注目の人気記事

575: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/27(金) 15:50:59.00 ID:nq19gKty
長文です
私が二十歳くらいの時、携帯会社の店舗でやってる懸賞に当選した
携帯所有者と連れのペア旅行券で、各地の結構高額な旅館から選べるというもの
日ごろのお礼も兼ね、仲の良い母を誘うと「行きたい!」と喜ばれ、親娘二人旅が決定した
人数の追加は実費負担(五万ほど)であり、父は不定休で出歩いても喜ばない性格なので除外
母へのプレゼントなので場所や日程の決定権を渡し、数ヵ月後に決まったその日をわくわくして待っていた
そんなある日、お盆で母の実家に行った
母が世間話で上記の懸賞旅行の話をすると、祖母が私を見て眉を顰めた
「なんで(私)と(母)なの?なぜ両親で行かせてあげないの?」
なんでお前が行くんだと侮蔑するように言われ、母は「だよねー」と笑ってた
祖母の言い方は酷く癇に障ったが、私が一番腹が立ったのは、笑って同意した母にだった
喜んでたのは嘘で、楽しみにしてたのは自分だけだったんだと思うと悲しくて虚しかった
その日の就寝前に「私は旅行に行かない。夫婦二人で好きに行けばいい」と母に言った
出来るだけ落ち着いて言ったつもりだったが、途中で涙が出てきて最後はしゃくり上げていた
財布に入っていた5万を置いて自分の部屋に引っ込むと、母が追いかけてきた
「どうしてそんな事言うの。(父)と二人で行っても、つまらないって分かるでしょ」
私は無性にイライラして、言うつもりはなかった言葉を吐き捨てた
「じゃあどんなつもりで笑ったの?私とは行きたくないんでしょう?
気が利かない思いやりがないって、なぜ私が詰られなければいけないの?」
そんなつもりはなかったと母は慌てていたが、今はまともに話を聞けないから出て行ってくれと頼むが
母が動かずに泣きだしたので、私が部屋を出て居間へ移動した
しゃくり上げが止まらずにいると母が追って来たので、もう来るなと言って部屋へ戻った
その日はティッシュ2箱を使い切ってタオルに染みを作りながら寝た
涙と鼻水はセットであり、しゃくり上げて泣くのは苦しいと思い出せた修羅場


671: 名無しさん@HOME 2012/09/21(金) 02:01:54.10 0
出産が人生一番の修羅場でした…
みんな大変だと思うけど。
私は腰が弱くて子供のころから仰向けに寝ることができなかったのですが、
分娩台って仰向けだよね。陣痛開始10時間から20時間のあいだ、子宮口がずっと7センチのままで
陣痛の合間に腰痛が襲ってきて、痛みに全くインターバルがなくなった。
「今ここに核爆弾のスイッチがあったら押すのに、そしたら楽になれる」ってずっと思ってた。
陣痛促進剤はまったくきかなかった。
ナースに「なんか吸うとかして出してください!」
ナース「そういう処置は危険を伴うから、最終手段なのよ。赤ちゃんに何かあったら大変でしょ」
「多少何かあってもいいから出してください!」
「何言ってるの!」
「じゃあ切ってください!」
「あなたね、こんなの全然難産じゃないわよ、我慢しなさい」
(このナースさんじゃダメだ!)そこに医者が入ってくる
「先生!もうダメです、死んじゃう!」(本当に苦しいのにさらに演技)
ナース「あなたね!」

自分のことしか考えてないやな妊婦でした
ナースさんには悪いことをした

612: おさかなくわえた名無しさん 04/03/22 11:48 ID:E5oMeQ3U
うちの父は何だか変な性格で、全然家庭人じゃない。 
家のことなんて全くしない。 
子供のようにわがままで、嫌なことがあるとすぐだんまりを決め込む。 
私に対しても甘やかしたと思うと、いきなり叱り飛ばしたり 
とにかく気難しい。 

反抗期だった私はなんであんな性格なんだろうね、やってらんないよ~、と母に言ったら 
「A子(私)も一人前の年だから…」と母が話し出した。 

父の父親は戦争で亡くなった。父の母はそれが元で 
精神がおかしくなり、父の姉と父を連れて 
線路に飛び込んで心中を図った。助かったのは5~6才の父だけ。 
それからは知合い中をたらい回しにされ、いじめられ、 
大変な少年時代を送ったらしい。
『だから性格がひねくれたんだねぇ(;´Д`) 。 
でも、何回も流産を重ねた後でA子が生まれた時、 
「天涯孤独な自分にも家族が出来た」って泣いたんだよ。 
お母さんは所詮、お父さんにとっては他人だけど 
A子はあの人にとって、一番の宝物だよ。』 

この話しを聞いたときは大泣きしてしまった。 
「家族を持ったことがないから、どうしていいか分からない」と 
母に相談していた父の気持ちを思うと 
切なくて泣けた。お父さんに優しくしないとなぁ…
 

276: 名無しさん@HOME 2012/06/28(木) 22:55:36.22 0
今から30数年間の修羅場。
当時、私は12歳の中学受験ど真ん中。
塾から帰ると両親が鬼の形相。

「お前、塾をサボって万引きしまくっているんだって?」

と父が私をグーパンチした。
勿論冤罪。
私の鼻血に興奮したらしい母は、父の竹刀を持ち出して私を乱打。
「違う」と言う余裕もなく、私は頭をかかえて丸くなり身を守る。
両親益々ヒートアップ。
私は両手足を縛り上げられ、殴る蹴る、竹刀乱打のサンドバック状態。
ついには、髪をバリカンで丸坊主にされた。
翌日、全身痣だらけの坊主頭の私は、縛られたまま隣町の文房具屋に連れていかれた。
勿論初めて行く店。
両親は私を店主の前に転がし、2人で土下座。

「この子・・・誰ですか?あの万引き犯はこの子じゃないですよ。
 名前が一文字違いの子ですよ。」

両親、なんだ~人違いか~で満面の笑み。
私は何故か縛られたまま再び車の後部座席に放り込まれ、帰宅。
ちなみにこの時の記憶は、両親の頭からまるっと消えている。

10年前の私の結婚式で、父が
「娘に手を挙げることなく、育て上げました」
とドヤ顔で語ったときは、流石に殺意が沸いた。

193: 名無しさん@HOME 2012/10/14(日) 01:00:47.29 0
流れは読まぬ。

親父の修羅場~末っ子出産前、予定日超過~
「胎内で既に死亡している可能性有、生まれたとしても何らかの障害がある可能性大。」との宣告を医師から受ける。

お袋の修羅場~第二子出産中、激しく逆子~
出産開始直後に逆子る→位置修正→直後に逆子る→修正→でも逆子る→修正→やっぱ逆子る
→修正しようとしても「だが逆子る!@赤子」→なぜか出る直前に勝手に位置修正してツルンっとお出まし。

祖母の修羅場~第一子出産後、…ない!?~
同時多発的に新生児の入れ違い事件発生。
孫のオムツを整えようとしたら、「ωが無い!?」
直後、廊下から聞こえる「A子ちゃんの子をどこにやったの!?(怒号)」や「B男!私のB男~~!!(号泣)」の叫び声。

598: 名無しさん@HOME 2012/10/18(木) 12:42:51.93 0
578っぽい修羅場だけど…

私は先祖返りのチョイ派手顔。(父方にロシア系が居る)
妹は母にそっくりの日本人顏。
普通に仲の良い姉妹として育って、偶然同じ年に結婚して先に私が出産。
私以上に先祖返りしている息子が生まれた。
一年後に妹にも女の子が生まれて普通に可愛い赤ちゃんなのに、妹が狂った。
「こんなブサイクいらない!
お姉ちゃんのとこの甥くんみたいな子が生まれるって思ってたのに!」
叩くわ殴るわ育児放棄するわで一時期は児相も巻き込んで大変だった。
今は遠く離れて住んで、妹家族とは極力接触を避けている。
本気で息子と姪を取り替えようとする血走った目を見たら、
もうあの仲の良かった妹はいないんだ…と虚しく、寂しくなる。

331: 名無しさん@HOME 2012/10/16(火) 13:35:07.12 0
話題替ります。
既婚子供一人産休中の兼業主婦です。
旦那の前に付き合っていた人と付き合っていたころは
生理痛がひどく寝込むほど。鎮痛剤飲んでもすぐ痛くなるほど
だった。生理事態も量も多くて最大ナプキンを二枚重ねしても
漏れるほど。ぐろい話でごめんね。
生理周期もめちゃくちゃで50日だったり40日だったり。
遊びに行く予定でも、生理が来ると行けないから元彼には
話してあった。

その元彼と結婚話が出たとき、元彼実家に初めて遊びに行ったら
元彼母から「生理が不順で重い子は不妊だ。うちは本家だから
後継ぎがいないと困る。うちの息子はあきらめてくれ。」と
ずばっと言われた。自分が不妊なんて思ってなかったから
「不妊なんてわからないです。でもどうして私の生理に付いて
知っているんですか?」と聞いたら元彼が家族の前でべらべら
しゃべっていたことが判明。でも元彼悪びれず「知って貰わないとな。
不妊だったらだめだけどどうする?産婦人科行ってみるか?」だと

もちろん不妊だろうとなんだろうとそんな話べらべら話す元彼がきもくて
速攻で別れました。あっちも不妊じゃなとか言って追いかけてきません
でしたのでちょうどよかったです。

今産休中で○オンをベビーカー押しながら歩いていたら
「おい!その子誰の子だよ。不妊だからって誘拐はいかんぞ!」と
声がしたので見たら元彼とその母。
ものすごくむかついたので、持っていた母子手帳を見せてやりました。
「産めんのかよ。」とか言っていたようです。さっさと置いて来ました。
元彼の家と方向違うのになんでいるんだか。
しばらく○オンには行きません。
生理は子供産んだら生理痛も軽いのものなり周期も28日になり
量も軽くなりました。

782: 名無しさん@HOME 2012/10/11(木) 09:19:49.95 0
幼稚園前の話。
前後の事情は覚えていないが、
おもちゃの真珠のネックレスがちぎれて
つぶが一粒、耳の穴に入った。
子供の頃から耳の穴の大きい子でした。
自分で耳かきで出そうとするも、つるつる滑って
どちらかと言えばどんどん奥に行く。
親がやっても同じで、あわてて最寄の救急病院へ
連れて行かれた。耳鼻科に行った方がいいと
言われて、そこからまた耳鼻科へ。
当日は土砂降りの雨だった。
父不在で、母は車を運転できず、母の自転車の後ろに
乗せられて、カッパを着せられて、叩きつけるような
雨の中を移動した。激しい雨に打たれながら、
不安で不安で「もうしませ~~ん」とわんわん泣いた
あの時の心情を思い出すと、4歳ぐらいだかの自分の
修羅場の心情に戻ってしまう。

耳鼻科ではあっさり取り出してくれました。
「なぜこんなものが耳の穴に?」と首をひねりながら。

252: 名無しさん@HOME 2012/10/14(日) 22:00:49.08 O
取り違え修羅場に便乗
病院で母が私を産んだ同じ日、同じ時間にもう一人女の子が産まれた。
翌日母乳をあげる為、母がヨタヨタしながら新生児室に行くと看護士さんがオロオロ
聞くと私ともう一人の女の子、どっちが母の子なのか似過ぎてて判別出来ないと半泣き
母は「私はスルンと産んだ。だからこの子だ!」
と内心思いつつ
「あ、こっちが家の子です~」と頭がまん丸な私を連れて行ったそうな。
もう一人の子は頭が少し瓢箪の様になっていたらしい
母「だからあんたは、ひょっとしたら私の子じゃないかも知れなかったのよ~」
姉、強張った顔の私に慌てて
「お母さんにこれだけ似てて、そんな訳無いよアハハ」
と言ってくれたけど、ピー年間育ててもらって有り難いと思ってるけど、吃驚したよ母さんorz


このページのトップヘ