294:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2010/03/22(月) 09:05:21ID:L4Ghxnxx
内容:
もう20年前くらいになるかなあ、
白馬にスキーに行ったときのこと。

私の車の前後には板を積んだ車が何台も繋がっていたし、 
片側1車線の道路は圧雪状態でしたのでみんなスピードは 
抑えめでした。 

左に見える湖を通過してしばらく走ると 
左右が山で大木が生い茂っているところまできた。 
そこは木が両側から道路を覆っていてトンネルのようだった。 

そこを通過中に前方から、 
ドォドォドォドォーッ!って地響きを立てながら 
どでかいダンプカーが近づいてきた。 

ちょうどすれ違いざま、 
ドサッーっていう音とともに、 
車が真っ暗になった。 

前後左右視界ゼロ! 

ワイパーが動かない! 

これはやばい!




295: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 09:06:03 ID:L4Ghxnxx
続き、 

道路は確か100mくらいは直線だったから 
ハンドルはまっすぐにしておくしかない。 

ブレーキは踏めない。 
追突されるか、スピンの危険性があるので。 

それにもし、 
前の車が止まったら完璧に追突すること間違いない。 

などなど、いろんなことを考えた。 

でも、どうすることもできない。 

5秒くらいたったかな、 
もう駄目かもと思ったとき、 

視界が開けた。 

前の車も、後ろの車も見える。 
本当にラッキーと思った瞬間だった。 

でも、後ろの車は腹を抱えて笑っていたと思う。 
前の車が数秒間雪だるまになって走行してたんだから。

297: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 12:24:03 ID:VqzdvH/6
雪だるまっつーか 雪煙だろ 雪国ではよくあること

298: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 12:29:00 ID:YY7Td7Er
いやドサって音がしたらしいから
ダンプの振動で上の木から雪が落ちてきたんじゃないか? 
それかダンプから雪が落ちたとか。

299: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 12:59:09 ID:SGNf4qmg
ワイパー動かないのにどうして視界が回復したん?
雪だるまなら分厚い量でしょ。

300: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 13:25:04 ID:yYUPNrq6
風で飛んだくらいに思っておけよ。
大した話じゃないだろ。

301: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 13:57:09 ID:L4Ghxnxx
>>298さん、正解 

トンネル状態なっている木に積もっている雪が 
ダンプの振動で落ちたんです。 
ドスンッ!(音と衝撃)ときて真っ暗になりましたね。 

すぐにワイパーのスイッチ入れたけど 
雪で車が埋もれている状態だから雪の重みで、 
ワイパーは動かないし。 

でも、4,5秒くらいして 

雪の固まりから脱出できたというか、 
車の周囲に付いていた雪の固まりが 
落ちたって感じ。

302: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 15:10:47 ID:QesQMB6c
雪だるまになって走行してたのは
294の車だけじゃないんじゃない? 

前の車も後の車も、
樹林トンネル状のところでダンプとすれ違った車は 
皆同じ状況になった筈だ。

303: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 15:20:54 ID:rqVd9nk6
>>295 
> でも、後ろの車は腹を抱えて笑っていたと思う。 

普通笑わないって。
前の車がそんなんなったら、急いで車間空けるが。

305: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 16:07:58 ID:L4Ghxnxx
>>302
それがねえ、
道路の真上まで雪で木がしなって上空を塞いでいたのは
ちょうど自分の車の場所なんだ。

他の場所もかなりしなっていたが、道路の真上までは
木がしなってなかった。

それから前後の車間距離は雪道だから通常より少し
多くとっていたと思う。

>>303
そうかなあ。
まあこれは自分が後ろの車だったら不謹慎だけど
笑ったかも分からないです。

でも、それくらいこっちが車内で焦ってるところ想像したと
思うんだけど。だって数秒間は雪に埋もれて前進だよ。

事故ってたら、笑えないと思うけど。

312: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/22(月) 20:48:54 ID:U4yfWtp0
>>294 
直線で良かったね・・・ 
俺も山道のカーブの途中でそれなった事が有る。 

急に視界がゼロになったが、
一応最後に見た視界では
運よく対向車も後続車もいなかったので 
迷わずブレーキ掛けながらカンで山側の雪に突っ込ました。
見事にフロントが雪に全部メリ込んだ。 

直進してたら崖からダイブでした。

314: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/23(火) 03:43:47 ID:aL1lIz8L
>>312 
とっさの判断が良かったですね。

引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.net/kankon/1268405859/



1000: 名無しの心子知らず