こわい


866: 名無しさん@HOME 2014/01/01 22:31:08.60 ID:???
昨日の夕方、つまり大晦日の夕方に、義兄嫁がうちにアポ無し凸してきた。 
「あまったお節があったら少し分けて下さい」って、にこにこ丁寧にお願い 
して来たので、紅白なますや叩き牛蒡を分けてあげようとしたら、 
「え?これだけ?」「肉料理は?数の子は?」「だったらいらない」 
と、一気に不機嫌になってビックリした。

以前からコトメに、義兄嫁はかなり裏表があるので気を付けろと言われていたが、 
こういうことか...と納得した。 
うちの重箱を開けようとしたり、テーブルを指差して 
「あれはローストビーフじゃないの?」 
としつこかったが、なんとか追い返した。 
直後にコトメから、義兄嫁がお節をねだりに行くかもしれないから要注意!との 
メールが来た。遅いしw 
うちに来る前に、トメからなますと筑前煮、コトメからは牛肉の牛蒡巻を 
ほぼ勝手に持ち帰ったらしい。 
今は、いくらでもスーパーで売ってるから買えばいいのに。 
そして年が明けて、さっきまで義実家に新年の挨拶で行って来たんだけど、 
食事中に義兄が「うちも手作りお節だったんだw」とニコニコ。 
その隣でニコニコ頷く義兄嫁が怖かったわ。





528: 名無しさん@HOME 2010/01/16(土) 15:14:16 0
堕胎といえば… 

旦那の実家がすっごい田舎で、未だに玄関前にわけのわからんもんを吊るしたり 
何やらの日には何を食うな、何を食え、何をするな…とやたらとしきたりだの迷信だのが生きてる地域。 

で、私が妊娠した時に旦那が実家に電話で報告したら、偉い説教された末堕胎しろといわれた。 
出産する年にちょうど弟の結婚式があって 
「祝い事が重なると幸せを食い合ってどっちも不幸になる」ということらしい。 
そういや、私と旦那が結婚した年も旦那側の従弟が結婚するという話が浮上して 
「うちの息子の結婚が先に決まったから親族はうちの結婚式に出るべき」 
「いや、格はうちのほうが上なんだからうちの結婚式に親族が来るべき」とケンカになったとか。 
(一年で一度しか結婚式出ちゃいかんらしい) 
結局、従弟側の結婚の話というのが親の先走りで、翌年以後の話しということで丸く収まったけど。 

子供生まれた時は私が厄年だったら、病室で義母が 
「子供を十字路に捨ててくるからよこせ」って大騒ぎした。 
何でも厄年に生まれた子供は一度捨てて拾わないとダメなんだってさ… 
ここら辺車の通りが多いし危ないですから…と必タヒで止めた。 
義母自身も厄年の生まれで最初につけてもらった名前とは別の名前で育ち 
厄年の度に呼び名を変えている(別人にならないとダメなんだとさ…)。 

田舎めんどくせぇよ…('A`)




405: おさかなくわえた名無しさん 2010/06/09(水) 09:47:50 ID:QycgEwOT
父の知人がマンションの管理人をしている。 
ある日、エントランスのインターフォンを操作していた女が管理人室に来て、 

もちろん、住人の許可なしにそんなことはできないので、 
「じゃあ、住人さんに確認しますから」と答えたところ、女は急にヒステリックになって、 
「そんなヒマはない。私は親戚だ。証拠もある」と、同じ苗字の免許証を出してきた。 

親戚だろうが親兄弟だろうが、勝手に中に入れさせるわけにはいかないのはおなじことで、 
(苗字がいっしょだから親戚だとも限らないわけだし) 
そもそも、本人に確認したらダメってのはなんなんだって話じゃないか。 

「入らせろ」「ダメ」の押し問答をしたあげく、女は出ていったんだけど、 
件の部屋の人が帰ってきたときに、これこれこういうことがあったと話したところ、 
顔色を変えて「これからもゼッタイに入れないでください」とのことだったらしい。




488:名無しさん@お腹いっぱい。2014/02/14(金) 17:08:48.23
唐突にリエって名前の人と浮気してる?ってメールきた
ちなみに浮気は全くしてない心当たりもない
ただその名前は前カノの名前なんだよ
なんだよこれこえーよ




658: 名無しの心子知らず[sage] 2011/06/09(木) 13:50:27.44 ID:ivFzjmiS
ぶった斬らせていただきます。 

中1の息子のクラスメイト(女子)の親から、電話が来た。 
うちの子のせいで、登校出来ないから謝罪して、引っ越せだって。 
やってられるか!! 

ことの起こりは、息子の学校で流行り始めた『告白ごっこ』らしい。 
うまく行く子もいるし、玉砕しても『ごっこ』の冗談で済む。 
そんな感じで、女子の間で流行って、件の女子もそれに乗っかったらしい。 
で、下校の時に息子に告白。でも、玉砕。




このページのトップヘ