注目の人気記事

804: 名無しさん@HOME 2013/01/27(日) 18:32:59.85 0
祖父さんと祖母さんが別々に駆け落ちしたこと
去年の話だけど、祖父さんは通ってた飲み屋の若い女性と駆け落ち

なかなか帰ってこないから、どこかで倒れてるのかと思ったら祖父さんの身の回りの物が少しなくなってて
探さないでくれってハガキが届いた
字が汚いから本人だとすぐ分かって、警察に届けるか親戚でモメてたら駆け落ち相手の親が連絡がはいった
娘が妻子のいる人を好きになって、許されない恋だから遠くで幸せになります
って手紙で、飲み屋経由で家に来てた
まさか妻子どころか、孫もいる爺とは思わなかったろうね
相手の親は不倫心中を心配してた見たいだけど、相手が孫もいる爺さんと知って怒ってた
こちらも全く知らなかったと言うのも信じてもらえなかった

祖母さんは、「爺がいなくなって清々した」
と離婚手続きしようとしたけど、失踪人相手だとすんなりいかないようだった
親戚は親戚で、今さら離婚もないだろう
祖父さんもすぐ正気にもどるから、いい年して離婚なんて言わず待つよう祖母さんを説得していた
ある日祖母さんも消えて、「私も好きな人と暮らします」と置き手紙があった

家は残すけど、お金はおまえ達にはやらない最後の人生を謳歌する

とあって親戚はパニック
祖母さんの好きな人が誰なのか、誰も知らない
祖母さんは、アタックチャンスの児玉さんが好きだった
爺婆そろって駆け落ちするとはね


377: 名無しの心子知らず 2012/04/24(火) 15:02:22.96 ID:abO7h8OC
あ、すみません。
一応キチママ要素が強いので、ここに書かせていただきます。

昨日、早番勤務の帰りに乗っていた地下鉄車内で、
「○○ちゃん、○○ちゃん!」と女性の大きな声が聞こえてきました。
昼の3時過ぎの車内は座席が埋まらないほど空いており、
迷子のはずもないのに変だなぁと思っていたら、同年代の女性が
こちらに突進してきました。全然知らない女性です。

キチママ「○○ちゃん、会いたかったわ。まぁ、こんなに大きくなって」
と、大声を出しながら私の腕を握り涙を流しはじめました。
突然の事で何がなんだかわからなかったのですが、とにかく
「違います。失礼ですが自分は○○ではありません、人違いです。」
と言って、握られている腕を払おうとすると、
「うそうそ、○○ちゃんでしょ。もう本当に、ママ、心配したんだから」
と、泣きながら腕を握り離れてくれません。
「人違いです。離してください」と何度言っても離しでくれず、涙をながしながら
「○○ちゃん、会いたかった。ママ、会いたかった」と言うばかり。

193: 恋人は名無しさん 2012/04/29(日) 23:53:24.95 ID:x/cTuKGwO

そんな修羅場でもないかもしれない話。
軽くオタク話なので注意

私 ♀ 20歳 大学生
彼 ♂ 19歳 大学生
A ♀ 20歳 私の幼馴染み

前提
・私とAは幼馴染み。
・私は地元じゃあちょこっと有名な旧家。(名ばかりの旧家でお金持ちとかではない、しいて言うなら家が大きい位)
・Aは家に大昔雇われて居た(?)らしい家系。
・Aは高校から引き籠もり


557: 彼氏いない歴774年 2008/07/09(水) 13:19:17 ID:5VCGsQ8o
小中学時代の事なら笑い話にできると思う。
自分は高校に入っても痛い子だった。
しかも未だにに地元にいるから、痛い私を知ってる人たくさんいるorz

ドム体系顔デカ南米顔のくせに
病弱美少女気取って「日光に弱くて…」なんて外の体育休んだり

図書館が似合う文学少女になりたくて図書館に通ったり
(読んでるフリしてただけ。読書は苦手。リアル文学少女に話題振られてもワケワカメw)

頭悪いのに知的に見られたくて、授業真剣に聞いてる姿勢(話まったく聞いてない)とってみたり

高得点者の名前が張り出される小テスト
(暗記ものだから誰でも解けるけど、みんな面倒だから勉強してこない)
だけ張り切って勉強したり(でも通常のテストは惨敗)
名前張り出されて「凄いね、勉強したんだ?」て聞かれれば
「ぇ~なんもしてないよぉ?」なんて言って、『頑張らなくても出来る女』演じ

無邪気さをアピールしたくて、積もった雪に奇声発しながらダイブしてみたり

思い出そうとするともっともっとヤバいのが出てくるけど
頭が痛くなるのでやめとこ…

学校で、私はずっと女優だったんだ
昔から外側だけ繕って中身からっぽ
猿芝居。みんな演技だって気づいてたよね?


あー消えたい

それなりに可愛い子や人気モノがやれば、キャラとして許されるけど
モンスターな容姿でよくもまぁ、美少女や賢女(etc…)を演じようとしたよね。

898: 彼氏いない歴774年 2008/08/01(金) 17:41:06 ID:xPUJUOWT
消防の頃大好きだったクラスの男子の給食費盗んだ。
で、男子が困ってオロオロしているところに私が封筒から抜いたお金だけ(封筒は破棄)親切に渡す

彼「ありがとう!後で絶対に返すから」
私「いいわよ。絶対に後から出てくるわよ。一緒に探してあげるから。私だけはあなたの味方よ・・・」
彼「喪子・・・」

本気でこんな展開を夢見て彼の給食費を盗みました
しばらくして男子は「ない、ない」と騒ぎ出し教師はすぐにクラス皆で探そう、と提案
そのときに私が「先生、私ちょうどお金持っています!」とぴったり給食費差し出す
教室のごみ箱からはくしゃくしゃになった彼の封筒が見つかる
校長室に呼ばれる私と両親



165: 彼氏いない歴774年 2009/01/05(月) 20:30:33 ID:JqOptnMF
小学生のとき、各学年でプランターに花を栽培してたんだ
それである日、そのプランターが何者かによって倒されていた
という事件があって、学校中で犯人を探していた
運悪く最上級生である、6年生のプランターだった
それでなぜか、『プランターを倒したのは誰か?』という疑問から
『プランターに最後に触れたのは誰だ?』という疑問に変わっていて
その事件が起こったと思われる日に
栽培委員で水遣りをした私が犯人ということになっていた
各クラス栽培委員は実際二人いるんだけど、
うちのクラスのもう一人はすべての仕事を私にやらせていたから
自動的にすべての責任が私に降りかかった
加えて、普段から私の容姿を嫌っているクラスの中心的存在の男子が
「喪子さんがプランターを触っていました」と証言しやがった
それで私はクラスの学級会で責任をとがめられることとなり
結局、6年生のクラスに謝りに行くこととなった
6年生の先輩からは何の嫌がらせを受けることがなかったのが不幸中の幸いだったけど
クラスではもともと浮いていた私だったけど、さらに孤立することとなった

それから卒業後8年の月日が経って、この間同窓会があったんだ
私は気乗りしなかったが、母がどうしてもというので行ってきた
案の定というか、私はやっぱり酒が入った席でも浮いていた
仕方なく飲めるだけ飲んで帰ろうと隅で独りで飲んでたんだ
そうしたら、「大丈夫なのー?」と肩を叩かれた
振り向くと笑顔のイケメンが私の顔を覗き込むようにして立っていた
慌てて私はこのイケメンのことを思い出そうとしたがその顔に覚えがなかった
「失礼ですが、お名前をど忘れしてしまって・・・」と言うと、
「○○だよー」とまた笑顔で答えてくれた
私は名前を聞いてすごく驚いてしまった
小学生時代、4年間同じクラスだったけど数えるほどしか話したことのない彼だった
当時から綺麗な顔をしていたけど、眼鏡をかけていて、
髪がぼさぼさで暗い雰囲気の彼が今わ爽やかなイケメンになっていた
なぜか隣に座ってきて、なぜか連絡先きかれて、
なぜか二次会のカラオケに行かない私についてきて、
なぜか駅まで送ってくれるということになって、なぜかあったかいコーヒー奢ってくれて
「俺は信じてたよ。君はやっていないって」だってよ
10年も前(当時小学4年生)の私が犯人にされたプランターのことを覚えていてくれた
しかも「あのときはごめんな。かばうほどの勇気がなかったんだよ。本当にヘタレでw」
と気まずそうに笑うその顔!!思わず顔がニヤけてしまったよ
あれから何日も彼の笑顔が頭から離れない・・・
完全に惚れちまったよコノヤロー

297: 名無しさん@HOME 2012/07/06(金) 16:55:41.75 0
投下。
姉とお風呂に入った時のこと。
私が頭を洗っている時に浴槽から「おうぉっおおおおおぉぉぉぉ」とか訳の分からない
声が聞こえたわけですよ。
そのあとばしゃばしゃしていて「大学生にもなってなにしてるんだ。うるさいなあ」と思いながらも小さく目を開けて様子を見ると
溺れている姉の姿がちらっと見えた。
そのあと私も「え?え?」とパニックになって目をばっちり開けちゃうんだけど石鹸が目に入って痛くて痛くて私もあまり目が開かない。
その間も姉がばしゃばしゃしていて…というのが気持ち的に修羅場。
目を閉じながら大声で母を呼んで最悪なことは起きなかったんだけど
母は来たとき何してんだこいつらと思ったらしい。
浴槽とは全然違うところを指さして「お姉ちゃんが!お姉ちゃんが!」と叫んでいる私と
女とは思えない声を出してバシャバシャしてる姉。
結局姉はどこまで指に力が入るかというのを手と足同時に試して攣ったらしい。
修羅場じゃないかもね。

716: 名無しさん@HOME 2012/10/19(金) 11:15:26.82 O
姉が農家の長男と結婚した。
壮大な結婚式があげられ、きつそうな新郎母はスピーチで、
「嫁に三界なし…我が家に相応しい嫁に育て上げますので」と嫁いびり宣言。
うんうんうなずく新郎と新郎親戚。
ざわつく新婦親戚と怒る新婦友人達、憤る新婦両親、無表情の私達新婦妹弟…
一年後、家業のほとんどを明け渡した新郎父と自殺未遂する新郎母。

物心ついたときから姉に爪はがされたり、煙草の火を耳に押し付けられたりしてた身としては、
外面のいい姉がどれだけ陰湿に、暴力的に、姑をいじめぬいたかがわかる。
妹弟と一緒に「姑さんが死んだらまずい(姉からの虐待がまた私達に向かう)」
と結論を出して姑さんが生きてる間に全力で逃げきる。

942: 名無しさん@HOME 2007/10/29(月) 00:01:15 0
流れ豚切り。
ヌカかも知れませんが書いていいですか。
ありがとうございます、投下します。

トメ友が同居になり、うらやましいトメから電話。
「~~って訳なのよ。色々良いわよ~?家もどうせいつかは同居なんだから…」
「いやむりっす」ガチャ。
「ちょっ!何できるのよ!失礼でしょう!」
「いや、もう本当ムリっす!」ガチャ。
「嫁子!いい加減に…」
「止めて下さい!本当にムリっす!!」ガチャ。
「嫁っ…」
「ダメですっ!」がちゃ。
飛行機の距離でよかった…w
トメから夫に絶縁宣言も出されたし、夫も田舎に戻る気はない。
農村だしそっちには仕事も無いんだって何回言ったら分かるんだべか。


このページのトップヘ