うざい


921: 名無しさん@HOME 2011/07/13(水) 09:16:02.23 0
コトメが犬の散歩のついでに、旦那の朝ごはんのパンが無いからもらいにきたのーと朝4時ごろ突撃して来た 
姉さんなんぼなんでも訪問には常識的な時間ではなさ過ぎですよって言ったら 
旦那が早出なんだから仕方ないでしょ、 
あなたが勝手に起きてきたんじゃない、別に玄関開けて貰うだけなんだからお母さんだってよかったのよ。 
玄関のカギなんか開けとけば鳴らさず勝手に貰っていったのに 
とかいいやがった。すさまじいピンポンラッシュしたくせに… 
なにいってんだこいつと思ってたら、トメが起きてきて 
あんたらうるさい何時だと思ってるのって怒ってきたから、トメに押し付けてもう一度寝た 

今度は6時ごろ、朝は絶対パン派のウトが食パン買ってないのかバカ嫁って怒って起こしにきたので確認したら、 
昨日ニ斤買っておいたのがなくなってた 
うるさいので、朝4時にコトメきてパン分けてくれっていってたから全部もっていったんじゃないですかって説明したら 
あの子がそんな常識ないことするわけがないってキレられたが、トメにも同じこと言われてコトメと電話で喧嘩中 
私も旦那も昼から出勤で起きるの遅いのに…眠い… 





842:名無しさん@HOME2009/02/16(月) 16:57:32 0
独身の義兄(長男)が家を買ったのだけど、
未だに肝心の嫁が来ない状況で
既にトメが転がり込んでしまってる。

4月にお産なのだけど、
その義兄の家へ孫を連れてきて
産褥期を過ごせって義母が五月蠅い。


なんだか、それじゃあ、義兄の嫁と内孫みたい。
義兄にも「●●家の嫁と孫として面倒見るから。」と言われて超キモイ。

里帰りできる実家もあるし、なるべく義実家には係わりたくないのに。
授乳も会陰の手入れもなんで他人の家出しなきゃならんのか…。

確かに四捨五入したらもう50になる義兄が結婚できるとは思わないけど
なんで私が同居嫁にならなきゃならんのか…。

当然のごとく断ったけど「○○家の嫁と孫」ってアバウトにくくりたがる長男教信者の義兄が無性に気持ち悪くてしょうがない。




360: 名無しさん@おーぷん 2016/03/24(木)14:39:54 ID:eyM
3年ぶりに実家帰ってきた。

旦那がいい顔しないから、
あまり帰らないようになってしまったけど、
父が怪我をしたというので、
旦那無視して帰った。

旦那には、昨日の夕飯と
今日の朝用にカレーとおかず置いてきた。

そしたら、「オレにカレーを温めさせたり、
レンジでチンするようなもの食えというのか!!」
ってメールきた。

面倒くさ・・・。
こんな人だったっけ。

仕事があるので、
私も今日は帰らないといけないけど、
帰りたくない。



※結果なしm(_ _)m
985: 名無しさん@HOME 2017/11/13(月) 12:40:26.35 0
うちの旦那は三兄弟なんだけど、義兄(次男)嫁のことで困ってます。 
私は三男の嫁で、義兄(長男)嫁とは同じ時期に結婚したこともあって、 
お互いの結婚式に出たり、年齢も一回り以上違うから
とても仲良くしてもらってるんです。
二人でランチ行ったり、ディズニー行ったり、
共通の敵である姑について愚痴言い合ったり。 

で、そしたら義兄(次男)からうちの旦那あてに、 
うちの嫁もその長男嫁と私の関係に混ぜてあげてくれない? 
仲間はずれにされててつらいって泣いてるって連絡があったんです。 

次男嫁と私は9歳差で向こうのほうが年上なんだけど、 
私としては別にハブってるつもりなんてないし、
冠婚葬祭で会うときはもちろん気を使いながら話しかけてるんです。 

でも向こうのほうが年上なのにいつでも話しかけられ待ちみたいな感じで、 
今度お茶しましょうよと言われたこともなければ、
主体的に話しかけられることもなくて。 

こっちが気を使いっぱなしって感じだったけど、
最近はもうそんなに気を使う必要もないかなって思ってたとこです。 

そもそも正月の集まりで、長男嫁と私はせっせと早朝から起きて
おせちとかお雑煮の準備とかしてるのに、 
次男嫁だけ用意が全部出来上がるまで寝てて、
できたよーって呼ばれてはじめて起きてくるのも
あんまり仲良くはなれないなぁと思った要素です。 

でも次男から旦那に連絡きて、
旦那も私にあとから嫁に入ったんだから誘ってあげたら? 
っていうし……。どうしたものかなぁと困っています。




312:名無しさん@HOME2017/11/16(木) 10:41:39.36 0
洗濯物といえば、お仕事してないみなさんは、洗濯物何時頃干す?
旦那が、自分の出る7時半までに干し終わってて欲しいと言うんだよね
よそ様はもう干し終わってるらしいw




このページのトップヘ