すっきり

111: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/08(水) 20:39:15.49 ID:mUcTlIDU
交通事故にあった。
見通しの良い田舎道の交差点で、原因は相手の信号無視。
俺の座る運転席に猛スピードで突っ込んできたのは、
趣味の悪いスーツを着た50代くらいのオッサンだった。
幸い右腕と右足をやったが他は命に別状はなく、
額も怪我したが意識もハッキリしている。
ただパニックになった俺は
アコーディオンのようになったマイカーの中で
何をするでもなくただ痙攣を繰り返していた。

オッサン
「おいバカ危ねーだろが! ワシの車どうしてくれんじゃ!」

全損した車内でうずくまる俺に罵声を浴びせたオッサンは、
元気に車を降りると誰かに電話し始める。
会話の内容から警察ではなく、相手は知人か何かのようだ。

ようやく意識が正常に戻り、
芋虫のように車を降りた俺にオッサンが畳み掛ける。

オッサン
「てめぇふざけんなよ。とっとと警察呼べ。
大した怪我でもねえくせに」
オッサン
「ワシの車なんぼする思うとるんじゃ。
お前の軽バンが5台は買えるんぞ」
オッサン
「弁償や。ワシ誰や思うとんねん。○○会の人間やぞ。おぉ?」

俺は痛みと悔しさで何も言えず、
唯一使える左手で携帯電話を取り出すので精いっぱい。
そんな時、遠くからよく知った声が聞こえた。しかも集団で。


632: 名無しさん@HOME 2009/03/26(木) 10:03:59 0

どこに書き込もうか迷ったんだけど、取りあえず日曜日の良トメ話。
ちょっと長いけど聞いてください。
義実家の近くに私の従姉妹の実家があって彼女が里帰り出産していたのでお祝いを渡すついでに義実家に寄った。
従姉妹の家に行っている間、ダンナと子供(4歳・男)に義実家で待っててねと言うとダンナが「生まれたての赤ちゃんが見たいから俺も行きたい~」と。
正直、従姉妹も出産直後で育児戦闘中のすっぴんで風呂もまともに入っていない姿を他人に見られたくないだろうな、どう断ろうと考えているとトメがダンナを一喝。
「出産直後のやつれた姿を他人の男に見られたい女がいるもんか。タダでさえ夜中の授乳で疲れているのに他人に気を遣うなんてしんどくてできるか!
自分の従姉妹のダンナなんて他人もいいとこなのに。アホなことをいうな!!」と。
その言葉を聞いた後、ダンナがちょっと考えて私に小声で聞いた。
「ひょっとして出産後に俺の草野球仲間がたくさん来たのってイヤだった・・・?」
うん、それ実はものすごく、ものすごくイヤだった。毎日毎日入れ代わり立ち替わり来てお茶を出さなきゃいけないしお菓子の用意もしなきゃいけないし、パジャマも着替えなきゃいけないしすごく迷惑だった。(私は里帰り出産していない)
でもあの頃はダンナ君に遠慮していたし友達も好意から来てくれていたから何も言えなかった。


644: 1/2 2008/01/26(土) 20:43:31

空気読めなくてごめんなさい。 
長文のうえ、アニメ系の内容なので苦手な方はスルーでお願いします。 

テンプレ嫌がらせトメの不倫を暴いた。(暴露済み) 
しかも性病になってるぽい。 
打ちのめすならここしか無ぇ!と材料にする写真や画像の編集をする。 
そして昨夜やっとDQ返し用プリントが完成した。 
内容は、今までトメがしてきた事や今後の為のアドバイス。 
ひとつひとつ写真や画像を付けて丁寧に 
エ○"ァを模倣してタイトル及びサブタイトルでまとめてあげました。 
時系列はバラバラです。サブタイの語呂優先で作りました。

『更年期 山田トメ子』
第壱話 トメ、襲来→玄関を叩きまくるトメ写真(庭から撮影)
第弐話 見知らぬ、他人→不倫相手の写真(不倫旅行時の写真を拝借)
第参話 鳴り止まない、電話→トメ電凸時のディスプレイ
第四話 トメ、抜け出した後→夜中抜け出すトメの写真
第伍話 夜、コンビニの向こうで→密会現場、激写
第六話 決戦、○○弁護士事務所→ウト側弁護士の事務所しゃしん
第七話 トメの造りしもの→トメ作オカンアート(半壊させて撮影)
第八話 会いたい、毎日→不倫相手に送ったメールを激写
第九話 仏壇、手、合わせて→トメの写真を白黒にしてリボンで装飾



557: 名無しさん@HOME 2011/04/29(金) 18:24:39.99

妊娠報告に行ったら
『この売女!』と湯のみを投げられたので
近くにあった新聞で打ち返した。
トメに当たった。


950: 名無しさん@HOME 2009/10/21(水) 11:31:47

じゃぁ、うちの婆様の話でもするか 
婆さま不治の病で入院中なんだが口が達者 
隣のベッドに同じ病気の人が入った付き添いの嫁さんの事を 
気が利かないだの陰気くさいだのやっては、うちの婆さまに向かって同意を求めてきた 
「やっぱり他人はダメよね、思いやりってもんがないのよ」だそうな
「本当にねえ、もうタヒぬだけの年寄りの面倒見てくれる若い人にねぇ
 文句も言わないで優しいのにねぇ
 他人だから我慢してるのにねぇ
 こんな人と血が繋がってたら、こっちがタヒにたくなるわよねぇ」
とかやらかしてたらしい

同室のオバサンに聞いた



このページのトップヘ