キチパパ

849: 名無しさん@HOME 2012/11/05(月) 11:40:07.26 0
うちは出来のいい姉とあまり出来がよろしくない妹の私と両親の4人家族。
どのあたりで両親が私を見限ったのかわからないけれど、
姉は小さいころから、お習字バレエ英会話ピアノ幼児教室塾等々習い事をしてた。
姉が喜んでいたんかどうかは分からないけど、少なくとも嫌がったそぶりはなかった。
むしろ、私はこんなに習わせてもらってるけど貴女は何もさせてもらえないのねpgrなことを言う程度には習い事を喜んでたように思う。
私もお習字が行きたくて親にねだったが、
「貴女は何もできない子。字が汚いのは不器用だから。習っても仕方がない」
と言われ却下された。
大人になってからそれを親に言ったが
「言ってない」
の一点張りで、何かにつけそうやって私をsageてきたことすら記憶にもない程度なのかと悲しくなった。
一事が万事この調子だったけど、幸い担任の先生や友人、部活の顧問の先生には恵まれたと思う。
先生たちは出来のいい姉のことをよく覚えてたのでその妹ということで最初私を知って声をかけてくれてたけれど、
参観や面談で、私と姉への両親の態度に違和感を覚えたようで、学校では気を配ってくれてたんだと思う。
習字も放課後教室で習わせてくれたし、小学校のクラブの申し込みも両親に口添えしてくれた。
姉は私立中学高校有名大学と華々しい経歴。
私は公立以外はダメ、頭が悪いから大学もダメと言われた。
大学がどんなところかもわかってなかったけれど、できるだけたくさんの期間学校に行けるようにしたいとだけ考えた。
中一の時、担任の先生に相談した。



615: おさかなくわえた名無しさん 2008/01/09(水) 22:07:38 ID:dwUFDic2
武勇伝か何か良く分からんが近所の姉ちゃんの話なんだが

近所の姉ちゃんとその両親は仲が良い。何つーか心配性じゃね?って思う位
両親が大事にしているのが俺でも理解できる位。
ある日、その姉ちゃんが大学卒業して就職したんだが、その時キツそーな
おじさん、おばさんがやって来た。全く知らなかったんだが、この姉ちゃんの
本当の父親と継母だった。
幼少期、本当の母親が病死、病気の妻残して不倫していた父親が不倫相手と
再婚、弟が産まれ、直後虐待にあい何だかんだで死んだ母親の親友である女性が
とその旦那さんが引き取り育てたんだそーだ。
 が、弟が身体障害者で、父親と継母は金銭的に助けてくれ本当の姉じゃないかと
金の無心に来た。給与渡せ、家に戻れとか言ってた。
その場面に俺と俺の母親が遭遇しちまった。


156: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/25(水) 21:55:16.48 ID:952Z08L6
現在進行形の話。

前提として
共通の趣味で知り合った奥さまは近所の豪邸に住んでいる。
ダンナさんは馬主。
子どもはいない。
うちはリーマン家庭。
子どもは本人の希望で中学から私立に通っている。

受験が終わり、その奥さまから進学先を尋ねられて
そこそこ名の知れた学校名を答えた途端に態度が変わった。
「お子さんをうちの養子に。学費大変でしょ~?」
「いやいや、何とかなってますので」
そんなやりとりが何回かあった後、豪邸ダンナさんも参戦。
「お子さんを…(以下略」

やんわり断り続けて数年。
最近は大人しくなったけど
過去に「育て終わったら養子に…」とボソッと言ったので
数年後、修羅場にならないよう祈りつつカキコ。


130: 名無しの心子知らず 2012/09/30(日) 18:54:51.22 ID:GNCgIbeE
昨日、ショッピングモールでキッズスペースがあって
そこには小さなお山があってそれが滑り台になっていて
小さい子供たち(小学生未満)が遊べるようになっていた。

うちの娘(2歳2か月)も買い物後にそこで遊ばせた。
ところが5歳くらいのおおきい体格の男の子が先に滑り台の階段の上っていた娘を押しのけていった。

娘はその男の子に向かって「じゅんばんこ!!」って叫んで泣き出した。
私は、泣き出した娘を抱きかかえ、その男の子にむかって「順番は守ってね。って注意したところ
その父親らしき人が、私に向かって「私は、順番を守ることがいいことだとは思いませんがね。」と言ってきた。

私は、それを聞いて唖然としながらも「順番は守っていただかないと」って反論したが、向こうは無視したまま。
またその男の子も全く気にせず、今度は他の子供を押しのけて遊び続けていた。

私は、あまりにもDQNな親にカチンとしながら泣き続けてる娘をつれてその場を離れた。




799: 名無しの心子知らず 2012/11/07(水) 13:24:36.10 ID:fq4fMPqT
高校生の時スーパーでレジ打ちをしていた頃、いかにもDQNって感じの親子がきた。
ママは30代半ばくらいなのに、乳もおパンツも見えそうな格好。
パパはいかにもなジャージきて肩で風切って歩いてるし、くそガキは
ギャーギャー走り回ってた。

うるさいなぁと思いつつも、混んできたのでわたわたしてた。
私のレジにDQNママが並んだ。カップめんとかレトルトメインのレジかご。
打っている最中にも子供が「ママこれも~」とか言って、お菓子を持ってくる。
最後のほうで旦那が、「おい!!ネェチャンこれ早く打ってくれ!!」
と甘納豆を持ってきた。
受け取ると中身がバラバラとこぼれた。
封開いてるし…
「こら~!!なにやってくれるんだよ!!こぼれただろうが!!新しいのもってこいよ!!」
旦那が抱いてる子供を見ると口いっぱいに甘納豆。
「申し訳ありません。でも、次回から開封はご清算後にお願いいたします。」
といったとたん、夫婦でファビョりだした。
「金払うんだからいいだろうが!!ションベン臭いガキが!!フジコフジコ」
いきなり怒鳴られたので半泣きになってしまい、オロオロしていると
店長登場。店長は謝りつつ夫婦をなだめ帰らせた。

半泣きの私に後ろに並んでいた、初老のおじさんが
「怖かったね。常識のない輩がいるんだよ。君は悪くないよ」
と慰めてくれたが、もめてる最中私と目があったらそらしましたよね?
まぁ無理もないけど・・・・




このページのトップヘ