注目の人気記事

448: 名無しさん@HOME 2011/06/04(土) 16:20:24.27 O
妊娠前は「早く孫産め」「石女はイラネ」だったトメ。
私たちは「まあ、孫の顔が見たい故の暴走」と気にしないようにしていた。
しかし、妊娠すると「息子と子作りなんて穢らわしい」「本当に息子の子なの?」「お前の血を引いた孫などいらない」などと暴言を吐くように。
検診に出掛けたようとした時に凸してきて、上記のようなことを捲し立てたトメ。
その時、すべて聞かせて貰ったばりに現れた旦那。検診に付いていくと有休取ってくれてたんだよね。
「これは違うのよ」とアワアワするトメに向かって旦那が捲し立てた。

「親父と子作りして俺を産んだお前は穢らわしくないのか」
「俺が嫁子に浮気させるようなボンクラだとでも思っているのか」
「俺が妻にと選んだ嫁子が気に入らないならわざわざ会いに来るな」
「嫁子の血が入るのが嫌なら生まれても可愛くないだろうから一生会わせない」
「これがストレスになって流産でもしたらお前は人殺しだ」
「もうお前は母と思わない。縁を切る。赤の他人だからまだ居座るなら警察呼ぶ」

トメは最初は何か喚いていたけど、警察の言葉でフラフラと出ていった。
それから旦那にはウトから連絡あったみたいだけど、「何も心配しなくて良い」と言われどうなったかは知らない。

子が無事1歳になったのでカキコ。


766: 本当にあった怖い名無し 2013/10/21(月) 00:44:48.66 ID:UoX2wX/W0
結果的に復讐?仕返し?となった話です。
文才ないから長文許してください。

俺の顔はかなりの童顔で低身長wこれまで年相応に見られたことは一度もない。
だから中学・高校時代は女子からは完全にガキ扱いで恋愛対象として見られることはほとんどなかった。

そんな俺でも恋をしたことはあって、中学時代に一度だけ告白をしたことがある。
んで俺は放課後に当時好きだったAを呼び出す。しかし指定した場所には取り巻きのBCもくっついて来てた。
最初はBCにどこか別の場所に行くよう言ったが、Aからのお願もあり渋々BCの同席を承諾。BCの空気の読めなさには腹立ったがその場で告白した。

54: 名無しさん@HOME 2011/04/07(木) 10:02:07.73 0
ああ…。
同じような修羅場高校の時あった。

クラスの女子なんだけど、妊娠しちゃったのを気づかず、自宅で生んじゃったんだ。
体育とかも全然普通にしてたから誰も分かんなかったみたい。
で、相手が先生だったからもう、それはそれは大変なことになった。

872: 本当にあった怖い名無し 2013/10/23(水) 13:01:30.40 ID:opdgHA780
以前こちらにも投稿したが、息子の幼稚園の担任がかなりDQNだった。息子のせいでリレーがうちの組は遅くなる等の暴言に加え、連絡帳をかいてもスルーされ、平気で数日間放置。
半ば泣き寝入りで幼稚園を卒園し、もうあのときのことは忘れようと、親子ともに再出発した。しかし復讐のチャンスは突然廻ってきた。

882: 名無しさん@HOME 2013/08/02(金) 23:55:34.98 0
修羅場を書きこませて下さい。

父のDVがひどく、それに耐えきれなくなった母が私(当時3歳)を連れて夜逃げしたので私は父の顔も名前も覚えていません。
父親という存在を知らないまま育ち、居候先の親戚に虐待されたり、酔っぱらった父が襲撃して私を連れ去ったため警察にドナドナされたりと、
色々ありましたが母となんとか2人で暮らしていました。
私が成人して数ヵ月後、母に「話しておきたい事がある」と呼びだされました。
「あんたには腹違いの妹がいる。あのアホ(父)がどっかの女と作った子供らしい。会いたいか?」と衝撃の内容を聞かされたのが修羅場。
一人っ子で育ってきたのでずっと兄妹が欲しかったし、散々迷ったのですが母を父関係の人ともう関わらせたくないと思い会わないと返事しました。
しかし、数年後に父が他界し、線香でもあげに行ってあげようと母と父実家に行ったら、なんとその腹違いの妹とその母親と遭遇。
今日私たちが来るとどこからか情報を仕入れて待ちかまえていたらしく、
「(私)ちゃんよねぇ?ほんとお父さんそっくりだわぁ~!うちの娘を紹介するわね。あなたの妹でもあるんだから。ほら花子(仮名)挨拶しなさい!
 ごめんねぇ、この子人見知りでぇ~お父さんに似たのかしら!あはははは!」
と、まぁー1人でまくしたてるオバサンに母と私ポカーン。
余計な世間話が多く何が言いたいのか掴めないが要約するとこういう事らしい。

・あんたのお父さんが死んで遺産を貰おうと思ったが一銭も持っていない(※というか父は認知してないのでどっちみち貰えない)
・花子は来年高校受験なのにお金がなくて受験できない
・姉なら助けろ。社会人だろ。
・妹の学費ぐらいクレ。ついでに勉強もみろ大卒だろ

47: 名無しさん@HOME 2012/06/26(火) 21:56:44.73 0
父親が、浮気相手の子(兄)をいきなり連れて帰ってきた。
浮気相手が、黙って勝手に産んで、他の男の子どもと偽って結婚して
暮らしてたらしいんだけど、バレて離婚して子どもおいて失踪したみたいで、
浮気相手の親が、父親と名指しされた父の職場に、その子の手をひいて
おしつけて、去っていったらしい。

いきなり兄の存在を告げられ、おしつけられた父親は、困惑しながらもうちに連れて帰ってきた。
母は「何で!」と怒っていたし、俺も土下座する父とかを見て、オロオロしてた覚えがある。
でもけっこう早い段階で、全員で一緒に晩ごはんを食べることになった。
トンカツとか、そんな普通の晩ごはんだったと思う。
その時俺は、一人っ子で、何かひねくれていて、家で親の言うとおり、まじめにするのが何か
恥ずかしいと思っている子どもだった。食事も好き嫌いはないのに、何となく○○は食べたくないと
偏食してみたり、親が注意しても、箸をきちんともたなかったり、ひざたてて食べたりしていた。
兄は箸の持ち方も食べ方もきれいで、父が食事の最中、「こうでなきゃ」みたいなことを言った。
それを聞いて、何となく負けたくなかった俺は、今までやらなかった、行儀のよい食べ方をしだした。
好き嫌いもせずに食べた。
それを見て、母は「この子は兄弟がいたら、こんなにちゃんとするのか」と思ったらしい。
それだけじゃないとは思うけれど、それきっかけで、母は兄をひきとることを決め、
そのまま兄はうちの子になった。
俺が小学4年生、兄が小学5年生の話。8ヶ月差の年子だったから、それからも
兄ができることは俺もできる、みたいな感じで、宿題とか勉強もするようになり、
ひねくれてた俺は、まともに大学までいけるようになった。

兄は兄で色々思うことはあったと思うけど、今は最初から4人家族だったみたいに
普通の家族でやってくれてる。
今思うとあの場にいた俺以外の3人すごいなーと思う修羅場。

56: 名無しさん@HOME 2012/07/25(水) 09:08:05.25 0
私は40歳で結婚し、旦那の両親同居、旦那の妹は近くに住んでいて、よく金の無心に来ていた。
義妹夫婦には中学生と小学生の男の子(当時は手のつけられないような悪ガキ)がいたので
義両親の遺産はこの二人に相続されることになっていたらしい。
しかし、その後私が高齢出産で双子の男の子と女の子を出産。この頃から義妹の嫌がらせが
始まった。
私にしか聞こえないように言ってくるので誰にも信じて貰えなかった。
そんな中、寝たきりだった旦那の父方の祖母が亡くなり葬儀が行われることに。
自分の双子は保育士の妹に預けて私も出席したのだが、義妹の長男がお葬式なのに
髪を金髪にし、中学生なのに咥え煙草で出席、案の定義妹は頭ごなしにブチ切れ。
その後も親戚中からの冷たい視線に義妹は耐えられなかったのか酒を浴びるほど飲み泥酔。
その後義妹は「私は我慢して二匹もガキを育てたのにこの女(私)のせいで何もかも
無くなって・・・何のために産んだと思ってるんだよ!」と支離滅裂な事を絶叫。
すると姑が義妹の顔面をグーで殴り
「てめぇがこんなんだから何の罪もない子供たちが非行に走るんだよ!
私の方こそなんでお前なんか産んだかわかんねーよ!今すぐここから出でけ!
そして帰ってくるなバカ娘!」と説教。
普段はおしとやかな姑があんな風になったのは驚きだが、その後は先述の
私の疑いも晴れてスッキリした。

821: 名無しさん@HOME 2012/05/21(月) 03:01:17.77 0
母の修羅場か私(男)の修羅場か分からないけれどもまとめてみた。

私の母は、親が決めた人と結婚する直前に、ずっと好きだった幼馴染の父に
告白され、結婚をとりやめて父を選んだ。この時、母は両親に勘当された。
しかし、結婚直前で、母の妊娠が判明。
名家というのでも、有名な家というのでもないけれど、自営業で、代々世襲制の
親族経営をしているため、「父親がどちらか分からない者は家にいれない、おろせ」と
父の両親に迫られ、おろすのが嫌で、結婚自体白紙に戻し、兄を頼って
知らない土地へ行き出産した。
父は、「自分の子どもではない」と言って、認知はせず、父も他の人と結婚し、
子どもをつくった。
母は、何年かして両親と和解し、しかも一度破棄した結婚相手と、再び縁談が
持ち上がり、相手の両親が大反対する中、その人は、うちに婿に入るような形で、
家を捨てて母と結婚した。そして弟と妹をつくった。
私はその人を父(以下:養父)と思って育った。
(ここまでが前提)

821: 名無しさん@HOME 2011/10/15(土) 14:39:17.37 O
出産ネタで1つ。

うちの旦那は検診では異常なしだったのに、いざ分娩となったら逆子だったそうだ。
陣痛に苦しむ義母の耳に「あ!足から出ちゃった!」という焦った
助産師さんの声。そして次に医者の声。

「戻せ!いったん引っ込めよう!」

!!??とパニックになる義母。
出てきた足をぐいぐいとマジで押し込む医者に「やめてー!」と叫び
暴れようとしたらしいが、その後の意識は曖昧で気がついたら生まれてたらしい。

初産の不安と陣痛の痛みの中、そんな騒ぎで義母の脳内では
今までの人生の中で最大の修羅場だったと言っていた。

ちなみにこの出産苦労話を聞いたときの旦那のリアクションが
「知らんがな。俺悪くねーし」だったので、親子間でも
プチ修羅場になった。旦那よ…。

539: 名無しさん@HOME 2011/09/30(金) 10:57:08.69 0
去年の秋のこと。

仕事が早く終わって自宅に帰った。
居間の障子開けたら、熊がいた。
仏壇の果物籠を漁る熊を見て固まる私。
とりあえず熊が果物に夢中になってる間に
こっそり逃げようとしたけど、
居間で赤ちゃん(姉の子)が寝てるのを発見。
腹を括って忍び足で赤ちゃん確保。
したらじーって視線感じた。熊、こっちみてるぅ。
こっち見んなこっち見んなこっち見んなと何度も
心の中でお願いしてたら、熊、果物籠に向き直る。
その隙に再び忍び足で自宅脱出。車に立てこもり
警察に電話。(ここまで私修羅場)
すぐ猟友会が駆けつけ、縁側と
玄関を取り囲み狙撃体制に入る。
しかし熊はこっちも開いてた勝手口から山に逃走。
(ここまで熊修羅場)
立地の都合で勝手口に狙撃はできなかったらしい。
暑かったので勝手口縁側玄関開け放してて、
姉が近所に回覧板をちょっとのつもりで届けに行き
そのまま話し込んでしまった間の出来事でした。



このページのトップヘ