成人

863: 名無しさん@HOME 2012/12/01(土) 00:03:16.52 O
他所に書いた内容だけど、向こうではちょっとスレチだったみたいなので、こっちにカキコ。

結婚して半年くらいの時にトメに突然こう言われた。「嫁子ちゃん、息子は母親の料理の味で育ってるの。だから、嫁子ちゃんの味が合わなくて文句言っちゃうかもしれないけど気にしちゃダメよ!」と。

主人は私の作った料理に文句を言う所か、いつもおいしいって言ってくれた。
だから、味が合わなくて我慢させてたのかなーとか、陰でトメに愚痴ってたのかなーとか色々考えてしまった。

でも主人は相変わらず私の作った物は、美味しいと言って食べてくれてるので、トメに言われた事を主人に言えずにモヤモヤしていた。

で、暫くしてトメ宅に主人と行ったらトメにこう言われた。

続きます。



896: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/15(水) 10:09:15.93 ID:DOgB/VFI
母親が台湾人だった事 母は変わった名前だけど 祖父母は変わり者だったから、と笑い話的に聞かされていて
祖父母は私が小さい時に他界していたが よく考えるとお墓参りに行った事がなかった。
黙っていたのは私がハーフだと虐められるのが怖かったから、と成人式の日に打ち明けられた。
母は韓国、アメリカと留学して日本に落ち着いたが日本以外では結構嫌がらせや虐めに遭って
父と結婚した時に私を日本人として育てたいと思ったらしい。
とりあえずもっと早く言って欲しかった。


605: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/12(土) 02:01:38.73
子供が自車校の試験で3回落ちた
しかも仮免の筆記
1回落ちるだけでも相当痛いのに3回て
中卒のDQNでさえ2回目で受かるわ
あれはたぶん免許取れないだろうな
自車校なんか適当にやっとけば必ず免許取れるもんだと思ってた
実際苦労した記憶無いしな

その不合格の話聞いた後は子供が気持ち悪く感じた
こいつは相当アホだと
と同時に俺の稼いだ金で買った飯をいけしゃあしゃあと食ってるの見て腹が立った
我慢できず子供に
“お前は免許持ってる中卒より格下。生まれてはいけない存在だった。下ろせばよかった”
嫁には
“こいつアホで気持ち悪いから縁を切りたい”と言った
続けて“結婚しなきゃよかった。離婚したい”と土下座つきのオーバーアクションで言った
2人ともなんか泣き出した
アホのくせに泣いてるから今度は笑えた
気持ち悪いのは変わらないから早く離婚して縁切りたい


916: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/24(火) 10:00:11.06 ID:326qMYNI
彼氏と口論になった時に殴られた。
へんな鈍い音がして、頬が凹んでいて骨折。
向こうも自分がやったことに驚いていて平謝りしたけど、
顔を殴られ骨折までさせられて付き合っていくだけの情はない。
覚めるどころか憎しみに変わった。
ちなみに、口論の内容は「タトゥーはいいか悪いか」

私はいいも悪いも、未成年ならともかく、成人でその人が責任を取るなら
それはその人の選択でしかないと言ったけど、彼氏は絶対ダメ派で
私の意見が受け入れられなかったらしい。

後から泣いて土下座して謝ってきたけど(土下座って安いねwバカにしか見えない)、
その時の言い訳が、「俺も昔オヤジにDVで殴られてて…」と言うもの。
えーと、機能不全家庭で育ったボクちゃんは可哀想だから許すべきってか?
私には全く関係ないから死ねよと言って診断書を取り、彼の母親に
治療費請求。払ってもらった。元彼も向こうの母親も泣いていた。

元彼は「二度とこんなことしない。俺、ちゃんと病院行って治すから」と言って
いたけど機能不全家庭のツケを何で私が払って更生にまで付き合わなきゃ
いけないんだと思って、それじゃ被害届出す?^^と優しく言って別れた。


575: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/27(金) 15:50:59.00 ID:nq19gKty
長文です
私が二十歳くらいの時、携帯会社の店舗でやってる懸賞に当選した
携帯所有者と連れのペア旅行券で、各地の結構高額な旅館から選べるというもの
日ごろのお礼も兼ね、仲の良い母を誘うと「行きたい!」と喜ばれ、親娘二人旅が決定した
人数の追加は実費負担(五万ほど)であり、父は不定休で出歩いても喜ばない性格なので除外
母へのプレゼントなので場所や日程の決定権を渡し、数ヵ月後に決まったその日をわくわくして待っていた
そんなある日、お盆で母の実家に行った
母が世間話で上記の懸賞旅行の話をすると、祖母が私を見て眉を顰めた
「なんで(私)と(母)なの?なぜ両親で行かせてあげないの?」
なんでお前が行くんだと侮蔑するように言われ、母は「だよねー」と笑ってた
祖母の言い方は酷く癇に障ったが、私が一番腹が立ったのは、笑って同意した母にだった
喜んでたのは嘘で、楽しみにしてたのは自分だけだったんだと思うと悲しくて虚しかった
その日の就寝前に「私は旅行に行かない。夫婦二人で好きに行けばいい」と母に言った
出来るだけ落ち着いて言ったつもりだったが、途中で涙が出てきて最後はしゃくり上げていた
財布に入っていた5万を置いて自分の部屋に引っ込むと、母が追いかけてきた
「どうしてそんな事言うの。(父)と二人で行っても、つまらないって分かるでしょ」
私は無性にイライラして、言うつもりはなかった言葉を吐き捨てた
「じゃあどんなつもりで笑ったの?私とは行きたくないんでしょう?
気が利かない思いやりがないって、なぜ私が詰られなければいけないの?」
そんなつもりはなかったと母は慌てていたが、今はまともに話を聞けないから出て行ってくれと頼むが
母が動かずに泣きだしたので、私が部屋を出て居間へ移動した
しゃくり上げが止まらずにいると母が追って来たので、もう来るなと言って部屋へ戻った
その日はティッシュ2箱を使い切ってタオルに染みを作りながら寝た
涙と鼻水はセットであり、しゃくり上げて泣くのは苦しいと思い出せた修羅場



このページのトップヘ