いじめ


47: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/02/18(日) 12:01:00.84 ID:lEBi+SZh.net
先月、取引先の所に行った時にそこの派遣社員(元いじめっ子)に紙コップのコーヒー投げられた。

速攻で社員に取り押さえられて即日クビになったらしいんだけど、昨日俺の実家の親に 
「○○(俺です)のせいでクビになった!そもそも自分がこんな底辺生活してるのも○○のせいだ!責任とれ!さもなくば○○を杀殳す!」と電話があったそうです。





331: 2010/04/28(水) 12:30:36 ID:2PqKQJL00
五・六年の担任(女 親も教員)が私のことを嫌っていて、結構いやな目に合わされた。
その当時、その地区では珍しい私学受験の予定だったからかも。

子供は多少バカで勉強が出来なくても元気なのが良い、というのを曲解していて
バカで運動が得意な子ばかり可愛がって、頭は良いけど運動が苦手なタイプは出来損ない扱いだった。

そいつは私達が卒業した後に何故か地元に帰る事になっていたらしく、
改めて自分の地元の県の採用試験を受けたんだが見事に落ちてた。
家の母親はなんかの機会の時に「落ちてよかったですね。もう先生はやらない方がいいんじゃないですか」
と面と向って言ったのだと。
それぐらい家の母親も業を煮やしていた酷い奴だったんだよ。

その後、風の便りで「地元の美容師と結婚したものの、一人目を流産した」という話が伝わってきた。
当時の私の仲間連中(先生に嫌われてたメンバー)は誰も同情もしなかった。
ザマアミロって。

「教師も、同級生も、バカにした奴は皆、見返してやる。幸せになってね。」
これが私なりの復讐だった。中高一貫の私学で充実した六年間を過ごした。
最高学府を目指すほど頭は良くならなかったけど、大学は理学部に進学した。

そして今は何故か教員やってる。非常勤だけどさ。
あの頃、自分が味わった惨めな思いを味あわせたくないから
目立たない子、地味な子も均等に扱っていくように心がけてる。
目立つ奴の影で、そいつなりの良さを認めてもらいたくてひっそり咲いている小さな花のような子の力に
少しでもなれることができたらいいな。
理想の子供像に当てはめるんじゃなくてね。




652: 名無しさん@おーぷん 2018/03/31(土)11:59:15 ID:ayH
小学生4年生の息子の価値観にちょっと困惑してる。

息子のクラスメイトでイジメが起きて、そこに息子が絡んでしまったので、春休みにまで割り込む問題になった。
とはいえ息子はイジメられっ子を守った側。
ハーフの女の子(以下Aちゃん)が珍しい容姿を理由にイジメっ子にからかわれてて、息子がそれを庇った。
その際に息子がイジメっ子を逆に傷つける言動をしてしまい、それに保護者が怒ったため学校を巻き込んだ揉め事に。

結局は「事の発端はイジメっ子だから」ということでなあなあで済んだんだけど、この揉め事は他の保護者にも広く知られてしまったみたい。
すると息子のクラスメイトの男の子(以下B君)の保護者が私に連絡をしてきた。
「ウチの子は学校で馴染めてないから、どうかあなたの息子さんに守ってもらいたい」という旨。
今回の件でうちの息子をヒーローだと思ったらしい。
ところがそれを息子に伝えてみたところ、「それは嫌だ」と。
息子によると「Aちゃんは見た目だけでからかわれていたから理不尽だけど、Bは違う。嫌なことがあればすぐ逃げる忄生格で自己中で空気も読めない。ハブられるだけの理由がある。それを守るのは正義じゃなくただの甘やかし」と、要約するとこんなことを言っていた。

正論なのかもしれないけど、冷酷な印象も受けた。
私も夫もこんな価値観は教えた覚えはないのにいつの間に身につけたんだろうと困惑してる。
小学生でこれってどうなんだろう?





505: 名無しさん@HOME 2012/02/10(金) 22:19:20.90 0
ふと思い出した修羅場。

物心ついた時から、父は娘である私のことが心底どうでもいいようだった。
兄には甘く優しく、誕生日・クリスマス・子供の日などのプレゼントは惜しまなかったし(私には何もなし。お祝いの言葉すらない。)

昔のアルバムを見てても、兄を抱いてたり手を繋いだりしてる写真は山ほどあるのに、私と一緒に写ってる写真はゼロ。
ただ、兄は普通に私のことを妹として可愛がってくれてたし、母も兄と私を平等に扱ってくれてたので当時は特に気にしてなかった。
ここまでが前提。

小学生の頃、私はかなり酷いイジメに遭ってた。
そんなある日の学校で、いじめっ子に階段から突き落とされた上に顔面に思いっきり蹴り入れられて、左足靭帯断裂・前歯2本折れるという自体に見舞われた。
病院に行って、手当てを受けてから家に帰ったときには既に18時ぐらい(だったと思う)で、父・兄は既に家にいた。(母は私と一緒に病院にいた)

いじめっ子に対してカンカンに怒りながら、父と兄に私の怪我の事情を説明する母。
→途端に天を仰いで爆笑する父。
→「たかがいじめで病院とかwww弱すぎだろwwww」
  「顔蹴られた?どうせ汚い顔なんだから別にいいだろwwwどうせなら整形でもしてもらえばwwwww」と笑いながら言われた。
→母・兄ブチ切れ。母は台所にダッシュして包丁を、兄は護身用に部屋に置いてあった金属バットを持ってくる。
→母、父の腹を包丁で刺す。兄、バットで父の肩のあたりをフルスイングを繰り返す。
→母、途中で包丁を落とす。(後で本人に聞いた話によると、人の体を刺す感覚に「ゾワッ」となってしまい最後まで刺せなかったらしい)
→折られた歯と足の痛みを堪えつつ、泣きながら兄を止める私。

その後すぐに母・兄・私で家を出て、私だけ母方の祖母の家に預けられた。
「もしかして母と兄は逮捕されるのか?」とビクビクしてたけど、1〜2週間ぐらい?経って(この辺ちょっと記憶が曖昧だけど)二人揃って私を迎えに来てくれた。
それからは二度と父に会ってないし、離れてた間に何があったのかも誰も教えてはくれなかったし私自身も聞こうと思わなかったので
自分の身に起こった修羅場なのに詳しい事情がわかってないのですが、あのときが人生で一番の修羅場でした。




942: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/22(金) 15:16:51 ID:z4dZvO3u
全然スーッとしないけれど 
服役してた昔の友人が満期で出所してきた。 
今35才なんだが、コイツは16才以降、今まで檻の中に居た時間の方が長い 
小・中と、ひどい虐めを受けて、ある日突然キレて生き方を変えた奴なんだが 
本人曰く「また、正月前には自首予定」、、、
似たように虐められていた他の仲間達が 
「もう20年以上たってるんだ」 
「もうやめてやれよ」etc 
言っても聞かない 
何か壊れてしまって 
昔虐めていた連中に徹底的に粘着して復讐することが 
人生の目的になっちまってる 

虐めていた連中4人の人生は、殆ど崩壊と言うか 
毎日が地獄のようだとは思うが 
「あいつらが全員、自杀殳するまで止めねぇ」と 
ケラケラ壊れたように笑うのが怖かった。 

鈴木・林・金山 
これ読んでたら、柴田のようにあの世まで逃げろ 
お前等が虐めてた過去は、忘れもせず水に流しもしないが 
相手は、ナチ戦犯を追いかけるモサド並みだ 
柴田の墓石たたき壊して、骨壺にウンコかけるなんてまともじゃねぇが 
止めようもない。




このページのトップヘ