成人

445: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/02(日) 13:08:57.49
終わった話なんだが
昔から好きでしたと友人Aの嫁A子が誘ってくる。
「お互い割り切った関係で」とメールが来る
俺にも嫁がいるので断っているんだがしつこい

言われ続けて一ヶ月してからA子が
「K子も裏切りしている。
相手は友人Bだ。証拠もある」と
証拠は写真だった。

ファミレスで男といた。
しかも向かい合わせで座っているのではなく
4人の片方に2人で横並びでくっついて座っていた



916名無しさん@おーぷん 2017/07/17(月)11:06:54 ID:z30
彼氏の友達に紹介されて以後、一緒に遊んだり飲みに行くようになった。
彼氏の友達は学生時代の仲間で、彼氏を含めて男5、女2のグループ。
そこに私が加わった。
私以外の女性2人のうち1人Aさんが、いわゆる姫的存在で、美人。集まりにほぼ皆勤。
もう1人の女性Bさんはグループ外の彼氏持ちで、お花見とか大きなイベント以外は段々来なくなった。
姫は姫なもんだから、皆にチヤホヤされてるだけで動かない。
BBQでも座ってるだけだし、座ってても周囲が世話を焼く。
片や私は姫には程遠い外見で、チビの固太り。
私の対応もよくなかったんだけど、周囲にからかわれたり
Aさんと比較されるたび「ごめんねネタキャラで~」とか言っていたら
その扱いが定着してしまった。
動くのは嫌いじゃないから雑用も率先して動いてたら
「コイツは動くのが当たり前」「Aは動かないのが当たり前」これも定着した。
たまにBさんが来ると、私の扱いがひどいって苦情を言ってくれて
その場では治るんだけど、また次の集まりではもとに戻っていた。

そのBさんが去年結婚して、集まりに全然来なくなった。
女性メンバーが私とAさんだけになり、私に対する皆の態度はどんどんぞんざいになった。
「Aちゃんを見習え」「Aちゃんに比べてお前は…」
「Aちゃんに教えてもらえ」「Aちゃんに謝れ」「Aちゃんと並ぶな」
気が付くとこんな台詞しか言われなくなってた。
彼氏も笑いながらこれを言う。そして雑用は全部私。
いい加減鬱憤が溜まってたんだけど、大人なのにキレたらみっともないかなとか
場の空気を悪くするのはよくないかと思い、
彼氏にだけ陰で「ああいうのはやめて」と言っていた。

三連休前の金曜日、また飲み会があって、彼氏の家に集まった。
どういう流れか細かいところは忘れたけど、
私がグラスを運んだりしていたらCさんという男性が「のろま!」と言って私の腿をグーで殴った。
結構な痛さだったので真顔になってしまい「やめて下さい」と言ったら
お尻を平手で思いっきり叩かれて、「何がやめてだよ」と続けて両手で尻を連打された。
皆ゲラゲラ笑って、彼氏も笑っていた。
Aさんも「あらあら」みたいな顔でお上品に笑ってた。
なんかその瞬間すべてが嫌になって、バッグ掴んで帰った。
Cさん他男2名から「のび太のくせにナマイキ」的なメールが来た。
彼氏からは「子供じゃないんだから~」と呆れたようなLINEが来てた。
電源切って放置してるけど、会って別れ話しなきゃいけないのかな。
もう会いたくないし、何もかもめんどくさい。


952: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)00:53:18 ID:HZf
相談です。
初心者なので、読みにくかったらすみません。

共働き1歳の子ありです。

私は接客業で先日のシルバーウィーク、人手不足もあり2週間弱の連続勤務でした。
普段から頼めば家事をいやいややってくれる旦那ですが、その時も少しは手伝ってくれましたがごみ捨てや、子供の世話若干くらいしかしてくれず、私の仕事が朝から夜遅くまで働いたため、家事が疎かになりました。

ご飯くらい作ってくれれば良いのに、ご飯は作ってもらえるまで待っている、子供も待っているという状態で、子供のご飯が遅くなってしまうということもありました。

休んでいる私が子供の世話を頼むと、お前はなにをしているんだ、お前がやれ、という感じです。

旦那は嫁がやって当たり前なのになぜ俺が、俺だって働いているあーだこーだで、全く分かってくれません。
やって欲しいと頼んでも、その時はなんで俺ばっかり、、、という感じです。

なんだか連勤の疲れもあり、非協力的な旦那に嫌気がさしているところトドメに、結婚しない方が良かったと言われ、もう全部嫌になりました。

こんな理由で離婚っておかしいですか?
少し手伝ってくれてるから目をつぶるべきですか?

もう疲れすぎていやになってます。


430: おさかなくわえた名無しさん 2009/03/30(月) 00:51:49 ID:OmwOH3JX
404 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 02:00:30 ID:Dj/2STdN

うちにいるデブ猫を飼いだしたのは、
夜中に怪我をして道路の真ん中でジタバタしていたのを
仕事帰りに通り掛かった俺が
近所の動物病院に連れこんだのがキッカケだった
夜中の流れの速い道路の真ん中にいたら、
轢かれてタヒぬのは目に見えていたので
とりあえず道路の端にでも移動させようと車を停めた

実際に近くで見ると結構怪我してて重症っぽかった
置いておくわけにもいかず、
抱き上げて車に乗せようとすると、
これぞ肉食獣!という感じで
歯を剥き出しにして俺を威嚇しまくり抵抗した

トランクにあった毛布をバサっとかぶせて包み、
助手席の足元に置くと
ぐったりしてあまり動かなくなった

素人目にもこれはヤバいと思い、
うちの近所にオープンしたての
動物病院があったのを思い出し
警察に捕まったら
確実に免許が無くなりそうな走り方をして
その病院に急いだ

自宅兼動物病院に着き、呼び鈴を連打すると
若い女の人(奥さん)がインターホンに出て
少ししてパジャマ姿の若い院長先生が
目をこすりながら出てきた

ぐったりと抵抗もしなくなった猫を
車から降ろし検査をしたところ、
後ろの両足と尻尾が大変なことに
左足が特にひどかった。
車に撥ねられたようだった



このページのトップヘ