注目の人気記事

193: 名無しの心子知らず 2010/11/09(火) 10:37:53 ID:JPLJzFFV
泥ママスレ案件かと思ったけど、泥ママの行動がキチすぎるので、こちらに投下。
ママ友Aに聞いたのと、自分が目撃したことを元に書いていますので、つじつまが合わないところがあるかもしれませんがご容赦下さい。
半年くらい前、自分の家の隣に住んでるママ友Aの家で空き巣騒ぎがあった。
盗まれたものは、宝石数点と、ママ友Aが溺愛していたトイプードル。
ウチにも警察が来て、隣の家で空き巣があったが、何か知らないかと言われたが、空き巣があったと思われる時間帯は、
家族全員、仕事や学校で家を空けていたので、知らないと答えた。
それから数日後、犯人が捕まった。
犯人はママ友Aのママ友だった。
盗んだ犬を連れて、近所を散歩していたところを、ママ友Aが目撃して発覚した。
ママ友Aがその場で通報すると、泥ママ逃亡し、家に篭城
Kとママ友Aが一緒に泥ママ宅に行き、ウチの犬を返せ!IC読ませろ!等言っていた。
この時、泥ママ宅前には、Kもだが、騒ぎを聞きつけた野次馬がわんさかいた(自分もこの時に野次馬モード)。
それからKやママ友Aが出て来いだの呼びかけていたら、1時間くらいすると、泥ママAが出てきた。
おそらく血だと思われるが、真っ赤になったトイプードルの死体を持って出てきた。
その時の泥ママの台詞が「こんな不細工で私に懐かない犬なんて生きている資格なんかないわ」と叫ぶわけでもなく、淡々と言ってのけた。
泥ママは持っていたトイプードルの死体をママ友Aにパス。
とっさに受け取ったママ友Aは、無残な姿になったトイプードルを見て絶叫し、気絶。
すぐさまKが泥ママを逮捕。
その後、ママ友Aは一連の出来事で精神科への通院となり、療養ということで、ママ友Aの実家へ引っ越していった。
泥ママ一家は気づいたら、どこかへ引っ越していった。泥ママのことは知らない。
自分も少しトラウマになってはいるが、そこまで酷くない。
なんにせよ、平気で人様のペットを殺せる神経が分からん。


429: 名無しの心子知らず 2010/11/29(月) 19:28:57 ID:UL/2JTJs
人が少なそうなのでこっそり投下。


娘(当時2歳)を近所のママAに貸してクレクレされた事がある。
公園や児童館でよく会うママで3歳の女児餅。
会えば楽しくおしゃべりし、年に数回程度ではあるが家を行き来したりする中。
カワイイ我が子の写真に他の子が移ってればプリントして渡したり、
他の子がいいポーズしてたら写真撮ってあげたりを仲良し数人でお互いにやりあってた。

で、その中で撮ったうちの娘の写真をA娘としてオーディションに送付。
(スナップ写真でいいらしい)
書類選考通ったから娘貸してクレクレされた。
A曰わく、うちの娘で合格させて、いざ撮影となった時にA娘を連れて行こうと思ったらしい。

もちろん丁重にお断りし、一次審査の2週間前には遠距離別居の義実家へ避難。
電話もメールもスゴかったけど、完全無視。

Aが他のママ達に根回ししようとしたけど、基本的に自分のしたことが間違っていると思っていなかったので事実をそのままママ達に告げ、ママ達にフルボッコくらってポツンに。
私は義実家から帰宅後、ご主人の在宅していそうな時間にA宅凸し、娘のデータ奪ってきた。
正しくはAパパ謝罪、Aパパにうちの主人立ち会いの元削除。

表面上のデータ削除でしかないけど、今までの会話からAに削除されたデータを復活させるスキルはないとみている。


A娘の名誉の為に書いておくと、A娘は可愛くないとAは言っているが、サイズと性別を気にしないで安い中古ブランド服をやめて、
髪の毛もキチンとすればA娘も普通にカワイイです。

長文スマソ&A一家転勤して1年記念カキコ

91: 名無しの心子知らず 2010/10/31(日) 13:30:48 ID:DFZMFk50
娘視点ですが、私の父が死んだ際、祖母が財産を根こそぎ持って行った話をちょいと。
板が違わないかは心もち心配。

父は祖母から精神的な虐待を受けており、壮年になり鬱に。
職場が祖母と同じであった為、逃げ場ナシ。母が必死に転職やら独立やらを進めていたけど、
鬱の父にはもう判断力が無い。そして今思うと、自分の母親から逃げるって選択肢が彼にはなかった。
結論から言うと、自宅で自決しました。

その後がまた。
その祖母、何を思ったか、我が家のご近所さんに電話しまくり、母が父を殺したと吹聴。
吹聴しながら我が家のパソコン、車などをかっぱらって行った。
「仕事で使ってんだから会社のものなのよ!」だそうだけど、父のお金で買ったものは父のものなんじゃないだろうか。
葬式中にも、上等な花をくすねて帰った。

その後、書類の整理などに追われていたら、母の顔が、なんかもう笑い。脱力の笑いだった。
聞くと、父名義の不動産がコトメの名義になっていたという。
父のハンコか何かがないと名義が移せないもので、当時子供にお金がかかった父が譲る筈がない、
おまけに一社から保険金が支払われなかった。

2: 名無しさん 2014/04/06(日)22:30:28 ID:SHwiUESh2
んじゃ幼少期の出来事

私が小学校入るまえに父が他界し、母と姉妹3人で暮らしていた
母パートで当時は母子の手当ても今よりあったことから
貧しいながらなんとか暮らしていけてた。
ある日子供会のクリスマス会でプレゼント交換のイベントがあり
各子供500円までのプレゼントを持ち寄り、それを音楽に合わせて回して
交換するってどこにでもあるような催しモノだったんだけど
私の家は上記通り貧乏で、500円のプレゼントを3個は厳しかったみたいで
母が家にある物を見繕ってくれそれを持っていった。
中身は、賞味期限間近の饅頭と鉛筆3本だった。それを広告紙で包んで持っていった。

387: 1/4 2010/02/14(日) 21:13:31 ID:nOC1Q7JL0
私A子…28歳
彼氏B男…32歳
バカ男…私の元婚約者 33歳

私とバカ男は私が23歳の時に婚約したが、
結納を交わした後に浮気相手の妊娠が発覚し、相手に責任を取るために婚約解消した。
バカ男はその時、何と言うか悲劇のヒロイン的な浮気相手の白馬の騎士の様で、
「俺は浮気子と何か変な絆の様な物を感じたんだ…
A子の事は愛してる。でもここに俺と浮気子との子供がいる。
もしかしてあの時感じた気持ちは、
こいつは俺の子を産む女だという予感めいた物だったのかもしれない」
「ああーバカ男さん!!」「浮気子ー!」
……という猿芝居を見せられて捨てられた。

お仕置きはたっぷりとさせてもらったが、私は一切関知せず
ただ泣き暮らし、結果だけ、というかお金だけ渡されて
「これで新しい人生を歩んで行こうね」と親に慰められた。

彼は会社を退職する事になったらしいが、
「浮気子と子供を幸せにするためにはどんな犠牲もしょうがないと思います」と言っていたらしい。
そこまで言ってもらえる浮気子が妬ましかったし、
私は彼のベターハーフ(笑)じゃなかった、運命の相手(笑)は浮気子だったんだ、と
軽く引きこもりになり、男性不信になった。

そして4年後、B男と出会いぎこちないながらも付き合い始めた。
そしてある日、私は彼とちょっと遠出して観光地に行った。
彼と手を繋いでお土産をみていると、
何か視線を感じ振り返ったらバカ男がこっち見てた。

214: 1 2013/03/08(金) 20:24:02.33 ID:B6sanvnSP
プチプチ復讐。十年ほど前の話…
お隣の老夫婦が、お爺さんが亡くなり、お婆さんは老人ホームへ。(二人とも善い隣人だった)
その後、越してきたのは、老夫婦の甥っ子夫婦(50代)と20代後半息子・女子高生娘・中学生息子。
こいつらが、前の老夫婦とは正反対の超キチガイ親子。越して来て3ヶ月もせずに町内の嫌われ者に。
あまりにエピソードがあるので、箇条書きにしていくと…
■引っ越し前、下見とかで10年落ちのクラウンでやってきて一方通行で違法駐車。大渋滞を引き起こす。謝罪せず。
■引っ越し当日、うちは角地なので、敷地境界線の曲がり角に岩をセットしているんだが、それを引っ越しトラックで半壊。抗議するも謝罪なし。

225: 名無しさん 2014/04/02(水)02:14:21 ID:4oTM8YpAP
まだ私が幼かった頃、母と祖母の仲が壊滅的に悪く、家庭内ハブvsマングース状態w
祖母は常識がない上に自分の思い通りにならないと癇癪を起こす人だったらしく、母は母で人一倍口の強い人だったもので・・・w
祖母と母がそんな風ですから、両親もそりゃ仲睦まじく・・・というわけにもいかず家の中はいつもギスギスしていました。

その日は年に一度くらいのレベルの大喧嘩をやって、祖母が母に言い負かされる形で終了。
鬱憤が溜まりに溜まった状態の祖母は、その場にいた私をひっつかんで車に放り込むとそのまま家出。
ドライブ好きだった私は最初は喜んでましたがw いつものスーパーも過ぎ、公園も過ぎ・・・さらにどんどん覚えのない道へ。
鬼のような形相でブツブツと文句を呟き続ける祖母が恐ろしかったのを覚えています。

日も暮れかけた頃、公衆電話ボックスと自販機が1個しかないようなところで停車。
祖母にお腹が空いたかと聞かれ、空いたと答えると自販機でジュースを買おうと外に出ました。
自販機でコーラを買ってもらい、車の中で飲んだあとにゴミ箱に缶を捨てに行けと言われて再度車の外へ。
何台か停れるように細長いパーキングスペースの先のゴミ箱へ缶を捨てて振り返ると、車は道路に出るところ。
慌てて走ったのですが子供の足で追いつくわけもなく・・・w 保育園児が一人きりで無人の休憩所に置き去りにされましたwww

だんだん暮れてくる時間、電話ボックスに明かりが灯ったので入ろうとしましたが、私は大の虫嫌い。
山の中で明るくなった電話ボックスと自販機は格好の虫の拠り所。近寄れるはずもなく。。。
最終的に真夜中に休憩しようと入ってきた車に助けを求めようと飛び出し、はねられ、無事?保護されましたw
さすがの運転してたおっちゃんも真夜中に園児がこんなとこいると思うまいよ・・・w

腕の骨が折れたりなど怪我を負ったため、そのまま身元不明で入院。
警察や病院の人に事情を聞かれまくるも園児がまともに状況を順序建てて話せる訳もなく・・・w
置き去りから3日目にしてやっと両親の捜索願と条件が合致したため身元不明ちゃんから脱出www


後に退院してみると祖母は不在でした。今思えば警察だったのかな?
不在の間に急遽引越し作業。同居を解消・・・というか祖母と絶縁ですかね。
家業を継いでた父からすれば結構な決断だったのではと思います。
祖父が仕事より家庭だろうと言って逃がしてくれたらしいです。
まぁおかげで祖母の顔はハンドルを握る鬼の横顔しか覚えていませんwww


置き去り&事故の私もそうですが、子を拉致られた両親にとっても修羅場かな、とw

11: 名無しさん 2014/04/02(水)21:38:13 ID:???
20年ぐらい前の新婚間もない頃の事。
新居が完成するまでの間、義父母と同居してたんだが
ある日私のお気に入りのフロントホックブラが見当たらないのに気付いた。
家事の分担をはっきり決めてなかったので、
いつ洗って、その時に洗濯物を取り込んだのが私だったか義母だったか覚えていない。
まだ家の中で色々遠慮があった頃だったので「私のブラ知りませんか?」なんて聴き辛くて
まさかそんなものを義父がドロボーするとも思えないし、
下着泥でも近所に出没してるんだろうかとか考えたら怖いし、
夫に相談しても「そのうちどっかから出てくるべ」とか言われてトホホって感じ。
で、私が元気がないことを心配したらしい義母が
「義理とはいえ親子なんだから、男どもに話せないような悩みがあるんなら相談に乗るよ?」
って言われて、感激して「実は・・・」と話した。
そしたら「ああ、これな」と言ってセーターをべろんをめくりあげたら
義母のちちに私のフロントホックブラが当てられてた。
「フロントホックブラってどんなんかと思ってな」
人って本当に思考が停止することってあるのね。
茫然としてしまいました。
洗濯物を取り込んだら、見たことのない形のブラをみつけて
ああこれがフロントホックってやつかと思って試してみたらしい。
ハッと我に返った時、私の唇が勝手に「じゃあそれお義母さんに差し上げます」と動いてた。
いらんわ、もう。


21: 名無しさん 2014/04/01(火)10:38:08 ID:x50uRHBzu
マイナーなスポーツ繋がりで、4歳上の彼女と知り合い付き合っていたけど、
1年付き合って、俺も28になって彼女と結婚話が持ち上がってきたんだ。
そのスポーツの世界では、美人で強くて有名な彼女が自慢で、
彼女の為にいい式を挙げようと考えていたんだ。
結婚式の相談していると、彼女の家は事情があってお金がなく100万くらいしか出せない。
俺は、そのスポーツを現役でやってたので、酒、たばこもやらなかったので
年齢の割には、貯金を持っていたから、俺がその分出せばいいとあまり気にしていなかった。
彼女の家からの条件が、このホテル以上の格でないと困るとか、
招待客はそれぞれ150人以上は必要とか、料理には手を抜きたくないとか
引き出物は、ブランド品のこれでないと困るとか、要求が厳しかった。
その癖、こちらの要求には、何一つ歩み寄りのない彼女の家族に、
だんだん嫌になってきた。
式場でプランナーが出してきた案を元に両家で条件を話している時に
いつもの様に彼女家からニヤニヤしながら折れるように話を持ってきたんだ。

「こちらの条件を了承して貰わないと娘を嫁に出せない」
「無理に娘を結婚させる必要もないので、結婚させてもいいような気にさせてほしい」
だんだん予算的にもきつくなって、婚約指輪や結婚指輪も高いものを要求されているし
悩んでいたところに、いつものように

「条件がどうしても、合わなければ、この結婚取り止めましょう」
って言われて、そうだやめればいいんだと思って

「そうですね、結婚前でここまで合わないとなればやめた方がいいですね」

俺以上に怒っていた俺両親を連れて、その場を離れた。
彼女はあまり条件に口を出さなかったけど、彼女の家族と縁続きは無理と思い絶縁した。
彼女には、申し訳ないが今まで好きで堪らなかった気持ちがスーッと冷めた。
半年くらい、彼女から粘着されてたまにメールも来るけど、
年下の彼女が出来て結婚話が順調にすすんでいるので
前の縁を吹っ切るために書いた。


このページのトップヘ