注目の人気記事

707: 名無しの心子知らず 2013/08/24(土) 07:38:09.81 ID:Wm8ETptI
隣の家の放置女児がはげしくウザイ。

よその家の庭に勝手に入って、ベンチやデッキでくつろぐし
買い物帰りに出会えば「何買ったの?見せて見せて~」と袋の中を漁り出す。
プールしてるところにも勝手に入ってくるし、友達同士でBQやってる一家にも突入。
「○○のどかわいた~」「お菓子は?」はとりあえずいる人みんなに言う。
「家の中見せて」(←既に玄関や窓を開けて半身入りつつ)も。

何この自由な子?と最初は戸惑いつつ、ご近所のママさん達もやんわり静止してたが
今はみんな野良猫を追い払うような気持ちしか持てない。

そうなると今度は旦那さん達の方に擦り寄っていくようになった。
パパが一人で自分の子供たちを見てると必ず出てきて
「○○もそれで遊びたいな~」「○○自転車乗りたいな~」「虫除け○○にもかけて~」など
自分で子供の方に「かして」とは言わずに、パパの方へ甘えた声でまとわりつく。
それで、借りた物は遠慮なしにガンガン使って、返さないし傷つけたり壊したり。
つか、自分の自転車持ってるし、虫除けも家でしてこればいいじゃん。
(ママさん達はこれが言えるが、パパ達は女の子相手だとキツイ事が言えないらしい)
そのうち調子に乗ってきたのか「抱っこして~」「おんぶおんぶ~」も言うように。

こういうのって愛情不足なのかね?
親は至って普通の人で、会えば挨拶もするんだけど
でも子供を遊ばせてる時は絶対外に出てこない。
見てないから、自分の子がどれだけ厚かましくて迷惑かけてるのかも知らない様子。

動画撮ってポストに入れてやりたい。


406: 名無しさん@HOME 2013/02/22(金) 20:53:43.91 0
義弟嫁が赤ちゃん育てろって。自分の子で生後半年男子。がっりがり。
養子にはあげないから大事に育てろだって。子供手当ては自分らでもらうんだって。頭おかしいんじゃね。この子がかわいそすぎる。
とりあえず明日から背負って仕事いく。涙がとまらん。

416: 名無しの心子知らず 2013/03/14(木) 17:50:54.34 ID:JReJQip/
 

吐き出し。
娘2歳なんだけど、0歳児の時からママ呼びを強く押してくる知人がほとんど。
年代は20代~60代の女性たち。
旦那も私も「パパママ」は好きでないので最初から「お父さんお母さん」に慣れさせていたんだけど、
知人に会うと「ママと一緒でいいね~」。これはいいんだけど、娘が「お母さん」て言ってるのに「ママって言ってごらん?ママーって」と言ってくる。
「ごめんなさい、うちはお母さんて呼んでるから」と言うと
「なんで?ママって呼ばせなよ」
「いやでm」
「なにこだわってるの?どっちでもいいじゃない。ママで」
どっちでもいいならうちの自由にさせてくれよ。うちの子がママって言わないとあなたに何か不利益があるんですか。
自分の子や孫に呼ばせておけばいいじゃんか。
夫の姉も「ママにしなよ」。甥はもうすぐ中学生なんだけど「パパママ」強制。
「おかっ」と甥が言いかけると「ママでしょ!」。
義父が「まぁ、外でちゃんとしてればいいよね」と言うと
「今は外でも普通になってるけど」。
私(26)が子供の頃はパパママって外で呼んでる子いなかったけど、
今は普通なのかなぁ。たまに「お母さんて呼ぶの?偉いね。今貴重だよね」と言ってくれる人はいるけど・・・。

673: 名無しの心子知らず 2013/06/03(月) 17:31:23.70 ID:7A/WTkLb
もうすぐ三歳娘
なかなか寝ないときに
「もしもしオバケさんですか?えっ、今から来るんですか?!」
みたいなエア電話したらすぐ寝てたんだけど
昨夜はオバケからのエア電話の直後におもちゃの携帯を取り出して
「もちもち、オバケですか?来ないですか?〇〇ちゃん(友達)のとこよですか?ばいばーい!」
と言ってニヤニヤ…

かわいにくたらしい!

233: 名無しの心子知らず 2013/09/03(火) 17:10:37.86 ID:3cioCyjl
流れ豚切ります。
去年の夏頃、新宿の整形外科の待合に座っていたら、小学校高学年くらいの男の子が足や頬から結構な血を流し、涙をボロボロこぼしながら入ってきた。屋外の階段で転倒したらしい。
そこは先生や受付の感じが凄く良いので人気があり平気で2時間は待つ所。看護師が急患さんなので皆さんすみませんと、待合で待つ私達に声を掛けて男の子は先に処置へ入っていった。みんな心配そうに見ていました。
1時間くらいでクリニックから電話が入ったらしく母親来院。綺麗目なキャリアウーマン風。
母親の姿を見て安心したの泣き出す男の子。
ところが、あちこち包帯で固定された息子を見た母親の第一声が「あんた塾はどうしたのよー!!」
おまけに受付で保険証を出しながら
「あんた達(病院)がチンタラ治療したせいで塾へ間に合わなかったんです!今回のお月謝はどなたが支払って下さるんですか!?個別なんで高いんですよ!息子は受験生なんです!!」と怒鳴り散らす…静まり返る待合。
その後も医師に治療内容の説明を受ける為に待つ間、雑誌を読みながら病院の前に塾へ行かなかった事をひたすら責め続ける母親。
静かに泣く男の子。。
私は途中で治療が終わったので顛末は分からないが、男の子の気持ちを考えると胸が苦しくなったよ…

271: 名無しの心子知らず 2013/09/04(水) 09:53:55.30 ID:jqWs2AT0
厄落としに書かせてもらいます。
縁日のくじ屋で当たりが入って無かったというニュースがあった後、児童館でママ友とその話題で話していた。
私はその手のくじ屋でPSが当たった事があるんだけど、もう持っていたので処分に困ったことがあるんだ~って感じで雑談していた。
その翌日、近所で空き巣があった。数日後に捕まった犯人は同じ児童館を利用しているギャルママ。
何故空き巣に這入られたのが我が家では無かったのかと言うと、我が家は鈴木や山田というようなありふれた名字でギャルママが我が家の正確な位置を知らなかったから。
実は児童館でママ友と話していた内容を聞かれていて、
どうせいらないなら王子()の為に貰っちゃえ☆でもこの場で言うと他のママがうるさいからこっちが貰いに行ってあげよ♪
と事件当日我が家(と思いこんでいた鈴木さん宅)に行ったが留守。
でもいらないって言ってたしもらっちゃっていいよね?と窓から侵入。鈴木さんちのPS3をお持ち帰りしたらしい。

274: 名無しの心子知らず 2013/09/04(水) 09:59:51.35 ID:jqWs2AT0
百歩、いや一万歩譲って持て余していると勘違いしたPS3だけを持ち帰ったのならまだ理解はギリギリ出来たんだけど、
ギャルママ、子どもにはどう考えても必要のない貴金属等もお持ち帰りしていたらしい。
そもそも私がくじで当てたのは“PS”で、10年以上前の話。当時すでにPS2を持っていたので今さらPS?
ってなったという思い出話をママ友にしてたんだけど都合よく解釈したらしい。
さらにギャルママの王子()は1歳にも満たないのでゲームで遊べるとも思えないし。(まぁ上に兄弟がいるのかもしれないけど)
話を聞いた時にクレクレとかならまだ非常識ながらも理解できる行動なんだけど、
貰いに行って留守だったから勝手に持ち帰るっていうのがキチだろうと思ったのでこちらに書くことにしました。
警察の事情聴取とかご近所のkwsk!な態度とか、鈴木さん(仮)に対しての申し訳なさとか、もう色々と疲れたよ。

103さんの補足の最中に書き込みしてすみませんでした。

502: 名無しさん@HOME 2013/05/30(木) 23:06:29.61 0
妹が就職して家を出ることになったとき、母親(毒)が発狂して包丁を持ち出した。
「就職なんかしなくていいからずっと家にいなさい!」とか言ってた。
止めに入った私は殴られ、妹は腕を刺された(軽傷だったけど)。
そのあと私と妹は手を繋いで家を出た。夜行バスの中で、私のケータイががんがん鳴ってた。
出ると「バカヤローてめー家を出やがって、ぶっ殺すぞ!」と。妹がケータイを折って窓から捨てた。
そのあとは妹と二人で暮らした。一度も実家には帰っていない。
先日妹が結婚した。

199: 名無しの心子知らず 2013/08/19(月) 15:03:40.48 ID:gx96xHPZ
流れをぶった切って、泥ママに幼稚園の発表会の服を盗まれたお話。

しばらく前の話。
幼稚園でお遊戯会があったときに、うちの娘とお友達のA君でデュエットして踊ることになった。
そこで、お遊戯用の服をこしらえたのだが、一週間前の幼稚園内での衣装合わせの時に娘の衣装が忽然と消えた。
いくら探しても、そのときいたママさん方の荷物を園長先生が見て回っても、出てこなかった。
仕方がないので突貫で同じものを仕立てあげて、発表会には間に合った。

そうしたら、発表会の日にグループダンスでその衣装を着て踊る泥子の姿があった。

200: 名無しの心子知らず 2013/08/19(月) 15:10:58.55 ID:gx96xHPZ
泥子踊りも上手く、衣装も可愛いということで評判が良かったが、私やA母さんや園長先生は茫然。
泥ママはセレブママグループ内にいつの間にか入っていて、こっちをちらりと見てドヤ顔。

地域的な色々があって、セレブママグループには園長先も強く言えないというちょっと情けない事情があります。
しかしそれでもさすがに見逃せないと、園長先生が意を決して話に行こうとしますが、とりあえずそれを止めて
「大丈夫、このまま進めましょう」と提案するAママ。
園長先生、さすがに「悪いことは悪いといわないと!」と抗議するも、Aママも私も自信たっぷり。

39: 名無しさん@HOME 2013/08/20(火) 12:18:03.76 0
コトメはうちから徒歩30分の距離に住んでいるのだけど、ある日電話で
「(毎日)私がお風呂に入っている間だけ、子供を看に来て。」
って言われて、ぽかーん。
その話の前に、
「子供がハイハイ出来る様になったので、目が離せない」とか、
「暑いからシャワー浴びたいけど、その間に何か起きたらどうしよう」とか、
「お母さんは仕事してるので、こんな事頼めない」とか、
何故こんな話を私に?と思いながら聞いていたけど、切れ気味に上記の
台詞を言われて、初めて私の方から
「だったら私が赤ちゃんの様子を観に行きましょうか?」
って言わなきゃならなかった事に気付いた。
勿論断わった。
悪いけど、病気とか緊急事態でもないのに、あなたのシャワーのために毎日
往復1時間かけて行く気は無いって正直に言った。
(もしかしたら呆れていたので、冷たい言い方をしたかもしれない)
それでコトメを随分怒らせたらしく、義実家で会っても無視されたけど、
痛くも痒くもないわ。

40: 39 2013/08/20(火) 12:36:33.30 0
続き。
コトメも黙っていればいいのに、大人げなく無視なんかするもんだから、
夫には挨拶くらいしろって怒られるし、トメから事情を聞かれるはめに。
コトメを庇う義理もないので正直に答えたら、皆が呆れて
「何故長男嫁さんに頼む?」「なぜ監視が必要?」「シャワー我慢すれば?」
と散々言われていた。
(ついでに買い物も頼むつもりだったらしい)
産後鬱でノイローゼって訳でもないのに、便利に人を使おうとするからだよ。

815: 名無しさん@HOME 2013/08/15(木) 16:24:25.04 0
叩かれるの覚悟で書き込みます。
コトメの上の子が難しい病気で都会の大学病院長期入院になった。
そのため下の子を預かって欲しいと頼まれた。今までコトメとは決していい関係じゃない。
病気のトメの介護について嫌味を言われたり、私の親にまで私の文句を言われたりした。
でもトメが亡くなりウトだけになった後義実家で同居している私しか頼める人がいないと
頭を下げられた。コトメ夫の実家はすでに兄夫婦と同居して共働きの兄夫婦の子供三人
面倒見ているから無理なんだそうだ。
いろいろ考えたがコトメに私は子供がいないので(小梨についても嫌味をかなり言われた。)
育て方がわからないから、私のやり方に一切後から文句を言わない約束を私の夫とウトと
コトメ夫立ち合いで書面にして下さいと言って書いてもらって預かった。
可愛くないかもと思ったが、意外と可愛い。どうもコトメは見た目もよく賢い上の子をひいきに
していたようで、下の子は否定の言葉しか言われたことがなかったようだ。
しかもかなり叩かれていた。遠巻きにしていた子供が、食事を作ってやり風呂にいれてやり
新しい服を買ってやり、幼稚園に入れて手作りの通園グッズを作ってやり
毎日送り迎えをしてやって、絵本を読んでやり寝かしつけていたら、笑顔が出るようになり
「かーちゃん、かーちゃん」とまとわりついてくれるようになったらものすごくかわいい。
かーちゃんは私の名前がか○○という名前でウトがかーちゃんと呼んでいるから。

816: 815 2013/08/15(木) 16:24:55.33 0
コトメは一時退院で戻ってくる上の子と数回帰郷していたが一度も様子を見に来なかった。
コトメ夫は最初はちょくちょく来ていたが、なついたのに安心したのか来なくなった。
長い闘病だったが上の子が治療の甲斐なく亡くなった。コトメは納棺で暴れるほど
泣きぬれて悲嘆にくれて、家にこもりきりになった。コトメ夫とは入院中に上手くいかなくって
いたらしく結局離婚話になった。そんなときにコトメは初めてもう一人子供がいることを
思い出したようで我が家に子供を引き取りに来た。でも子供は泣いて暴れて私にかじりついた。
「あんた!なに吹き込んだのよ!」と罵倒された。私の旦那に「恩知らずが!」と叩かれたが
私に殴り掛かろうとしたら一年生になった子供が「かーちゃんいじめるな!」と叫んだ。
それをみたコトメは言葉を無くした。いろいろ揉めたけどすでに浮気相手が妊娠していた
コトメ夫は子供がいらず、コトメもなつかない子供なんていらないと言うので
私達夫婦の養子になった。コトメは上の子の位牌を持って都会に出て行きました。
もちろん子供はいきさつはちゃんとわかっている。旦那からもちゃんと話したら
かーちゃんの子供になると言い切った。
今子供は高校生。180㎝で剣道に夢中の優しい男の子になった。いまでは呼び名は
「おふくろ」です。毎日おさんどんが大変で嬉しい悲鳴。
コトメとはもうずっと会って無い。


このページのトップヘ