注目の人気記事

335: 名無しさん@おーぷん 2014/06/24(火)20:45:07 ID:PimGMZubS

農家の次男に女友達を紹介したのがきっかけで、次男と女が結婚することになった
農家というのはすごく暇だし、農業も意外と簡単だっていうのを言ったのがきっかけらしい
女とその両親は退職金を使い農地のある田舎に移り住んでセカンドライフを始めた
ここまではいいんだけど、実際に始めてみると農業は重労働だし、農薬の影響で体調を崩したりと大変らしい
終いには、女の両親は入院して、女自身も体調が悪いからと休みがち
それが原因で、サボり癖のある嫁という認識になってかなり気まずいらしい
それに、嫁いだのは次男だからあんまり土地はもらえないらしい

それをなんで言わなかったあ!?
と言われたんだけど、いやいやちゃんと聞いてなかったでしょ
都合の良い所ばかり聞くからこういうことになるんだよなぁ

288: Meg 2014/06/24(火)17:43:14 ID:GqJITiytD

実家に住んでた頃の話。
2年くらい前の、今くらいの時期。

実家の2階に自室があってさ、休日昼寝してた。
一階から父の声で「おーい」。同時に、階段の壁をコンコン、と叩く音。
父は私を呼ぶとき、毎度、それをするのな。

起されたことに苛立ちつつ部屋から「何?」っていうも返事なし。
「なんだよ!」って起き上がって時計見たら午後4時ごろ。夕飯まで寝てるつもりだったんだけど。
そんで、一階に降りて居間に通じるドアあけて
「なんだよ」
って声かけたら、なんか来客中だったみたいで、私に背を向けて、座布団に壮年の男性が座ってる。
顔は見えない。
そんで父が、床に正座して、深々と、その客人に頭さげて、
「有難う」って言ってんの。

何この状況!?と思いつつ、寝起きで喉渇いてたんで、
「失礼しますー」みたいなこと言いながら、その客人と父の横を通りぬけて居間の奥へ。
そこからキッチンに行けるんでね。お茶でも飲もうかと。

そしたら、そこで目に入ったのが、父の遺影と仏壇でね。

「あ!」
って思って振り返ったところで自室の布団で目が覚めて。

「あー、変な夢みた」
と思って起き上がり、居間に行ったら、母が客用の湯飲みとか、コースターとか菓子器やらを片づけてんの。

誰か来てたの?って聞いたら
「葬式には出れなかったけど、って、お父さんの古いお友達が来てくれてね」
線香のにおいが、まだ部屋に残ってた。

あー、父からしたら、俺にも挨拶させたかったんだろうなー、と思ったわ。
そんで、父は、すごく、その人が来てくれたことがうれしかったんだろうなー、と思った。

父が亡くなって半年後くらいの話。
「よくある話」って思うかもしれないけど、実体験。

717: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)14:44:37 ID:Vw1mGYbYA
本当にやった復讐というか、こちらがやられた話。

昔から玉の輿に乗るのが夢だった。そのため、高校に上がると同時に地味ブスな友達は全員排除。派手できれいなギャルにばかりすり寄っては男を紹介してもらっていた。
1人地味ブスな友達Aちゃんは、派手な友達と付き合う私をやんわりと止めてくれたが、地味ブスの嫉妬乙ということでシカトしていた。
派手な友達と合コンに行っても、元地味ブスな私がおしゃれしたところで生まれつき美人にかなうはずもなく、お笑い担当やパシリにされていた。
支払いはもちろん私。完全に見下されてたんだと思う。
しかしブスな私でも物好きな男がいたのか、お金持ちで家柄もいい、しかもイケメンな今の旦那に一目惚れされ、とんとん拍子に結婚話がすすんだ。
調子にのった私はべらべらと自慢しまくり、やれ新居は都内の高級マンションだの車は何千万の外車だの、
ハリーウィンストンのダイヤの婚約指輪だの、美人たちに見せびらかしまくった。美人たちは表面上はへー、よかったねと言ってくれたが、でも騙されてるんじゃない?まだ結婚は早いよ、あなたのどこが良かったのかねと嫌味を言われた。
イケメン金持ちと結婚した私へのひがみだろうと相手にせず、結婚式の招待状を発送した。

返ってきた招待状を見て唖然とした。
欠席、欠席、欠席…
高校時代から仲の良かった派手美人たち全員が欠席。
理由を聞くも、バイトが入るかもとか、旅行に行くかもしれないとかそんな理由ばかり。
私側の出席者は親族のみとなった。
そ んな時、地味ブスと見下していたAちゃんから実家あてに電話がかかってきた。かけなおすと、私ちゃん結婚おめでとう。式の予定はあるのかな?と本当に心か ら喜んでくれた。思わず泣いてしまい、高校時代の派手美人たちから全員に欠席されたこと、祝ってももらえなかったことを話した。
まだ席があいているなら、私行かせてもらっていいかな。とAちゃんが言ってくれて、涙がとまらなかった。
結婚式も無事に終わり、新婦友人席がないため親族席に座ってくれたAちゃんに心から感謝の言葉を伝えた。
先日、Aちゃんの結婚式に招待していただいたので書き込み。
地味ブスと思っていたAちゃんは化粧映えがして、ものすごいきれいでした。
あれから何年かたちますが、結婚式ドタキャンの派手美人たちは、35を過ぎてもまだ独身なようです。

365: 名無しさん@おーぷん 2014/06/26(木)09:18:19 ID:GQ74cnWHU

高校生の娘が友達同士(全員事前承認済)で旅行に行った事が発端で嫁が発狂し、
娘の友達数人とその家族を巻き込んだ大騒動を作り出した挙句に
いきなり「娘を高校中退させて寺に行かせる」と言い出した時が最凶の修羅場。
娘が旅行先(ユニバーサルなアレ)で友達全員で撮った写真に男が写っていた
(付き添いで来た友達の親だったんだが)事が嫁を発狂させたらしい。

娘が「これは付き添いの友人の親だ」と言っても耳を貸さずに嫁脳内で『援交旅行』と書き換えられ、
学校に怒鳴り込んで「ここは集団淫行をする奴を受け入れるのか。娘が毒された、どうしてくれる」と喚き散らすわ、
同伴した友人の親を援助交際で逮捕させようとするわ(警察が笑い飛ばしてくれたのが唯一の救いだった)、
挙句の果てに、俺の知らない所で娘を無理矢理中退させて禅寺に入れようと計画してたり、もうとにかく無茶苦茶だった。

嫁が発狂して起こした行動のせいで、娘友人家族の一つ(同伴親の家族ではない)がご近所からヒソヒソプークスクスされて
引っ越す羽目になったり(土下座して謝ろうとしたが止められた…)、
別の娘友人家族(これも同伴親の家族ではない)なんか、旦那さんが嫁の言葉を間に受けて娘友人を追求した事が発端になり、
夫婦間で大喧嘩を起こした挙句離婚してしまった。
当の娘も「援交ツアーに巻き込まれた被害者!」ってストーリーが周囲の間で完成されちゃって、
腫れ物に触れられるような扱いをされまくったせいで、カウンセリングを受ける羽目になった。

嫁はその後も離婚するまで色々香ばしい行動をやらかしてくれたが、この件とは関係ないので割愛。

……それまではマトモな嫁だったのに、どうしてこんな事になっちゃったんだろ。

342: 名無しさん@おーぷん 2014/06/25(水)11:44:04 ID:FmPckYozW

7年ほど前の出来事。 両親が離婚し、激務の父と暮らしていたので家事は全て私がやってた。 その日は学校で体育祭があり、体育祭が終わったらクラスメイト全員で打ち上げに行く事になってた。 私は一度家に戻って朝干せてなかった洗濯物を干してから行く事に。

みんなはもう行ってるし私も早く参加したい!と焦ってた私はタオルを洗濯ばさみで止めずに洗濯を終わらせ家を出た。 打ち上げは盛り上がり、私が帰宅したのは19時頃だった。 家の近くを歩いていると近所に住んでる友達が大慌てで飛んできた。 私ちゃんの家の前で事故があったんだよ!

車グシャグシャになっててビックリしたよ!と教えてくれた。 道は確かに狭いけど真っ直ぐの道路で事故なんて珍しいからか、みんな事故現場の近くでワイワイガヤガヤしてた。 偶然事故の時に見てたって人の話が聞こえてきた。 どこから飛んできたのかわかんないけど、タオルが飛んできて車のフロントガラスに落ちてその直後電信柱に突っ込んだらしい。

そのタオルってまさか...とガクブルしながら家に入り、ベランダを見てみると4枚干したはずのタオルが3枚なかった。 私が干したタオルではないかもしれない。 たとえうちのタオルだとしてもそれが事故の原因ではないかもしれない。 でも私は1年ぐらいは、いつ家に警察がやってくるか恐れてた。 この時が修羅場だった。

788: 名無しさん@おーぷん 2014/06/25(水)20:41:14 ID:???

うちは父子家庭
両親は俺が小4のとき離婚 それ以来父は男手一つで俺を育てあげてくれた
俺はそんな父を尊敬し感謝して、いつか親孝行して恩がえししようと思っていた

俺は大人になり彼女ができた
彼女には親父に受けた恩を話し親孝行したいんだと説明済み
彼女も納得してくれた  でもその後破談…
親父は意気消沈し、俺もがっかり 若い女ってやっぱ辛抱きかないんだな…と落胆した

先月俺はある金融機関に金を払った
そしたら叔父と名乗る男が家にやってきた
男を見た瞬間「うお、俺こいつ知ってる!」と俺は思った
男は金の流れみたいのを見れる立場にいる人間らしくもうそういうのは払うなと俺に言った
俺が反論すると、男は俺を「××ちゃん」というあだなで呼んだ

ぶわーーーーと俺の中に記憶がよみがえってきた
俺を××ちゃんと呼ぶそいつは間違えなく俺の伯父だった
俺の授業参観に来てくれたり、ハチに刺されたとき手当してくれたり病院に連れてってくれたりした人だった
俺はその瞬間までなぜかそれを全部親父がしてくれたことだと思っていた

367: 名無しさん@おーぷん 2014/06/26(木)12:11:32 ID:5Ysl7TjO8

自分ではなく親父の修羅場。

祖父は目つきや風貌が少しいかつい。
もちろん一般の人間だけど、たまにその筋と間違われることがある。

自分が生まれたとき、親父は息子(自分)を見せるため離れて暮らしていた祖父のもとへ。
初孫で喜んだ祖父はその晩、親父を連れて裏路地にある行きつけの小料理屋に連れて行った。

親父は祖母に似てコロンとした人懐こい人で、祖父とはあまり似なかった。
その親父が「オヤジ、オヤジ」と話しながら祖父と歩くもんだから違う意味のオヤジと取られてしまったんだと思う。
少し祖父と離れた隙に10人ほどのチンピラに囲まれボコボコにされた親父。

どうやら"オヤジ"を勘違いしたチンピラが「どこぞの組かの人間にこの道を悠々と歩かせるか、まずは下っ端を見せしめに」としてしまったらしい。

ケンカをしたことのない親父は即病院送りに。
一般の人間であることを言うとチンピラは謝罪し詫びのものを支払っていった。

親父の修羅場。
そしていつのまにか生まれた子と父親が行方不明になった母の心の中が修羅場だったろうと思う。
なぜ置き手紙もせず家を出るんだ親父…

727: 名無しさん@おーぷん 2014/06/26(木)17:59:59 ID:6yzZuhaEB

昔私をいじめてた男に、告白された。
「こんなにキレーになってるなんて。」だと。
「前から好きだった。」だと。
「好きな子にいじわるするって言うけど、あれだったんだな。」だと。
「△(アニメ)好きなんだって?俺もだよ」だと。
「だから○ちゃん、付き合ってくれ。」
(本当は方言バリバリだったが)

好きだったら的にして小石入りの雪玉なげつけるのか?
無理やりカマキリの卵食わせるのか?
○ちゃんって初めて呼ばれたぞ?いつもシタイ(死体の意)って呼んでたろうが。
夏場は腐るからって遠巻きで臭い寄るな、冬場はかたまってるんだから動くなって言ってたろうが。
△好きだよ?でもお前が好きならもう見たくない。
「俺憶えてる?」って?忘れる訳ないだろ?一番忘れたい存在なのに!
だいたいキレーってなんだ、私はお世辞込みでも普通がやっとだ。
お前、いじめてた私なら付き合えると思ったんじゃないか?
シタイじゃない普通レベルになったんなら付き合ってもマイナスにならないし、彼女もちに昇格できるもんな?
今やキモいオタクで、お仲間の男としかつるめないもんな?
お前なんかお断りだ!シタイになっても絶対嫌!
(本当は方言~)

ガリで家庭環境もよくなくてそいつと他二人にずっといじめられてて、暗黒時代だった。
中学校に上がる前に今の家庭に引き取られて、3年かけて外見は一応まともになれた。
でも、心の中に「シタイ」時代がやっぱり存在してるから。
つい↑に書いたこと全部直接大声で言ってしまった。
そのまま泣いてると隠れてた友達がかけつけてくれて慰められた。
そいつは呆然と立ち尽くしてた。

806: 名無しさん@おーぷん 2014/06/27(金)13:27:07 ID:???

(近しい友人の話なのでフェイク入れてます)

年上の友人のお子さんの話。
女の子二人で、二人とも幼稚園から不登校。
と言ってもそんな極端に変な子達ではなくて、
母親がむっちゃくちゃ子供にべったり、囲い込み。
その結果お子さん二人とも「ママ以外は敵」な状態に。
給食がまずいのに残したら怒られたとか、
体育で擦り傷できたのに先生が気付いてくれなかった、
音楽で地味なパートに振り分けられたとかそんな理由で
帰宅してしまう。で、母親が受け入れて、家でゴロゴロ。
当然勉強も遅れるし友達も出来ないし太る太る。
でも母親は「子供は悪く無い私も悪く無い、周りが悪い」
10歳の長女にフルメイクさせて「うちの子は凄い美人!」
当然子供達は自分達は凄い、周りが馬鹿と思うように。
旦那さんの転勤が多い事もあって、完全に共依存。
周りは一生懸命諭そうとしたけど、駄目だった。
長女が中学生になり、早速不登校に。
自宅でお釜みたいなメイクして嵐コンに行く日々。
そんな中、小学生の次女が少し目覚めた。
この次女は趣味があり、その趣味は私の仕事でもあった。
だから近所のジュニアクラスを紹介した。
すると、そこで初めての友達が出来た。
彼女はどんどん変わって、学校にも行けるように。
その趣味でも実力が着き始めた。

259: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)11:41:57 ID:sBaLgoeoX
小中とオレをこってりいじめてくれたAが嫁を連れてUターン転職で戻ってきた
オレんちはクソど田舎でガソリンスタンドを営んでいる
ガソリンの給油もするが、冬は灯油の宅配もする
こっちは雪国なんてエアコンやコタツだけではしのげない 灯油最強の地

冬になって案の定Aから灯油の注文の電話が来た
しかもまだオレをなめくさって値切ってきやがる
オレは「値切るようなお客さまはウチではお客さまとみなしません、お断りさせていただきます」
とガチャ切り
すぐに発狂電話が折り返しかかってきたが「クレーマーの対応はいたしません」とまたガチャ切り
ウチの親父は電話が嫌いで電話番はほぼ100%オレなのでAからの電話はすべてクレーマー扱いで切った

ちなみにクソど田舎なので、大き目のガソリンスタンドはウチしかない
つまりA家を宅配地域に入れているスタンドはウチのみ
何度目かの電話で隣町のスタンドの番号を一方的に唱えておいた
宅配地域外だから断られたか割増料金をとられたかどっちかだろうがそこまでは知らない

とにかく冬の間中オレはAの灯油注文を受けなかった
アパートだしエアコンついてるから寒さは厳しいだろうが凍死することはないだろう
嫁さんには悪いが


さすがに陰険な仕返しだと自分でも思ったのでこのことは誰にも言わずにおいた
まあAが言いふらしたかもしれんがオレからは言わなかった
そして先週、Aが春になってすぐ離婚されたことを知った
もともとAはモラハラ気質で(昔からそうだったが)20代で結婚し今30代になった嫁さんに対し
もう羊水腐ってるだの産廃だの普段からいろいろ言ってたらしい。ちなみにAと嫁は同い年

そこへ灯油の件が決定打となって
「生活必需品も売ってもらえないなんて、地元でいったい何やらかしてきたんだ」と
怖気をふるった嫁さん、雪がとけてすぐ実家へ逃亡、そのまま離婚になったそうだ

嫁さんまで巻き込んでDQNだったと思っていたが結果的に嫁さんを救えたらしいので
胸のつかえがおりた
ほっとしたので書き込んでみた

このページのトップヘ