良かった、と言っていた

201: 名無しの心子知らず 2012/11/19(月) 18:20:02.77 ID:JU0S09M9
近隣に不審者が出たらしい。 
その時に防犯ブザーを鳴らしたが誰も出て来なかった事にたいして被害者子の親が近隣に怒鳴りこんでる。 
何度も誤報うってりゃ誰も出なくなるだろうよ 
怒鳴りこみの苦情いれたら逆に教頭に文句言われて学校にもカチムカ 
何度も誤報の苦情いれたのに対応しなかった学校のくせに文句言うってなんなの

36名無しさん@おーぷん 2016/08/25(木)03:21:28 ID:Uhh
中1からの友達を失うかも
お互い携帯持ってなかったから、ずっと年賀状と暑中見舞いのやり取りしててさ
私達はオタクってほどでもないけど人並みに漫画を読むから、毎回面白かった作品を書いて紹介しあってた
今年は私が先に暑中見舞いを出す番で「夏目友人帳が面白かったよ」
と水彩画で一生懸命描いて送ったんだ

そしたら友達の旦那を名乗る人から
嫁は妊娠したんだ、やっと漫画本全部捨てさせたのに
子供がオタクになったら責任取れんのか、オタクはタヒね、二度と連絡をよこすな
と破かれた私の絵葉書と手紙がきてた

結婚した話も知らなくてショックでうろたえてたら、三日前に友達から残暑見舞いが届いたよ
今年はハガキが届かないけど体調は大丈夫?唐突だけど今年春結婚&先月妊娠しました
という書き出しで
内容には毎回書かれていた漫画の話は出てこなかった

妊娠初期みたいだし、内容から私の絵葉書見る前に旦那に破られたんだろうなってわかるんだけど
名前割れてるし旦那に見られずに送り返すこともできないし、
私のせいで喧嘩になって友達の身に何かあっても困る
もう何もせずにハガキ見なかった事にしてスルーするしかないのかな

600おさかなくわえた名無しさん 2016/08/26(金) 06:39:47.21 ID:UmHq/lzY
オタク話だから嫌な人は飛ばしてください
弟嫁が原因で起きた話
俺はオタクで独身、漫画と貯金が趣味なのでお金を少しでも節約したくて実家暮らし。
実家に生活費は払ってる
弟夫婦は県内に別居
この間弟夫婦が家に来て泊まっていった

弟嫁に嫌われてる自覚はあるので最低限しか関わらないようにしたが、
すれ違うだけであからさまに嫌な顔をするから結構イラッとしてた
で、深夜にトイレに行きたくなって起きたらリビングで弟夫婦が話してる声が聞こえた
弟嫁は「早く(俺)に出ていってもらいたい。でないとあなたが家を継げないでしょ?」
弟は「同居はしないってお前が言ったことだ」
「でもここがこんなに綺麗で立派なおうちだって知らなかった」みたいな感じ

で、ヒートアップした弟嫁の論点は「俺がいかにキモいか」に変わっていった。傷つく俺
とりあえずスマホで録音を開始した。尿意は忘れた
「あんなオタク一生結婚できないに決まってる。親に寄生して生きていくんだわ」
(弟が「人に迷惑はかけてない。そんなこと言うなら俺だって元々オタクだ」と言ったら)「あなたはあんなに気持ち悪くない」
弟は終始俺を庇ってくれてた。その内弟嫁がブチキレて
「いい加減にしてよ!子供が産まれたらどうするの!?私が狙われたら!?
あんな気持ち悪い本持ってるなんて普通じゃないわよ!!」
それにキレた弟が

「はぁ!?兄貴は姉フェチで胸デカ好きなんだよ!
お前や子供は年下で胸無しだから興味ないんだよ!
オタクがみんな人妻や幼児に反応すると思うなよ!」

なんだその喧嘩は、と呆れる俺。声を聞いて起きてくる親
尿意が蘇ったのでトイレに行く俺。混乱する親。喚いて暴れる弟嫁

弟嫁は俺の部屋に忍び込んで俺を追い出す材料を探していて、成人漫画が見つかったのでこれ幸いと思ったら弟が元オタク(弟嫁と出会う前に卒業)で俺の味方だったため自爆した、という結末
俺のせいなのかは知らんが弟夫婦が離婚しそう
何より親にだけは隠してきたのに、家中に聞こえる声で趣味をばらされたのが1番の修羅場


このページのトップヘ