きっかけ


179:名無しさん@お腹いっぱい。2016/02/05(金) 21:10:52.77 .net
mixiがまだ招待制の頃に、女性からコンタクトがあった。仮にAとする。
いろいろ話しているうちに某声優がお互い好きと判明して、ヒートアップ。
池袋ならお互い近いってんで、その声優の曲縛りでカラオケに行くことになった。

お互いタメで当時21歳。
相手から送られてきたプリ写メはそこそこ可愛くて期待していた。

だが俺は駅で会ってガッカリすることになった。
プリ補正による顔面詐欺だったAは良くて中の下。俺のストライクゾーンからは外れていた。
しかも歯の矯正しているせいか息が金属臭かった。
肝心のカラオケも、お前馬鹿にしてんのかってくらい音痴だった。

俺はガッカリしながらも、でもまぁAも悪い人ではなかったので 
うまく話を合わせながら(たぶん俺のガッカリは伝わっていなかったと思いたい) 
カラオケを楽しく終えたつもりで別れた。 






315: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/12(火) 22:37:29.82
大学デビューも出来なかったイケてない俺が
イケてない仲間の友達とビーチに行った。 

しかしイケてない同志で集まっても
イケてない度が増すだけで
当然ナンパなんて出来ずウダウダしてた。 

昼飯時になり焼きそばを買おうと
長蛇の列に並んだら前に並んでいた女の子が

「アレ?財布忘れてきました。
すぐ取ってくるから待っててください」
と売店の兄ちゃんに御願いしてたので

「じゃあ僕が立て替えるので、後で払ってください」
と声をかけた。




125: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/28(土) 22:46:48.94 ID:UqxIrFG/0
嫁「お前はクズだ!」 
俺「へ~い」 
↓ 
結婚なんだが聞いてくれる?




661: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/16(月) 20:25:56.46 ID:b1QfOhVSe
嫁「すみません。何回も迷惑かけちゃって」 
俺「いいですよ。通路まで遠いですもんね。」 

小一時間後 

嫁「良川ゴラぁぁぁ! アンタも声出して。」 
俺「あ、はい。良川ゴラぁぁぁ!」 

福岡の某野球場にて初めての会話。




576:名無しさん@お腹いっぱい。2011/02/06(日) 16:46:36
仕事が忙しく、成人式をするため約一年ぶりに帰った地元で3歳年上の嫁と出会い結婚。
嫁の初めての言葉は「コラーー!!」でしたw
 
希望があったら詳しく書くぜ( ̄∀ ̄)




636:名無しさん@お腹いっぱい。2011/04/09(土) 14:27:39.38
最終行ったあとのバス停

俺「バスないみたいですよ」
嫁「みたいですね。困りました」 

だった気がする




680: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/09(土) 00:05:50.09
中学2年の時、土曜日の放課後、教室で1人の女生徒が男女5人ぐらいに、言葉のいじめを 
受けていた。3年生の教室だから中にいるのも3年生。廊下から野次馬やっていたら 
一人の男生徒が「何見ているんだ!」と来たから、「あの、あの迎えに来ました」 
と訳のわからない事を言い出す俺。廊下から覗いていたけど、3年生に見つかるまで 
3分ぐらいだったと思う。 

ちょっと引く3年生、見ると真面目そうな人たちばかりだった。 
(あとでわかったけど、生徒会の役員とかもいた。) 

男子生徒に「なんだお前、ふざけるな」と言われたので、 
「今のいじめですよね。テープに録音しました。だから先輩方もうやめてください。」 いま考えるとこれって脅しだよね。 
カバンから、アイワの小さなラジカセを見せて言った。 

立ちすくむいじめグループ 

いじめられている女生徒の手を引いて、速足で廊下、昇降口、学校から出た。 
いじめていた連中は追ってこなかった。 
(その後、関係する3年生にボコボコにされるんだけどね。) 

俺「家まで、送ります。」 
嫁「俺くん、ていうのね。ありがとう。」 
彼女はずっと泣きっぱなしだった。 

この後、再び出会うまでに15年以上の年月が流れるんだけど。




714:名無しさん@お腹いっぱい。2015/08/22(土) 21:10:53.88
大学三年の時に入ったゼミに、当時修士の一年だった嫁がいた
三年の夏にお袋がタヒんで、なぜか全然悲しくなくて平然としてたらみんなドン引き
そんな中で嫁が俺を呼び出して、この人も説教するのかと構えてたら

「今は平気でも何ヶ月か何年か先、
お母さんが亡くなったのが悲しくてたまらなくなることが必ず来る」
「その時は私を頼りなさい。遠慮しなくていいから」
て連絡先渡された。
新手のナンパ?やっぱりヘンな人だなーとか思った

そしたら冬になって、予言通りにいきなり来た

部屋でボーッとしながら、今年の正月はさすがに帰省しなきゃなー、 
お袋いないから正月に何が必要か親父と妹に聞かないとなーて考えてたら 
いきなりお袋のことが色々思い出されて、想い出とかがぶわーって
溢れて涙が止まらなくなった 
布団の上に水たまりができるぐらい泣き続けて、これやばいって自分でも直感して
泣きながら渡された嫁の番号に電話したら二十分ぐらいで
部屋に飛んできてくれて(ゼミの住所録経由) 

そのまま二時間ぐらいずっと嫁にすがりついて泣きわめいてた 

それがきっかけで距離が縮まって、嫁が博士課程終わってから結婚、四年経って今に至る 
後になってなんで連絡先教えてくれたのって聞いたら 
嫁も高2の時に父親亡くして、その時は全然悲しくなくてそれで色んな人に責められて 
大学に入る時になっていきなり父親のことが悲しくてたまらなくなったって言ってた 
自分の時は誰にも頼れなくて本当につらくて、
だから同じような状態になった俺のことがほっとけなかったって 

本当に頭あがりません




5: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2013/11/15(金) 21:40:43.91
新スレのドサクサまぎれで投下 

俺には中学からずっと好きだった女がいた 
幼馴染で話が合い、俺は一緒にいるだけで楽しく遊びに行ったりした 
中学、高校、大学とお互いに同じ地元で過ごした 
中学、高校と大学と告白したがそのたび断られていた、 
彼氏の対象じゃないって、頼りになる幼馴染しか思えない 
女は男を何人も変え、振られるたびに俺に愚痴をこぼしに来た 
俺は何度も諦めて、彼女を作ろうとしたが上手くいきそうになるたびに 
地元ネットワークでばれて女からの電話で勝手に期待して何度も別れた 
友人達は女に遊ばれているから、見切りを付けろと何度も言われた 
就職して、やっと冷静に女の事を考えられることができた 
地元ネットワークを外れる場所に親だけに話して一人暮らしを始めた 
いろいろあって今は結婚して娘も二人いて家族ができた




895: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/05/16(月) 21:17:23.48
昼休み「俺さん、俺さん、仕事中に大人向けサイトはまずいですよ」と話しかけてきた嫁 
喪男の俺は女をあきらめ、猫を飼い始めたところ 
いたずらが過ぎるのでwebカメラをつけて、何やってるか見ていた 
嫁は他部署の人で、俺の同僚(女)を誘って昼飯に行くところだった

俺はこの時初対面のはず、俺の名前知ってるのかが謎だった 
「これ、俺が飼ってる猫なんですよ」 
「可愛いですね~」から昼飯喰わずに猫談義 

この同僚、結婚退職するとき俺に「鈍感」と言い放ち、コップの水をかけてきた 
これが無かったら、結婚してなかったかも




このページのトップヘ