成人

416 :育児まとめニュース 2016/12/25(日) 01:40:50 ID:caU
私は昔から視力が弱いのにどんな眼鏡も似合わなくて、メガネ選びに悩まされてた
色や形や大きさ素材に至るまで、友達に付き合ってもらってメガネを探し続けたんだけど
どれもこれも皆から「似合わない」と
言われ続けた
肌の色に近い金属&縁無しの、存在感を極力消しましたなメガネでさえ似合わないと言われる
本当に生まれてから一度も、「メガネ似合うね!」と言ってもらったことがなかった

なんでそれほどにまでメガネが似合わないのか
私の長年の悩みを旦那の一言が解決してくれた
「童顔小顔だからキッズ眼鏡じゃないと、大人のはレンズの幅が大きすぎて似合わない」
試しに店員さんオススメのキッズ眼鏡をかけたら、顔にすんなりはまった
大人メガネは眼鏡の横幅が広くてフィット感がなく、頻繁にずれてたんだけど
キッズ眼鏡は顔の横幅がぴったりで、無駄な隙間ができず、とてもしっくりきた
これまで似合わないと言われていたタイプの眼鏡も、キッズ眼鏡だと変じゃない
「やっぱりね。大人メガネだと宮川大輔みたいに顔より眼鏡が強烈で、それが全面にくるからおかしいんだよ
宮川大輔って眼鏡外したら宮川大輔度が八割減るだろ?なんか違和感あるし
大人メガネはその効果で、もとの顔を八割がた上塗りするから変に感じるんだよ」
なんかよくわからないけど、思わずなるほど!!と納得してしまった
確かに眼鏡のない宮川大輔はものたりない
実際今使ってる眼鏡も、大人メガネだけど幅がかなり狭いものだと言われた
それでもキッズ眼鏡より5ミリ~1センチほど幅があるので、ブカブカ感があるんだろうとのこと
なんかつけ心地もよかったし、次の眼鏡はキッズ眼鏡にしようかなと思い始めたよ
でもやっぱりデザインがお子様向けなんだよね、丈夫なんだけど・・・
大人がキッズ眼鏡かけてたら、やっぱり変かなぁ?
作ったら最低でも視力が変わるまで二年は使うから、まわりからどう思われるか気になる

309 :育児まとめニュース 2017/10/15(日) 16:22:20 ID:???
アラフォー男、孤独といずれ来る孤独タヒに耐えきれず婚活を始めた
やることはといえば会社とアパートの往復のみ
毎日の媒酌と土日の寝溜めだけを楽しみに生きている
美人でなくていい、趣味なんか合わなくていい
「寒いね」「寒いな」この程度の会話でいいから分かち合う人が欲しいと思うようになった
誰にも迷惑なんかかけていない
しかし「婚活www」とやたら周囲が茶化して来る
おまえらが独身主義なのは知ってるよ、でも俺にかまわんでくれ
お前らは孤独も孤独タヒも平気なんだろう、結婚のメリットよりデメリット重視なんだろう
でももう俺はデメリットばかり見て何もしない人生はやめたいんだ
自分の子供を抱きたい、オムツ替えてウ〇コくせーとか愚痴ってみたい
うちの嫁はよ~とか愚痴のふりしてのろけてみたい
人並みになりたいだけだ、高望みなんかしていない
俺のことは放っておいてくれ、それだけだ

233 :育児まとめニュース 2015/12/11(金) 23:53:07 ID:???
クリスマスに向けてドライフルーツの洋酒漬け作りたいんだけど二十歳になるのがもうちょっと先で間に合いそうにない


766: 恋人は名無しさん 2017/08/29(火) 15:41:10.08 ID:1+16D2tZ0
来年春に入籍する予定の29歳同士。
付き合いは3年。
彼女は仕事が好きなので
結婚後は共働き予定。

この間、彼女に
お互いの独身時代の貯金に関しては
ノータッチでいいよね?
貴方も貯金あると思うけど、
別に好きなように使っていい。
何も言わないから。と言われた。

彼女は直接聞いてもはぐらされるんだけど、
多分500万以上貯金あると思う。
俺はあればあるだけ使う性分なので
60万くらいしかない。

結婚前の貯金は共有財産にならないと言うけど、
結構周りは互いの貯金を夫婦としての
貯金・家を買う時の頭金等に回してたりする。

俺もその考えだけど、
俺のほうが貯金が少ない分
彼女にそう強く言えない。
どうしたら彼女もその考えに
変わってくれると思いますか?




950: マジレスさん 2017/08/13(日) 16:11:31.14 ID:ecDPzKl7
夫婦関係について相談に乗っていただきたいのです。
長くなりますが、よろしくお願いします。
結婚3年目、私30歳会社員、嫁29歳子なし専業主婦の夫婦です。
私がお昼の時間を過ぎてもなかなか起きてこなかったことに
嫁が烈火のごとく怒りました。
元々、溜めて溜めて大爆発タイプなのですが、
それに関連して色々な不満が出てきています。

事の発端は、休みの日に
13時過ぎごろまで私が自室でゴロゴロしていたことです。
「起きてこないんだったら先食べるから。お昼は自分で作ってよ」
と怒ってました。

自分的には起きて動画などを見ていただけなので
「起きてたから声かけてくれたらよかったのに」と言ったら、

「いつも私が部屋まで行ってお昼どうする?何食べる?って聞いて、
出来たよって呼びに言ってそれでなかなか出てこないくて
っていうのをしてるけど、なんでそこまでしなきゃいけないの?」

「専業主婦だけど私も土日は休みたいって言ってるよね?
お昼は作るけど、それを当たり前のようにされたら腹がたつ」
と怒りました。

嫁は元々、平日主婦業をしてるんだから土日は休みたい、
土日までご飯の準備などしてたら休みがないという主張です。

私が主婦業といっても会社員の精神的体力的負担は違う、
土日のご飯のくらい作ってくれてもいいじゃないかと言うと、
「そんな大した事じゃないって言うんだったら、
土日のご飯作ってよ」と言いますが、
そういうことではない…という感じです。

それに関連して「そもそも私は専業主婦がしたいんじゃなかった」
という不満が爆発しました。
続きます




1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/13(日)21:17:10 ID:46Y
2年付き合った彼女と結婚の話が今出ています。
彼女が専業主婦になりたいと言ってるんですが、
俺はどちらかというと反対です。
俺の親も共働きが普通だと言ってます。
彼女は要領が悪いので何年勤めても仕事がうまくいかず
人に迷惑をかけるから家庭に入りたいと言う。
これって言い訳だと思いますか?




623: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/13(日) 22:23:51.07 ID:tgaXGqvZ
大学の友人(女)の話
箸の持ち方と食事マナーが凄く汚かった時
顔が可愛くていつもニコニコ、愛想があって
誰からも好かれる人間性をしてるのに、食事の時は本当酷い
箸はクロスで握り箸、そして犬食い&早食い
クチャラーでないのが唯一の救いかな…
顔が可愛いからこそ勿体無いとさえ思う

何度か注意したことあるけど、注意した瞬間は治しても気づいたら元通り
しかも注意すると、注意した私の方が周囲から
「そんなこと言わなくても…」みたいな扱いを受ける

完璧な作法で食べろとは言わないけど、
せめて最低限箸の持ち方とか整えてほしい
対面で食事をしたくない




239:名無しさん@HOME2007/06/20(水) 21:25:01
結婚以来、激しくはなくともじわじわとトメに嫌がらせ言われてきました。そのせいで義実家へ行くのは苦痛でした。
先日も行かないといけない用があって仕方なく行ったのですが、案の定トメからは冗談交じりみたいな口調での嫌味。
夫には、今まで何度か訴えたものの、のほほんとしてて、真剣に聞いてくれてない感じで・・

なにげなく会話をしていると
トメ「も~嫁子さんったら、○○も作れないの?こんなんじゃ嫁失格ねえ」
トメ「料理上手のお嫁さんにとりかえたいわぁ」なんて言い出した。(冗談ぽく)
私「すみません。そういう山菜って知らなくて・・(また嫌味だよー)」

すると、すかさず夫が「嫁子は料理うまいよ。色んなの作れるのに。ふつーに売ってない野菜のことで責めなくても」
トメ、びっくり。私も、今までこんな時にお菓子とかぱくぱく食べてる夫だったからびっくり。

さらに夫、「そんなに嫁子が嫌なら、もう、母さんとはサヨナラだね・・」

トメ、あわあわしだして、「何で?嘘?ちょっと、ねぇ?あらあら!いやだわ!」と取り乱し、
「こうやってきつめに言って接した方が仲良くできるかと思ってのことよ!謝るわ、ね?」と泣きそうに。
以来、一回も嫌味言ってきません。というか口数少なくなっちゃった。夫に感謝。




907:スペースNo.な-742009/07/16(木) 09:03:44
「元気〜?最近寒いねえ。タヒにそうだよ!」
「ほんと寒いねえ。仕事も忙しくてへばってるよ」
「鍋食いてえ!それで○○で××〜」
「うんうん、△△〜」
(中略)
「ところで、○ちゃん冬コミって今回は何日目?」
「ああ、冬は落選したから友達の売り子なんだ〜」

ここでメールのやりとりがプツッと途切れ、以降返信は来なかった。

ほんっっっっとに、私はコミケチケット入手先でしかないんだなあ、彼女にとって。
「あーそうなんだー」とか、せめて「使えねえな」の本音でもいい。
普通に続いてたメールの会話?を、チケットはもらえない、とわかった瞬間に
一方的に断ち切られて、私の中の何かもブッツリ切れた。

そして先日、この人から「元気〜?暑いねえ」とメール着信。
「シーズン恒例!チケットおねだりくれくれキター!
2枚余ってるけど〜あなたには〜あげないよ〜ジャン♪」
と返信してから拒否設定した。

着信拒否しないで執念深く待ってた甲斐があったよ…
ちょっと空しいけど、気は済んだ。




このページのトップヘ