534:◆JbZT8xGcP.2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:DfWUckKj
※ムリヤリな行為とかある内容なので、嫌いな方は飛ばしてください。
ある意味、自分の中で気持ちの整理がつき、厄落とし的意味で書いてみた。
長くなり嘘のような事も入っているけど、全部事実です。

(自分でもマンガのような要素いっぱいだなと…)


父(仕事は出来るが人の気持ちが分からない。霊感はややあり敏感タイプ)
母(仕事は出来るが、父と同じく人の気持ちが分かりにくい。先祖代々霊感が強い家系で、たまに予知とかが出来る)
私(口下手で対人関係がやや苦手。そのくせ我が強い。母の霊感が強いところを受け継いでしまう)
弟(頭が良く人間関係もスムーズにこなすが、いろいろと要領が悪い。霊感なし) 





昔から私と母は折り合いが悪く、人間関係が上手くいかない事を相談しても、 
「いつも同じことばかりで聞くほうも疲れる。」とか、 
小学生高学年にしては生育が良かった私は痴漢に遭うことが多くて相談しても、 
「隙があるあんたが悪い、隙があるから痴漢なんかにつけこまれる」とか、取り合ってくれず、
段々と母に対して心を閉じていった小学5年の頃のこと。 


家に電話があり、母と私しかいなく、私が電話に出ると、 
「おまえが風呂に入っているところを写真に撮った。ばらまかれたくなければ、 
指定された場所に来い」と中年ぐらいの知らない男から脅された。 
普通なら母に相談するところだけど、今まで母へ相談しても相手にされなかった事で、
私はどうせ今度も助けてくれないと思い、指定された場所へ1人でとぼとぼと歩いていき、
案の定、ホテルに連れ込まれてムリヤリされた。

全然、見知らぬ中年の男だった。

535: ◆JbZT8xGcP. 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:DfWUckKj
生育が良かった私は小学5年ですでに月のものがあり、子供ながらも「赤ちゃんが出来てしまう」と知っていたので、また男から脅迫の電話があってパニックになり、渋々母に助けを求めた。
母が再び電話をかけてきた男といろいろと話していたのを遠巻きに見ていて、
ああこれであの男にムリヤリされずにすむんだと安心した私に母はこう言った。 

母『このことは絶対にお父さんに言ってはいけない。あんたと私の秘密にするのよ』 
私『どうしてお父さんに言っちゃ駄目なの?』 
母『そんなことをしたらお父さんはショックでお酒を飲み、働かなくなるでしょう。家が崩壊しちゃうのよ。そんなことになっていいの!?』 


父はメンタル面ではやや弱いところがあり、嫌なことから逃げるのを母はよく熟知していた。 
そして母の両親は一度離婚していて子供時代に寂しい思いをしたようで、自分が結婚したらどんなことがあっても離婚しないと決めていたらしい。
母は娘を守ることより、自分の家庭を守ることをタヒ守した。


母は女にはなれても母親に徹することが出来ない人だった。

536: ◆JbZT8xGcP. 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:DfWUckKj
今なら母の気持ちが分かるけど、幼い頃の私は理解が出来ず、
この時に本当の意味で守ってもらえなかったという思いが私に強く残った。
中学生になった頃は母が憎くて仕方が無く、夜中に台所へ行って包丁を握り、
何度も母を刺してやろうと思うことを繰りかえし、そんな自分に嫌気がさして
一時的に自分から親戚の家でしばらく暮らしたいと希望して家を出た。
あの時、家にいたら多分、母を本当に刺していたと思う。


例の口リコン男は結局、私の風呂の写真を撮ったというのはデマだったらしく、 
家の電話番号も変えたら電話をかけてくることは無くなった。 
ただ、私は時々、他人に触れたりすると頭の中にいろんな映像が見えることがあり、されていた時も男から 
『大人の女の人に相手にされなく、職場でも1人で過ごし、孤独』という映像が鮮明に見えた。
なんだか男が可愛そうになり、今でも憎むことは出来ない。 
(この変な力はサイコメトリーというものらしく、人・物・自然物から生物の念を解析することだと後に知る)


私の荒れた心は中学2年にあるお坊さんと御縁が出来てから、情緒面が落ち着いた。
変な宗教が多い中、お金や信仰の強要をされることはなく、数十年経った今でも親交はある。
お金は親に助けてもらったが、人の心の温かさはこのお坊さんから教わった。
(霊感やこのことも相談済みで知っている) 

537: ◆JbZT8xGcP. 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:DfWUckKj
私は20歳になって家を出て1人暮らしを始めた。
23歳ぐらいのとき、母は過労で倒れて欝・拒食症になった。
原因は父が家庭を顧みず好き勝手をして、母は過労・精神的疲労で倒れた。 
それでも父は母の看病をせずに、おろおろするだけだった。
医者から『欝の人に頑張れと言ってはいけない』と指導されたにもかかわらず、それが理解出来なくて母に頑張れを連呼して、さらに母の状態は悪化していった。
大人になっても相変わらず人間関係不得手に加えて、強度の男性不信がある私は職場で上手くいかず退職し、家に戻って母の看病をした。 


少し元気になった母は私を見てこう言った。 
『私には何も無い。なんでも持っているあんたが憎い』と。 
その時の母の心を象徴するような映像がふっと見えた。 
顔は般若で体は蛇。蛇の体を私に巻きつけてぐるぐる巻きして身動きを出来ないようにして、
私の息の根を止めようとしている姿を。 

私は知った。
母は23歳の娘の私に、若さとこれからの人生をつくる可能性に女として嫉妬していたのだと。
つくづく、母になれない女なのだなあと納得してしまった。
自分が寂しかった子供時代から成長出来てなく、止まってしまったのだろうなと。
そういう意味では私もそうなので、似たもの母子だなと笑ってしまった。 

538: ◆JbZT8xGcP. 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:DfWUckKj
でもこのままだと母に私は心を壊されてしまうと感じたので、母がなんとか食事を取れて日常生活が出来るようになるまで1年ほど看病して、また職を探して家を出た。 

あれから約15年くらいは経ち、私は職を転々としながら、今やっと一つの職場に安定して1人暮らしを続けている。
強度の男性不信も10年以上かけて少し克服して普通に男の人と会話が出来るようになった。 
40歳手前になり、子供を産むのが出来ないかもしれないけど、縁があれば結婚出来たらと思うようにまで心が回復した。
まだ困難が事が多いだろうけど、人並み(子供がいて家族団らんとか)の幸せは駄目かもしれないけれど、それでも私なりの幸せがあると信じて頑張っている。 


母は結局、あれから心身ともに不調をきたし、職場復帰も出来ず、また長年の拒食症から来る骨粗しょう症で足を骨折して、家内でしか歩けなくなり、見た目も10歳以上老けている。
友達は誰もいなくなり、家族だけが心のよりどころ。 

539: ◆JbZT8xGcP. 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:DfWUckKj
欝を発症した頃から母の霊感は無くなったけど、母の能力が私に移行したような感覚があり、
その頃から私は以前よりも霊感が強くなってしまい、そちら方面でいろいろとトラブルがあったけど、
今は力のコントロールが出来るようになり落ち着いている。 
父は母がまだ欝を患っているのに、相変わらず頑張れを言っている。一生言ってればと思う。
ある意味、お似合いの夫婦だなと。


出来のいい弟はなぜか最近ニートになり、1人暮らしを止めて実家へ寄生して2年近くなる。 
弟が帰ってきたときに私は一度実家に帰り、弟を見て何かピンときた。 
『この子、中身が以前と全然違う。このままじゃ働かなくなってずっと家に居座る』
予感なのか予知なのか。よく分からないけど、そのような感覚に悪寒がし、両親に『あと半年の間、あの子が職探しをしなければ、ある程度のお金を渡して家から追い出して1人暮らしをして自活させたほうがいい。
そうでないと、あの子はずっと家に居座り駄目になる。

もしそれが上手くいかなかったら、私も協力するから』と。

540: ◆JbZT8xGcP. 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:DfWUckKj
勿論、両親は私の助言は聞き流し、2年経った今、ニートの弟の扱いに頭を悩ませている。
私は親の務めは、子供が自分の人生を築く力を身につけて社会へ送り出すことだと思っている。
そういう意味では、私の親は落第生だなと痛感。
年金暮らしの両親の修羅場はまだ続くけれど、母との長い修羅場は今やっと終わりを迎えたように感じる。 
母は私の反面教師だ。人の心を大切にしなく、我を通すと、それなりの報復が来るのだと。


あと修羅場とは違うけど、人外の者達にも時々助けられる事があり、
変な力は私にとって悩みの種であったけど、今では受けれている。
ある稲荷神とも今だに交流(時々お参りに行く程度)が続いており、私が人間関係に愚痴っていた時に言われた事がいつも頭から離れないし、私の生きる指針になっている。 

『おまえは人間だから人間のなかで生きなければならない。 
それは人間のおまえにとって宿命なのだ。逃げてはいけない、受け入れなさい』 


本当にそう思う。長々と自分語り、失礼しました。 


541: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:uiKsxiXl
オカ板行け 

542: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cucGoB//
オカ板に迷い込んだのかと思ったよ 
まぁ乙 
40近いのに独身の女には、何かしら理由があるのが良く分かった 

543: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:mVN7AY/R
仮に不思議な能力が本物だったとして 
自分の人間としての本質を見抜かれるかも知れない人を前に 
平静じゃいられないなあ

544: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:+fHAuaUs
#jioo9→ジョーク?


549: ◆JbZT8xGcP. 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:iQ4ZfGMr
>>544 
トリつけるの慣れてなくて適当に打ち込んでました。 
長い内容だから叩かれるのは覚悟で書いてみました。 
書くと気持ちの整理が出来るし、人には言えない内容が多くて、人に相談というのが難しい事が多いもので。 
よく掲示板で相談事をしているのをみて、羨ましいと思ってます。

だから現実に相談出来る友達も1人いればいいほう。
それでもそういう友達がいて良かったと思ってます。自分に活を入れたくて書いてみました。


ではまた名なしに戻ります。 


548: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:3k0s4GZX
40過ぎて霊感がどうのとか言ってたら嫁に行けないわなw 

550: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:P3xEW2GF
色々あるよね

これからは幸せに!



引用元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1372151374/



1000: 名無しの心子知らず