注目の人気記事

95: 1 2014/01/13(月) 00:42:01.72 O
携帯から失礼
叩かれるだろうけど書く

誰にも言ったこと無いけれど私の娘は軽度のアスペルガーじゃないかと疑ってる
今はちょっとKYな天然くらいな感じだが、昔は周りの子に溶け込めず(気が強いからいじめられはしなかったが)本当に親子共々苦労した
そんな娘の特徴に、言葉にしなきゃ分からない・すべて鵜呑みにするってのがある
これをクソトメへのDQN返しに利用させてもらった


96
名無しさん@HOME 2014/01/13(月) 00:52:46.68 O
クソトメは私のことは心底嫌ってたけど娘のことは溺愛してた
旦那が長男かつ初孫ってこともあり、また娘自身根赤で素直で年上受けがいいタイプ、バカな子ほど可愛いってのもある
あとクソトメは自慢好きなんだけど、それにも「おばちゃんすごいね!」って純粋に言うから
自慢だけならまだいいんだけど、クソトメage私sageが鼻につくようになってきた
娘はなんでも鵜呑みにするからクソトメフィルターかかっても分かんないんだよね
娘に「お母さんって最低」とか言われて、イジメに耐えてきた私も凹む凹む



602名無しさん@HOME 2014/05/05(月) 23:13:15.27 0
俺の修羅場

転勤になり、引っ越しをすることになった
俺の両親、義両親も手伝ってくれた
そん中、一つの段ボールがひっくり返り中身が床に投げ出される
注目する両親、義両親
その中に入ってたのは、嫁との行為で使用する玩具
バ〇ブ、コスプレ衣装、過激な下着、アイマスク、手錠、ローション……
数多くのコレクションが床に散乱した

そして空気は凍った
それ以上に、俺と嫁は魂が天に召され、抜け殻になった

471素敵な旦那様 2005/06/09(木) 15:54:09
息子が死んだ・・・・・・
おまえら大切にしてやってくれ・・・・・・・


474素敵な旦那様 2005/06/09(木) 16:08:23
>>471
まじでか・・・

478素敵な旦那様 2005/06/09(木) 16:21:01
>>471
いくらムスコンでも後は追うなよ。息子だって喜ばないぞ。ガンバレ


479
素敵な旦那様 2005/06/09(木) 16:36:26
471だが、マジだ。
ここの住人だったが、もう俺は・・・・
愛する一人息子との夢も儚い幻になってしまい、死に対してとても敏感になってしまったよ。
でも、いつか俺はここに戻ってくる。
みんな子供を大切にしてやってくれ、ここの住人なら言わなくても大丈夫だろうが。
おまえらが羨ましいよ・・・・・

859: 1/3 投稿日:2011/07/23(土) 09:59:54.74
隠し事…で思い出した、個人的には修羅場だったこと。

金銭問題と旦那の性格(DVもないし、悪人ではないが家庭向きではない)が
原因で、特にもめることなくお互いの話し合いで離婚した。
金銭がらみで、恥ずかしながら離婚の少し前に自己破産もした。
子供が一人いたが、私のほうが育てる能力があったし(仕事の収入が良かった)
もちろん手放す気はさらさらなかったので母子家庭になった。

その後、彼と知り合い付き合いを深めていった。
はなから「子供がいる、×1」ということを隠さなかったし
真剣に付き合ってくれてるのがわかった時点で自己破産のことも話した。
それでも態度が変わらず、子も可愛がってくれていたし
「結婚したい」とも言われたので、彼の実家に顔見せ、というか
挨拶がてら、子を連れていったりもした。


結婚したらどこで生活しようか(彼の職場が私の現住所と離れていたため)
なんて話が持ち上がり始めた頃、私が妊娠してしまった。
彼は妊娠を喜んでくれたのだが、どこかしら態度がおかしいような気がした。
しかし話は進み、彼と結婚するには私が彼のほうに引っ越すのが妥当だろうと
勤めていた会社も退職し、後は引越し等の手続きをするまでになった時
「ちょっと話がある。親も一緒に行く」と彼から連絡があった。

急な連絡だったため「親も来るならもっと早く連絡してよ!」と
あわてて部屋を片付けたりして出迎えると、彼も両親も暗い顔をしていた。
何故そんな顔をしているのかまったく心当たりがなく不思議に思っていた。
「実は…」と彼が話し始めたのは、借金問題だった。

現時点で約300万の借金がある。理由は飲み屋がらみ。
(クラブのお姉ちゃんにプレゼントしたりだったそう)
枕営業でだまされたとか男女の仲狙いではなくて
単にプレゼントをあげる→ちやほやされるってのが嬉しかったらしい。

632: 名無しさん@HOME 2014/05/08(木) 17:23:21.76 0
嫁が浮気してたwwww





って釣りで2ちゃんに書き込んでたら、嫁が本当に浮気してたこ

633: 名無しさん@HOME 2014/05/08(木) 17:29:54.32 0
kwsk


635: 名無しさん@HOME 2014/05/08(木) 17:41:03.80 0
>>633
板違いだから、流れだけ書く

俺PCで「嫁が浮気してたwww」とか書き込み、お前らの反応を面白がる

嫁帰宅し、「何してるの?」

俺が「いや、(釣りで)嫁が浮気したって書き込んでんだよ」

嫁絶句し、「・・・・なんで?」

俺が「いやだって、笑えるじゃん」

嫁が急に震え始め、「許してください」と謝罪

俺ポカーン
そして全てが発覚し、室内は修羅の国と化す

こんな感じ

636: 名無しさん@HOME 2014/05/08(木) 18:09:50.82 0
バズーガとかでてきたんか

560素敵な旦那様 2006/01/21(土) 00:09:01
うちは結婚して20年、長男は高3になる。
その長男、小学校2年生の時から野球を始め
3度の飯より野球が好きと言った風だった。


高校の進学先を決める段になった頃、
息子が希望したのは、甲子園の常連校、名門中の名門。
その上、県外ときている。
周囲の反対も聞かず、結局一般入試で彼はその高校に進学し、
同時に野球部寮に入った。

名門ではあるが、一般生の入部も受け付けているその高校。
念願の野球部には入れたものの、同学年だけで4チームも5チームも
出来るほどの人数の上に、監督さん自らが引き抜いてきた選手もゴロゴロ。
中学校では多少腕に覚えのあった息子だが、たちまち現実の厳しさに直面したと思う。

いつ練習を見に行っても、息子は真っ黒になってボールを追いかけていた。
いつ試合を見に行っても、息子はスタンドから仲間を大声で応援していた。
それでも、そんな息子の姿を見たくて、妻と一緒に片道4時間の道を車を走らせた2年半だった。

昨年8月。
息子に引退の時がきた。
自宅に戻って来た息子が玄関先で出迎えた私と妻に向かって
小さな小瓶を差し出した。
瓶の中には、チームメイトがスタンドの息子のために持ち帰ってくれた土が入っていた。
それを差し出しながら、照れくさそうな顔で息子が言った。
「お父さん、お母さん、今日まで何不自由なく野球をさせてくれてありがとうございました」

妻が泣いている。
私も溢れる涙を止めることが出来なかった。
「お疲れさんだったな」
そう言って息子の坊主頭をブンブン振り回すしか出来なかった。

あの日から、私は少しだけ自分が変わったような気がする。
大学に進学する息子に、4年後また嬉し泣きをさせてもらえるように
まだまだ頑張ろうと思う。

69: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)10:13:01 ID:???
マイホームを建てて引越しを終え、ご挨拶のご近所回りをした時に
隣家の奥さんが「お隣さんが同世代で嬉しいわ」と歓迎してくれた。
「仲良くしてくださいね」とか言われて、
その時点ではおかしな人だとは思わなかった。
お互い犬を飼っていたので、散歩途中に会ったりすると少し立ち話をする程度には仲良くなった頃
なんの脈略もなく突然Aさんに
「今度あなたの家のデッキでBBQやりましょうよ」と言われた。
表からは植木等でよく見えないけど、我が家にはウッドデッキを設置してある。
ちょっとお茶が出来る程度には広くてテーブルも置いてある。
でも本当の設置目的は、たまに遊びにくる義母が車椅子で玄関からは入れないので
ウッドデッキにスロープを取り付け、そこからリビングに入ってもらう造りにしてあるんだ。
回覧板持ってきたときにデッキがあるのは見えるけど、
互いの家に行き来したこともまだなかったのに
何故急に「うちでやりませんか?」ではなく「あなたの家でやりましょう」になるのか。
「ごめんね、うちの旦那あんまりそういう付き合い好きじゃなくて。
 それにBBQの道具とかうちにはないから」
って断った。そしたら
「大丈夫よ。家族ぐるみでってんじゃなくて私も友達呼ぶからあなたも呼べばいいし。
 BBQセットなら誰か持ってるわよ」
って言われて益々???。
今後の付き合いもあるし、ここは快く場所を提供した方がいいのかなとも思ったけど
その一方で身体の中から「要注意人物!要注意人物!」とサイレンがガンガン鳴ってた。
「ごめんね、悪いけどうちでは無理だわ。どこかキャンプ場でも行きませんか?」と断った。
それから暫くして、友人が遊びにきて天気が良かったのでデッキでお茶してたんだ。
そしたら次の日に犬の散歩に出たら待ち構えていたように出てきて
「昨日デッキでお茶会してたでしょ?ああいうのやりましょうよ!」と言ってきた。
だから何故うちでやること前提なのよって少しイラッとした。
それにいちいちこちらの様子を伺ってるのかと思ってそれも嫌な気分だった。
適当な理由をつけて断り、犬の散歩は暫く車で緑地公園に行くことにしてなるべく顔を合わさないようにした。
それでもたまにバッタリってこともあったけど、挨拶もそこそこに「急いでるので!」とかわし続けた。
それから半年ほど経っただろうか、ふと気が付くと最近Aさんを全然見かけないなーと思ったけど
まぁ見かけるよりはいいかと気にしてなかったが
少し離れたお宅の奥さんと仲良くなり、思い出したように最近Aさんみないねって話したら
驚いたことに元々Aさんはあの家の住人ではなかったんだ。
あの家の旦那さんはずいぶん年配の方で、奥さんの長期入院中に愛人だったAさんを家に連れ込んだら
退院してきた奥さんにバレて、奥さんが出て行ってAさんが棲みついてしまったそうだ。
なんだかよく分かんないけどそれでずっと揉めてて、最近見なくなったのは
何かしらカタがついて出て行ったんだろうとの事で、今は貸家になってるらしい。
いなくなったのは嬉しいけど、一度そんな目にあったら
今度どんな人が入ってくるのか怖くてたまんない。

343: 素敵な旦那様 05/01/16 13:09:28
争いって言うか、嫁が一方的に母を嫌っている。 出産の時も、嫁が良いと言うまで病院に来なかった母が 3日目にやっと来て「嫁子さん、おつかれさま!」 と言っただけで「帝王切開で産んだ人には、私の苦労は分かりません!」と叫んだ。 そういうお前も、帝王切開の苦労は分かってないんだろ・・・ 俺はそれで産まれたのに。 母は、出産の頃は気持ちが不安定だからいいんだ。と言うが、 その前後も母がちょっと連絡してくるとピリピリし始める。 どうやら周りの嫁姑問題や、TVやネットで見た姑で イメージが固まりきってるみたいだ。 そういう性格を見極められずに結婚したことを、ちょっと後悔している。

603: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/04(日) 13:56:04.53
GW中の都合で年頃の姪っ子を1日預かる事になって、特に反抗的ではなく口達者でアイドル状態になった。
一緒に名所を巡った帰りに立ち寄った飯屋で、冗談で髪の毛を全体的に動かしてカツラだと言ったら、
嫁や娘も話を合わせてきて、姪っ子は信じられない様子から沈んだ表情になって「裏切られた・・最悪・・・」
そんなに自然に無い髪を有るかのように見せてるなんて最悪・・騙してる。
とか、まぁ沢山の不満な言葉に俺は、被ってないと炎天下で日焼してたまらんとか、毛のついた帽子だと思えばとか
色々と言ったが、納得してもらえず気に食わない様子。
家に帰ったら真の姿を見せて!と言うから家に帰ったらね。という事で帰宅。
その話には触れず、歯を磨いて寝ようとしてるところに姪っ子登場。
本当の姿を見るまで寝れないと言う。
仕方ないからカツラを取るふりして、カツラじゃなくて本物でした~って言ったら、ナニソレ!?もぉ~また裏切られたぁー!
と言いながら納得いかないような安心したような嬉しそうな顔して、寝床に戻っていった。
年頃の少女にとってはカツラは罪なのかもしれん。
俺的には女の二重整形とか巧過ぎる化粧の方が罪だと思うんだがな。

84: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)21:48:47 ID:???
盛大に笑ってもらえるとありがたい。血液型についての衝撃だったこと

自分は四人姉妹。三番目の姉だけが以前ちょっとした病気で血液検査をし
O型であることが分かっていた。
父親も昔蓄膿の手術をしたのでB型だと確定。
母親、今回の台風の目。これがずっと私はB型なのよ!と幼い頃から
そうきかされて育ってきた私
ここまでが前提

結婚して赤ちゃんを授かり、私は生まれて初めて血液検査をした
病院で教えてもらった結果が「A型」検査結果のカードを見て固まる私
「え?A型って間違いないんですか?」
って思わず受付で聞いたのを覚えてるw
その後がもう大変だった。調べては見たもののB型同士からは
A型は産まれない・・・・。
落ち込んだ。ものすごく。旦那には随分心配をかけてしまった
旦那は「電話してお母さんにちゃんと聞いてみな?」って何度も言ってくれて
やっと母親に決意の電話ができたのが3週間後
「実は血液型がA型だったんだよね・・・?」
とおそるおそる母親に言ってみると
「え!?まさかそんなはずないわよ~」
とカラカラと笑う母親に殺意さえ覚えつつ間違いないと伝えると
「・・・ちょっとまってて」
ってそういうとどこかへばたばたと移動する音。そして戻ってきた母親は
「あらあああ!!!今母子手帳みたら、私A型だったわ!!!!」
「ふぁあああああ!?」
もう全身の力が抜けてしまった。ずっと悩んでいた3週間をかえせ!!!
って本気で腹が立った
「いやだわもう!どうしましょう!ずっと私B型ですって自己紹介で言ってきたのよう!」
学生時代からそう自己紹介してきたのは知ってるけど・・・
四人も子供を産んでおいて自分の血液型を間違えて覚えてるっていったいなんなんだ!
って我が母ながら衝撃だった出来事



このページのトップヘ