注目の人気記事

678: 名無しさん@HOME 2013/04/29(月) 21:56:19.16 O
買い物済ませて車に戻ったら、4才くらいの洟垂れ男児を連れた知らないオバサンがへばりつくように窓に顔をくっつけ、必死でドアをガチャガチャしてた
一瞬目の前の光景にぽかんとして、「どうしたんですか?」と声を掛けた
オバサンはドアをガチャガチャさせながら、「いえね、鍵を中に入れたまま鍵閉めちゃったのよ~。くぅー、開かないわねぇ」
こちらを向かないまま取手が取れそうなくらいガチャガチャ言わせているオバサン
でもオバサンがへばりついてる車はどう見ても自分の車なんだよ
で、ぽつりと「…車、間違えてませんか?」と我ながら間抜けなセリフ。
そこで初めてオバサンが「え?」と顔を上げる
「いや…これ、私の車なんですけど………え?」
と、突如オバサンが目の色変えて私に掴みかかってきた
「鍵ッ!!!鍵寄越せ!!!!!」
咄嗟のことで反応できない私。爪が頬に当たって痛かった
と、そこで警備員(どうやら近くに車停めてた人たちが不穏な空気に気付いて呼んでくれてたらしい)がオバサンを止めてくれて、何とか事なきを得た

因みに動機は、私の車に乗ってた折り畳み自転車盗りたかったんだって
曰く、「車があるなら自転車いらないじゃない!だから貰ってあげようと思っただけ」
うちの近所は自転車の盗難が頻発していて高層マンションの自室まで自転車を持って上がっている人が多いけど、重かったから車に乗せてただけだい(ノд;)


582: 名無しさん@HOME 2013/04/28(日) 13:46:21.29 0
うちも似たような感じだわ。
少し長くなるかもしれないけど、吐き出させてくれ。


元々は父・母・俺の三人家族だったんだが、俺が小5のとき母が浮気して両親離婚。
養育費のためだけに俺を引き取った母だったが、
浮気相手(以下A)とその後結婚して弟妹二人が生まれる。
ちょうどその頃実父が事故死。
実父の親族は俺だけだったので、結構な保険とか土地家屋の相続があったらしい。
でも実父はしっかり後見人等を弁護士?に依頼していて、
実の母親でも俺が20歳になるまでは金を引き出せないようにしていた。

母とAは金に手を出せないので俺を殺して手に入れようと画策。
(俺を殺せば、母に遺産が行くかららしい)
それまでも随分と虐待されていた事もあって、
本気で身の危険を感じてその弁護士のところ(名刺を隠し持ってた)に逃げた。
ちなみにこれが16の時こと。

父の遺産はそのまま後見人の人に管理してもらい、俺は高校卒業まで施設へ。
大学にも行ってみたかったけど、それよりも自力で生きることが大事だと就職。
ちっちゃな会社だけど社長はすげーいい人だし、恋人と呼べる人もできた。

20歳のとき改めて弁護士が来て、父の遺産を受け取ったんだが……
そのことを聞きつけてきた母から電話が来た。
なんでもAが会社をクビになり、そのまま再就職もせずに遊んでいるらしい。
母のパートで食いつないでいるがこのままじゃ弟たちを学校に行かせることもできないので、援助してくれだとさ。

とりあえず場所を指定して会うことにした。

424: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/03(木) 10:19:52 ID:bjy2TIXA
母親の神経が分からんよ。
若い頃にした手術が原因で、今、胃腸の働きがえらく弱い。
ここ三年で十回は、腸閉塞寸前で救急車呼んでる。
年齢も年齢なので、こうすれば治る、再発しない、
というのがないのだそうだ。

で、医者から、少量を回数多く食べるようにと助言をもらった。
が、まったく言う事を聞かない。
私や父が言っても、「大丈夫よ」「大丈夫よ」で聞く耳持たない。
そんで結局、今日、また調子悪くしてやがる。
そういう時だけ泣きそうな顔で「情けない」だの言うのだが、
医者の言いつけを守らず調子が悪くなったわけだから、
泣きベソかこうが何しようがもう同情も出来ません。
本当は調子が悪いのにぎりぎりまで我慢して、
最悪の状態になってようやく救急車を呼ぶのにもううんざり。

「家族に迷惑かけるから…」と言うが、単に口だけ。
調子悪いのを「大丈夫よ」でごまかして、夜中まで我慢した挙句救急車呼んで、
日をまたいで入院手続きやらに付き合わされる方がよっぽど迷惑です。
いつまでも目を逸らしてないで、いい加減自分の持病と向き合ってほしいね。
医者の言う事聞かない病人に振り回されるのはホント疲れる。

676: 名無しさん@HOME 2013/04/29(月) 21:03:06.54 0
小学校の高学年の頃、すごく仲が良かったけど、目的の物を盗んだ途端に豹変する泥子がいた。
私がお気に入りのピンク色の消しゴムをなくした次の日、仲良しの泥子の筆箱に入ってた。
「その消しゴム、、」と声をかけたら、泥子の筆箱の中の、複数ある消しゴムの中から
ピンク色の消しゴムを取り出して「これ私のだよ」とニッコリ笑ってて、寒気がした。
「消しゴム」だけで良くピンクのだとわかったね。それ、私の名前が書いてあるよ。何て言えないくらい怖かった。

私の消しゴムを盗んだ途端に冷たくなって、目の前で私の悪口を言い始めて、盗まれた悔しさやら
悪口を言われた辛さでパニックになって、泣きながら怒ってしまった。
家に帰って親に言ったら、泥子の親に電話して事情を説明してくれたけど、電話口で泥子の親に
「このピンクの消しゴムは私が娘に買ってあげましたけど?!!前々から持ってましたよ!?」
と怒鳴られて、こんな大人がいることに驚いて、血の気が引いた。

泥子が親に違う消しゴムを見せたわけじゃないと思う。
昨日まで私の消しゴムを羨ましがってて「これどこで買ったの?私ピンクのは持ってない!」と言ってたから。

泥子は上手く立ち回って、先生をしっかり味方につけてた。後で、消しゴムに私の名前が書いてあるのを確認した上で
返して欲しいと頼んだけど「これは私の!」の一点張りで返してもらえなかった。
悔しくて、クラスメートに「泥子ちゃんに盗まれた、、、」と愚痴ると
「それ鉛筆でしょ?私も盗られた」「私、ノート!」「○○君は前、下敷きを盗られたんだよ」と数人に聞いて驚いた。
可愛い物を見つけると親しいふりをして近づき、盗むのを繰り返していたらしい。
知っている人は知ってて避けてたらしく、中学校も泥子と同じだったけど、ほとんどぼっちだった。

それまでは、大人しくて可愛くてすごく良い子だったので、自分が盗まれてもまだ信じられなかった。
親がアレだから、今頃は立派な泥ママになってるだろうな。
多分、人生初の修羅場です。

94: 名無しさん@HOME 2013/03/06(水) 20:25:17.53 0
祖母が若いころの話。お隣の家がすごい子どもを虐待する家で、そこんちには女の子がいたんだけど
顔はいつも腫れてて目がどこにあるからわからないくらいだし、頭もぶよぶよしていたらしい。
毎日必ず女の子が泣き叫ぶ声が聞こえてて、祖母がたまらずお隣の家の奥さんに虐待をやめるように頼んだら
「ぶち殺すぞ!」と叫ばれたそうだ。ご近所の方もみんな心配してたけど、戦後まもなく、子どもを守るような体制が
とれておらず、虐待とかいう言葉も浸透していなかったらしい。
その子はガリガリで、手足が曲がっていて(骨折?)まっすぐ歩けず、耳は難聴ぎみで話しかけてもあまり会話にならなかったそうだ。
あるとき、ひどい虐待が庭で行われて、祖母はお隣の垣根を越えて助けに行ったんだって。
すると、不法侵入で祖母は警察につかまってしまった。むろん、すぐ釈放されたけど。
その女の子は、その日の夜に二階から転落死した。事故だったので親は一切おとがめなし。
今でも祖母は悔やんでいて、私が小さいころは、その子を思い出して泣いたりしたらしい。

239: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/03(木) 13:26:43 ID:LwbPf4E1
結婚の約束して親にもお互い会って付き合ってた彼氏の子供を妊娠した時、

彼氏が逃げた(・ω・)

生きてきたなかで1番衝撃的だった
最終的には取っ捕まえて慰謝料もらったけど

結果流産するし、仕事も2週間くらい休んでしまった
今年の夏の話し
最近やっと立ち直ってきたけど

人間怖い(;´∩`)

203: 名無しの心子知らず 2008/12/01(月) 23:54:57 ID:Uay8hIEA
流れを豚ギリ&乱文だったらスマヌ投下

べビ○ラスでオムツなどを購入。うちが使っているのはウルトラ+なんだけど
これにはおまけで袋をレジでもらえる。その日は7000円以上で1000円の割引券も貰い
帰ろうとしたところで1歳くらいの女の子を連れたせこケチ登場
せこケチ「お宅の子は男の子ですよね、男の子にスヌーピーの柄って変なので
その袋貰ってあげます。割引券も付けてくれても良いですよ」と言われた。
『こんなこと言う人って本当に貰ってあげる。って言うんだ、しかも割引券まで
付けてくれてもいいって』と固まりつつも思ったらついつい爆笑してしまった。
せこケチ「何よ、急に笑い出して変な人ね!良いからうちの姫に袋渡して割引券も
付けなさいよ!」
私は更に『姫って言ったよ、姫って』と更に笑いが止まらなくなり、せこケチが更に
何か言ってきたがもう完全に笑いモードなのでよく分からなかったがついつい
私「いや~いいもの見せてもらった。久しぶりに大笑いできたよ。ありがとう」と
言ったらせこケチ固まっていたw
そのまま、店を出て帰ってきたけど相手が追いかけてこなくって良かったと
冷静になった今なら思うが、思い出すだけで笑いが止まらなくなる。


615: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/13(日) 07:49:06 ID:oV5WguEA
なにげなく見てたドキュメンタリーに、ひい爺ちゃんが映ってた事。
最初に気づいたのは今年90になったひい婆ちゃん。
「あれぇ、ここに映っとるの、あん人じゃなかと?やっぱりそうじゃ」と、嬉しさのあまり大号泣。
「風神」(神風?)と書かれてる日の丸鉢巻きを飛行帽の上から巻いた青年が、仲間達と笑顔で握手して戦闘機に乗り込むシーンだった。
仏壇に飾ってある、白い軍服姿のひい爺ちゃんの顔と見比べたら間違いない。
衝撃的というか、戦死する前の最期の姿に私も感動して泣いた。

325: 可愛い奥様 2010/06/14(月) 14:33:17 ID:trmI4JAn0
子供のころ、父親がどうしようもない借金馬鹿だった。
母親や親族がいくら尻拭いしても、性懲りもなく借金をこさえて
とうとう、どうにもならなくなってトンずらこきやがった!

母親も母親で、こういう父親を愚痴りながら、罵倒しながらも
やっぱり身捨てられない共依存タイプ。

この両親のお陰で、私は周りから馬鹿にした目で見られたり
尻拭いで金銭的被害にあった親戚たちから嫌味を言われて
育ったせいか、少々物事を斜に構えた嫌な子供に育ってしまったと思う。

で、10歳の時、そのトンずら中の父親から電話があり
たまたま出た私に「父ちゃんはもう駄目だー、今から○○(近所の山の某所)で
首つって死ぬから、お母ちゃんに世話をかけたと言っておいてくれ」との伝言。

いやぁもう、10歳の私でも「お母ちゃんに知らせる=助けてもらる」っていう
誘い受けだと見え見えで、馬鹿馬鹿しくなって
「うん判った」と言って電話を切った後
帰ってきた母親には伝言を伝えなかった。

それっきり父親は行方不明だ
あの馬鹿父が、一切母親や親戚に金の無心もせずに生活できるとは
思えないので、親戚一同「???」だけど、結局私は父親の伝言を
誰にも伝えなかった・・というより言うに言えなくなった感じ。

まぁ、その某所から死体が出たという話も聞かないし
多分、父親のはったりだとは思うが
どこかで野たれ死んでいるならともかく
自殺していたらちょっと嫌だな

141: 名無しの心子知らず 2013/07/07(日) 20:58:24.97 ID:sJmcoscZ
昨日、2歳なりたての息子を義実家に連れて行った。
食が細くて好き嫌いも激しいのでおやつは持参。
14:00~17:00の約3時間の滞在中にトメさんからすすめられた食べ物。
カステラ…初めてだったけど食べたそうだったので1切れだけ食べさせてみる。
時間がかかったが食べた。
シュークリーム…さっきカステラ食べたばかりなのでと断りつつ私・ダンナ・ウトさんで食べる。
メロン・モモ…やっぱりシュークリーム食べられないなんてかわいそうと剥き始める。
息子は食べたくない物は口から出してしまうのでべぇっとされて終了。
私・ダンナ・ウトさんで食べる。
ヨーグルト…朝食にヨーグルトを食べたという話をしたら出して来た。
夕飯の時に食べさせますねと持ち帰る。

普通に食べる子だったら肥満になると思う。
ウトさんは預かりたくて仕方ないらしく、生まれて一週間もしないうちに
「預かるから旅行にでもいって来い」と言い出してから会うたびに壊れたラジオのゃうに繰り返す。
悪い人ではないんだけど、うっとおしい。


このページのトップヘ