注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

884:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 14:43:01 ID:dJQFsKjS
さっき、変な母親に会った。
仕事中だけど小腹が空いて、でもお昼を食べてる時間はないから、
鯛焼きを買い食いしようとしたんだが、
ちょうど頼んだ鯛焼きが品切れ中で、焼きたてが1、2分で出来ると言われた。
1、2分なら全然待てるから、じゃあ待ちますーと言ったら、
前で会計してた人が「よかったらこれどうぞ」と。
ご厚意かと思って「ありがとうございます。でも大丈夫です」と言ったら、
「遠慮しないで。私は待てるから」と押し問答。
そのうちに私の鯛焼き焼き上がり。
ではー、と会釈してと行こうとしたら、
「ちょっと!なんであんたが焼きたて持ってくのよ!」
と噛み付いてきた。

あなたの鯛焼きと私の鯛焼きは種類が違います。
私のは白玉入りでそっちより高いです。

シカトしようとしたらそいつの子供が泣き出したので、
めんどくさいからぎゃんぎゃん吠えてる母親は放置して、
子供に鯛焼きあげてきた。
そいつはもう会わないだろうけど、この店はよくくるから大騒ぎはごめんだ。

なんでそんな焼きたてなんて下らないことに執着できるのか謎だ。
あと、例え今焼きたてで店から受け取ったものでも、
知らない人から食い物を受け取って「よかったわねー」って。
誘拐されても知らないよ。





885:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 15:11:04 ID:iXa94Fkg
白玉入りなんてあるのか。食ってみたい

886:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 16:30:31 ID:aM86yFKh
子供に焼きたての鯛焼きは熱すぎると思うのだが…
>>884が去ってから母親が奪って貪り食ったか、
子供が食べてさらに大泣きする結果になったか
どっちだろ。

887:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 16:54:54 ID:HXlKNjzV
白玉入りの鯛焼きって、昔バイトで焼いてたなぁ。

888:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 17:09:47 ID:MhglaJ/s
食べたいな。どこで買えるの?

890:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 17:28:59 ID:HXlKNjzV
>>888
一○茶屋って店にある。
ただ、店舗によっては販売していない所もあるんで注意。


889:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 17:20:47 ID:3Pkjf7jT
腹減った(´・ω・`)

891:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 17:50:49 ID:R7lzmRWf
小倉&クリームチーズが好きだ。

892:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 18:05:06 ID:dJQFsKjS
白玉鯛焼き、私が買ったのは個人の店だったけど、
チェーンなら味咲○にもあるよ。

一口○屋はお好み焼き風鯛焼きが好きだ♪

893:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 19:18:40 ID:YTA/l+Pe
その人は焼きたてではない鯛焼きをすでに買ってたのに、
なんで子供にあげるのかが意味わからない。
味をしめてまた違う人が被害に合うだけだから甘くしない方がいいよ。

894:名無しの心子知らず2008/09/05(金) 19:51:32 ID:MYBuMZ0B
ああ、確かに揉め事はごめんだが、
さっさとその場を立ち去ったほうが餌付けよりマシだったかもね。


引用元: http://life9.2ch.net/test/read.cgi/baby/1218552561/






1000: 名無しの心子知らず
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

おすすめサイト最新記事!



コメント

コメント一覧

    • 1. 名無しさん
    • 2017年12月30日 13:16
    • 餌付けすな
    • 2. 名無しさん
    • 2017年12月30日 13:53
    • すぐ食べるなら焼きたてのがいいけど、持ち帰るなら冷ましたのじゃないとベチャベチャになるから焼きたてって嫌じゃね
    • 3. 名無しさん
    • 2018年01月06日 13:32
    • 子供にやったって、親が取り上げて食うに決まってるのにな

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ