注目の人気記事

451名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/21(木) 01:40:13
半年、再構築だけは止めておけ。
辛いけどぐっとこらえるんだ。
俺も昔嫁に裏切られたことがあるから気持ちは嫌と言うほどわかるが、
俺はここ一番でこらえてホントに良かったと思っているぞ。


655: 素敵な旦那様 2006/02/03(金) 06:53:46

今年に入ってから、胸が急に痛み始めた。咳も止まらない。 医者に行き、レントゲンを撮ってもらったら、肺に影が写ってた。 医者からCT検査を勧められるも、仕事で時間が取れず、放置してた。 家事と育児に追われる嫁には、余計な心配を掛けたらいけないと思い、 「大した事無いよ。暫く様子見てくださいってさ」と誤魔化した。 ある日、いつもの残業で深夜に帰宅すると、嫁が神妙な顔をしている。 「お医者さんから電話があったけど‥」と切り出した。 医者は、CT検査の事で電話をしてきたらしい。(余計な事を)と思いつつ、嫁に話をした。 「CTだったら会社の検診で希望すれば撮れるし。今年は希望するからさ」 「検診って半年以上も先じゃない。手遅れになる病気だったらどうするのよ」 「今は咳が出るだけだから。そんなに大層な病気じゃないよ」 そんな調子で、喧嘩になった。 「勝手にすればいいじゃない。万が一の事があっても、子供は私が一人で立派に育てていくから」と嫁は捨て台詞を残して、その日から別々の部屋で寝る事となった。 ある時、家に置いている「家庭の医学」にしおりが挟んであるページを開けたら、 そこには「肺癌」の事が詳しく書かれていた。 レントゲンの白い影、明確な自覚症状が無い‥、自分に当て嵌まる事が多かった。 それで、検査を受ける事にした。

549名無しさん@HOME 2013/11/21(木) 12:54:06.44 0
3年前の今頃に起きた出来事が最大の修羅場
当時結婚4年目の妻が家を飛び出して行方不明になった
妻は幼稚園教諭だったが、受け持った園児や同僚に何も告げずに消え去ったんだ。
俺は当然妻が日常通り出勤していると思っていたから帰ってきてから留守電に幼稚園からばんばん音声が
入っていたのに驚いて、ようやく事の重大さに気がついた。


1961 2013/11/05(火) 22:50:23.23 ID:yjitVdyO0
おっさんの昔話投下。

俺とA子は部署の違う社内恋愛。
年齢は同じだが、A子は中途採用なので俺の方が1年先輩。
A子が入社してすぐに社員食堂で挨拶して、趣味が同じだったので
仲良くなり付き合うにいたった。

2年たっても3年たってもイチャコラ仲良しで「そろそろ結婚を」という雰囲気になった。
A子も同様だったようで、俺を自宅に招いてA子両親とA子妹に紹介。
温かく迎えていただきA子宅にしばしばお邪魔するようになった。
(俺の実家は地方なので年末にでもという予定だった)

ある日、アポ済でA子宅を訪ねるとA子妹が独りでいて
「他はもうすぐ帰るから上がって待っていてください」という。
そこでノコノコ上がったのが運の尽き。
非常識だったなと思う。

応接で新聞読んでて気配を感じ、顔をあげたらパンツ一つのA子妹がいた。
意味も状況もわからなかった。
そいつが俺に抱き着いてきて、もっと状況がわからなくなった。
「A妹の気が狂った」と思ったような。

767恋人は名無しさん 2013/09/13(金) 14:06:14.40 ID:bv9gUtEI0
決着がついたので投下。

中学3年の間しつこく私を粘着して虐めてきた女を、兄が婚約者として連れてきた。
事前に婚約者を連れて帰ると聞いていたので、母と二人でwktk待機してた。
玄関で奴の顔を見た瞬間、今までされた事が頭によみがえってきた。
奴はにこにこと笑って「はじめまして」って言ったよ。
第一印象だったなら、きっと好印象を抱いたと思う。

茫然としてる私を尻眼に「婚約者様」の紹介は滞りなく進んで、母も大層奴を気に入って
いい人捕まえたわね!なんて帰った後兄の携帯に電話するほどに気に入ったようだ。
パニック障害が残ったせいで 通勤が出来ず在宅で仕事をする私と、バリバリ稼いでる奴。
味方なんていないと思った。学校でもそうだったんだから。
私の事を覚えていないのなら、視界に入らないよう気をつければいいと思った。でも奴は私を覚えてた。
兄からメアドを入手したらしくすぐにメールが来た。結婚したら同居するつもりな事。
私を追い出すことは考えていないから
よろしくねって。昔みたいに仲良くしようね!って

すいません長くなります。続き

651名無しさん@HOME 2014/02/24(月) 16:35:55.56 0
全てがちょうど先月片付いたから吐き出させてくれ。

5年ほど前、慎ましやかで俺を立ててくれる人柄に惚れて嫁と結婚することになった。
当時俺はとあるメーカー系の営業マンとしてバリバリ働いていて仕事自体もノってたし
嫁を食わしていける自信もあったので結婚を申し込んで相手の実家に挨拶に行ったんだが、
相手のご両親も独身の義兄も人当たりがよい感じで和やかに話が進んで結婚の運びとなったんだが
実家は家業としてとある機器の販売をしている会社を経営していてもしよければ
結婚を機にうちの会社に来ないかと言われた。
当時いた会社に対しては不満はなかったが直属の上司が俺の営業成績がよかったがために
ちょっと当たりが強くなってたってのもあって少し悩んだものの
嫁の実家の会社に入ることにしたんだがこれが営業がズサンだったのか
固定の客以外からまともに仕事が取れず淡々と仕事をしている感じだった。
(経営が苦しいという程では全くない)

続きます。

605名無しさん@HOME 2014/04/20(日) 10:18:06.00 I
流れ読まずに失礼します。

夫(相談者)、妻ともに30代
子供2歳、二人目妊娠中
親とは別居で賃貸マンション住まい
年収は夫500万、妻の方は詳しくわかりませんが私と同じくらい

相談内容
妻から突然離婚したいと言われました。
理由は色々あるようですが、1番の理由は、1人目妊娠出産後の私のフ〇ゾクと浮気とのこと。
フ〇ゾクに関しては再三とがめられていたのですが、浮気については、うすうす気づいているとは思っていましたが、かなり詳細まで(相手の名前や住所など)知っていました。
浮気相手とは、妻に気付かれそうになった(実際には完全にばれてましてが)ため1年以上前に別れました。
浮気のことを知っていながら、今まで別れずにいたのに、二人目妊娠中の今になってなぜ急に離婚したいと言い出したのか…。
このことを妻に聞いたら、忘れようと努力したが、二人目妊娠したことで色々記憶が蘇ってしんどい。
浮気が1番の理由だが、その他にも細かいことが積み重なって私に対する愛情がなくなってしまった。とのことです。

30名無しさん@HOME 2008/08/28(木) 18:15:39 0
昨日、2年前に離婚した元エネ夫からロミオメールもどきがきましたw
mixiのメッセージでですが
「嫁子か?嫁子だよね?
俺(元夫)です。久しぶり。検索してたら嫁子が見つかってビックリしたよ。
○(息子)は元気か?もうずっと会いたくて会いたくてしょうがないよ。
俺はやっぱ、嫁子と○がいないと生きていけない。生きていく目標が無いんだ。
また嫁子と○と暮らしたい。嫁子がくれたジッポ、まだ大事に持ってる。
今度会えないか?」

離婚当時はシヌシヌ詐欺で、私の母親に誤爆メールして盛大に笑わせてもらったが
今回は現夫と笑って読んだ。
つかまだ生きてたんだw


660 恋人は名無しさん 投稿日:2013/09/06(金) 22:28:05.73 ID:2gMhC9s5i
この時期になると思い出す俺が糞な修羅場。

登場人物
俺→俺。フツメン低身長。小さい会社に、当時入社1年目。
A子→嫁。2年付き合って出来婚した。綺麗系。俺の2個上。
B美→同僚。むさい男の中の紅一点。可愛い系。俺と同い年だけどほんの少し俺の後輩になる。
全員20代前半。


俺が会社に入社して少しして、もう一人研修生としてB美が入社した。
唯一の女の子だから皆して興味津々w
しばらくは接点もなかったんだが、2.3ヶ月ぐらい経ったある時俺が車でB美を家まで送って行く事になった。
同い年な事もあって、案外会話が弾んで凄い面白かった。
その時はまだ新婚ほやほやだったけど、付き合ってた期間ほとんど同棲してたからあんまり前との違いを意識してなかった。 今思えばこれが駄目だった。

A子は普段明るくて穏やかだが、凄く嫉妬深い。
B美の前にいた女社員と仲が良かったんだが、女の子の話題を出すとむすっとする。
その事から俺はあまりB美の事も話題には出さなかった。
A子が臨月入った辺りからB美とずっと頻繁にメールをする様になったが、A子もその頃は特に気にしてはない様に思えた。
結婚前までコンビニ弁当か吉野家かマックか居酒屋ばっかだった俺は家庭料理よりそんなのを食べたくて、ことある毎に飲みに行ってた。
ある日酔った俺はノリでB美に「家行って良い?笑」って聞いたら「良いよ~笑」って来たからA子には終電逃したって嘘吐いてB美の家に行った。
この時は最後までしなかったけど、イチャイチャしてキスは何度もした。

それから数日後、子供が生まれて、A子が入院中にも結構際どいメールをずっとしてて、前よりメールの頻度は高くなってた。
退院後もずっとメールしてたんだが、A子が携帯鳴ってるよーって少し気にする様になった。
それでもB美に夢中だった俺は必死にB美を口説いてたんだ。
ようやく昼頃またB美の家に行く約束をして、最後までシて、終電で帰った。
その時初めて携帯にロックをかけた。


このページのトップヘ