おばあちゃん

801: 名無しさん@おーぷん 2015/02/01(日)00:06:43 ID:BXl
学生時代に付き合ってた女の話。
両親共に医者で、見た目も言動もいかにも裕福な家庭で育ったという印象の美人だった。
付き合って一ヶ月くらい経ったあたりで、
その子が俺が一人暮らしをしているアパートで夕飯を作ってくれる事になった。
普段はお茶代とか俺が出してたからか
今日の夕飯は全部私が御馳走するねと言ってくれて嬉しかった。
パスタとかサラダとか、女の子らしい物を作ってくれるんだろうなと期待してたけど
作ってる最中から醤油系味噌系の匂いがしてて、アレ?って思ってた。
出来たよー食べよーと出されたのは

・大根の葉っぱを混ぜたご飯
・豚汁系の味噌汁(里芋とかキノコとかが入ってた)
・茹でたササミときゅうりを味噌マヨで和えたもの
・白身の魚とキノコのホイル焼き(緑色のレモンみたいのが添えられてた)
・厚揚げと小松菜と鶏モモの煮物(醤油味)
・小松菜のおひたし

細かく覚えてるのは、彼女がひとつひとつ説明してくれたから。
あと当時の自分の日記(手帳に書いてる)にも詳しく残ってたww
大根の葉っぱは彼女の家に出入りしてる八百屋から譲ってもらったとか(タダで?)
小松菜が余ったからお浸しにしちゃった、かぶってごめんねとか(使い回しかよ)
俺がいつも学食で揚げ物ばっか食べてるから
油をあまり使わないメニューにしたよとか(あてつけか?)
ホイル焼きは薄味にしたけど
物足りなかったらポン酢(スーパーでは見たことない謎のポン酢)を
かけてねとか(じゃあ薄味にしなきゃいいのに)
なんだか嬉々として説明してたけど
俺のばーちゃんが作るメシみたいなばばくささが衝撃過ぎた。
お嬢様だと思ってたけど、意外と貧乏なのかなーとか思った。
別に、お嬢様だから付き合ってたってわけじゃなけど。
その後なんとなく別れっちゃった彼女が
春に結婚するってFBで見て、当時の衝撃を思い出した。
彼女の旦那になる男がビビらない事を願っておこうww


859: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/11(月) 19:03:40.03 ID:uaFu/628
 
産業で。 

・ばーちゃんが白菜を漬け込んでいたところ、
最近二世帯同居になった家の馬鹿嫁がばーちゃんを突き飛ばして白菜の強奪を図る。 
・それを見てた我が家の猫(オス/10kg)がぶちギレて馬鹿嫁に襲いかかり追っ払う。 
・近所の爺婆連中が一部始終を目撃してて馬鹿嫁の糾弾大会が始まり、

馬鹿嫁実家へ逃走。←イマココ

念のためばーちゃんを病院へ連れていって帰ってきたら祭り状態になってて疲れたよ…
92歳にしては丈夫だから軽い打ち身で済んだけど、
下手したら骨折とか最悪打ち所が悪くてアボンもあり得るから
徹底的に追い込むって家族も息巻いてるし。

猫と爺婆連中に先にキレられて怒りそこねたせいか

ムカつきが止まらない俺の修羅場続行中orz

419: 名無しさん@HOME 05/01/10 18:50:18
皆さん、イライラしてるみたいなので
正月にウトメに挟まれ座った息子5歳のプチスカですが。。
「孫ちゃんこれ食べて!お箸上手になったね!これは?あれは?それは?…(エンドレス」
とべらべらしゃべりっぱなしのトメに一言。
「おばあちゃん、お箸が臭い。(お皿に)入れないで。」
たぶん入れ歯をちゃんと洗ってないので口が臭いんだと思うが
口を子どもに近づけてしゃべりながらトメ箸で食べ物を取って皿に入れるから
息子は箸が臭いと思ったようだ。
私「そんなこといっちゃだめよ。」息子「だって臭いんだもん。」トメ「…」
その後口数少なくなり、おやつの時は夫と私の間に息子を座らせた。
後で「口臭うかな?」と聞かれ「はい、臭いです。正月だし(洗浄)しましょうよ。」と言ったら
おとなしく入れ歯を洗ってました。

引用元: ・勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言その60



このページのトップヘ