いじめ


327: 名無しの心子知らず 2009/07/01(水) 01:41:35 ID:+mZ/of/o
普段からいじめをやってる同級生のA男に娘の薬を隠された 




563:おさかなくわえた名無しさん2007/10/20(土) 23:26:40ID:X9oragKU
今日見た小学6年生くらいの女子のイジメ現場が衝撃的だった。
公園のカナール?(水が流れているところ)で、
そこは丘の上から下へ流れるようになっていて
一番てっぺんでその女子らが遊んでいた。

うちの6歳の長男が同じところで遊んでいて、
私は次男と少し下のところにいた。
はじめは、暖かい地域とはいえ10月中旬、
水遊び大好きな長男でも
足だけ浸かるだけにとどまっているというのに
あの子たち結構びちゃびちゃに遊んでるなー
位にしか思っていなかった。

でもそうじゃなかった。
長男の様子を見に行ったときに気付いた。
全身びちゃびちゃなのは一人だけ。
あとの三人は濡れていない。2人は足だけ。
一人は水にも浸かってない。

あの子はしゃぎすぎちゃったのかなーと思いつつ眺めていると
どうみても異常。つか寒い。見てるだけで寒い。水温低いし。
2人がかりでペットボトルに水汲んで
びちゃ子の背中にいれている。
びちゃ子は「もうやめてよー」と言いつつにこにこ。

入れてる二人も水に入ってない子も
キャッキャキャッキャで声だけ聞くと女子が楽しく遊んでるだけ。
怖い。かなり怖い。異常。でもすごく腹が立って
「あんたら何してるの?そんなんいじめだろーが」言ったら、
「えー遊んでるだけー」だって。
びちゃ子も「うん、遊んでるだけ」だって。
怖いー。こんな遊びねーよ。

とにかくやめろ、と言ってその場を離れたけど泣けた。
こんな秋めいた日に娘がびちょびちょで帰ってきたら親泣くよ。
その後もずっと見てたらそいつら「あっちで遊ぼう」とかで
遊具のほうにいったけど、
びちゃ子もそのまま一緒に付いていった。

あれ絶対遊んでいるうちに乾く、つーレベルじゃない。
寒くてタヒぬレベル。
陰湿すぎるいじめに衝撃をうけた。
あれが自杀殳報道の後に学校側が
「仲がいいと思った。遊んでいるだけだった。」って奴か。

いじめかこわるい。あーでもおせっかい焼いたから
いじめ悪化したりするかもな。そしたら悪いことしたな。



1: 1 2013/02/18(月) 21:54:07.61 ID:K2ny15oG0
大学が休みで暇だから 

いじめる側の気持ちといじめられる側の気持ちの両方を経験したのは結構稀じゃね?って思ってやる 

俺は頭が悪いから説明が下手だから許してくれ 
10年くらい前の話だし思い出しながら書いてく
引用元:http://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1361192047/
小学校の時いじめてる側からいじめられる側になった話





207:おさかなくわえた名無しさん05/01/22 14:50:31 ID:NEtIpH8g
社内の人と、もおどーしても気が合わず、そのまま放って
おいたら、『タイムカードの位置を、新入社員より低い場所に変える
(当時は紙のタイムカードで、古株ほど高い場所に置くシステム)』
といった、かなり程度の低いいじめを幾つかされた。
放っておいたら「気が付いてないんじゃないの(笑)」と
聞こえよがしに言われたり。

その後、仕事で体調を崩した事もあり、部長に退職の意志を伝えたら、
部長と係長(在籍部署のすぐ上の上司)と三者面談になった。
自分「(いじめ内容を説明)といった、まるで小中学生レベルの
   いじめをされているんです。そんな幼稚な人と一緒の職場に
   いたくないんです。」
部長「誰がやったのか、分かっているなら教えてくれ。」
自分「知ってますが、言いません。退職させて
   もらえるのでしたら、教えます。」
タイムカードは毎月、総務課が新旧のを交換していたので、すぐに
裏が取れたみたい(それほど長い期間、放っておいたわけですが)。

実は、いじめをしていたのは、係長を始めとする同じ仕事をしていた
数名だったんですわ。本人の目の前で『幼稚ないじめ』と言えてスッキリ。

急な退職だったため、自分の欠員を埋める人がいるわけもなく、
同じ仕事の人たちが、それまでの仕事+自分の仕事を引き受ける事に。
引き継ぎで仕事内容を教えている時の、その人たちの
不機嫌な顔を見て、内心「よしっ」とガッツポーズ。

長文でごめん。ちょっとは武勇伝・・・?




23:本当にあった怖い名無し2013/11/14(木) 11:23:52 ID:o5/BDKbeO
長期じゃなくてその場でやり返した話だが…
高校の時不細工過ぎていじめられてた。
ボウリョクとかは無かったが
ある日階段の踊り場で、いじめ主犯のリア充男に後ろから唾を吐きかけられた。

その男は自分より大分大きかったから普段なら掴み掛かるなんぞとても出来ない。
だが病的な潔癖症の自分には、いじめ云々でなく他人の病原菌が付着したことが大問題で
他人の病原菌なんて誰だって嫌だろうけど、汚すぎて何も考えられなくなる程だった。

自分はパニックになってその男を階段から突き落とした。




このページのトップヘ