いじめ

616: 1/3 2012/06/10(日) 13:09:05.84 0
誰もいないようなのでサクっと。

結婚が決まった途端にトメが●になった。
ついでに旦那の兄も引けをとらない●っぷり。
ウトと旦那は庇ってくれるけど、結婚式でのお家柄やら学歴やらのpgrから始まり、嫁sageは止まらず、合鍵で侵入して私の物を捨てまくってくれた。
くだらないかもしれないが、結婚前から録り貯めてた○曜ロードショーと×曜洋画劇場のDVDは泣くほどショックだった。
ちなみに合鍵は良ウトに預けてた物をパクったらしく、その後ウトが返してくれた。

そんな折り、義実家から食事会をするから来なさいと連絡が来た。
私の両親や兄2人と妹とその配偶者も連れて。
目的は次兄の嫁だ。
次兄の嫁は若いし綺麗、何より結婚式では目を引くほど立ち居振る舞いが美しかった。

 
私も「バレエとかやってた?」ときいたほど背筋が真っ直ぐで指先まで神経が行き届いてる感じ。
その次兄嫁を次兄と別れさせて、クソコウトと結婚させたいらしい。アホか。
絶対行くもんかと思っていたら、トメが実家に連絡し、父が了承してしまったらしい。アホか。
父としては「断ったらもっと(私が)いじめられると思って」らしい。
父は母と長兄に〆られてたが、次兄嫁は「大丈夫だよー、みんな一緒だし」と言ってくれた。



749: 名無しさん@HOME 2013/02/18(月) 21:22:17.90 0

中学校に入って間もない頃、イジメという程ではないけど同級生とトラブルになってしまった。

私以外の登場人物
A子:中学入学と同時に他地区から転入してきた。私と席が隣同士。
B子:A子と通学路が同じ。私とは小学生の頃、習い事で面識あり。
C子:B子の小学校からの親友。
D君:B子が小学校の頃から好きな男子。隣のクラス。

通っていた中学校は町内の全部の小学校から生徒が集まる学校で、山あいの小さな小学校出身の私は、知ってる人より知らない人の方が多い状態。

でもまあ、それなりにA子、B子、C子と友達もできて、うまくやれてたんだけど、ある日突然B子から
「D君の事好きなの?!好きなんでしょ!」
とかなりの怒り口調で聞かれた。
どうやら、D君が私の事を好きらしい、という噂を聞いたらしい。
D君については、B子が事あるごとに「D君カッコいい」を連発していたから苗字だけは知ってた。ていうか苗字しか知らない状態。
なので
「いやいや、名前しか知らない人の事を好きかどうか聞かれても困るんだけど」
っていうしかないのに、その日から毎日放課後、バス(私の住む地区はバス通学)の時間ギリギリまで捕まって「D君の事好きなクセに」だの「付き合えばいいんじゃない?」だのブチブチ言われた。
この間、A子C子のフォロー一切なし。
とりあえず何日かは耐えて行動を共にしてみたけれど、同じ事をブチブチ言われる面倒くささその他諸々に耐えかねて、B子たちから離れる事にした。


197: 名無しさん@HOME 2009/03/11(水) 14:35:18 O
久しぶりに同窓会があり、窶れた元夫と会った。
愛情なんて1ミクロンも残っていなかったのでざまぁみろ。

元夫と私とは大学から恋人でそのまま私の父の会社に二人で就職。
父が私を溺愛していたので、元夫を婿養子にしたかったみたいだが、義実家のものすごい反対により断念。
エネmeでもあった私はそのまま義実家に嫁いだ。
トメは私の父がムチュコたんを雇用しているという状況が気に入らなかったらしく、しきりに元夫に転職を薦めていた。
だけど父の計らいでこれ以上ないという位優遇された職場以上の所を、新卒でもない夫が見つけられる筈もなく辞めなかった。


361: 可愛い奥様 2011/11/10(木) 12:53:07 ID:tmOvgyW70

私が小学5年の担任教師
五十間近の女性体育教師だった

家庭科、道徳の時間で「家族について」の授業があった
その時、いつもいつも私を指名して壇上に立たせて
「今日は私さんの家族について話なさい」と言ってたなあ
私のことが嫌いだったらしく、母子家庭だったから
家族の話になると、いつも私が標的
「早く話なさいよ」
「皆、話を聞いておかしいと思う点は質問しなさい」
「私さんの家族、変わってるわねー」
「父親は?ねえ、誰なの?名前は?ねえねえ」

悲しくて誰にも言えなかった
クラスの皆も便乗してイジメに加担してきたのも悲しかった
今思えば、皆怖かったからだろうけど


310: すれち 2012/01/11(水) 17:11:09.20 ID:J/NG0hyc

スレ違いかもしれないが、胸がスーッとする話を聞いたので

俺は高校に入ってはじめてとある団体系の運動部に入った。

そして、その部の中では二年生だが試合などでかなり活躍し、体がとても大きくて恐いAという先輩がかなりの発言力を持っており、俺はポジションの関係上その先輩の下についた。

しかしその先輩がかなりの自己中
自分は怪我で休んでる(出来る筋トレなどもせず見てるだけ)なのに
走ってバテてる人に対し罵声を浴びせたり、自分は無断欠席するが塾などで抜ける人は容赦なく貶した。
特に同じポジションである俺と同輩の2人は特に虐められ、その同輩は夏休みの合宿後に辞めていった。
ほかにも同輩は居たが、そのポジジョンは俺とその先輩、そして三年生だけになった。(大会の時期の都合上、三年生は秋に引退)




このページのトップヘ