衝撃の事件

867: 1/4 2012/12/29(土) 23:52:53.11 ID:15BNTzsO0
私の友達の話で、女の逞しさと恨みを思い知らされた(?)話。
レイプ事件の為、胸糞悪い話になります。苦手な人スルーしてください。
フェイク込みです。初めてこういったスレに書き込むので矛盾があったりしてもフェイクだと思ってください。

今から何年も前。私の友人がAという男に強姦されました。
Aは友人の職場(サービス業)の常連だったらしく、Aに一目ぼれ。友人に交際を申し込むも「彼氏がいるのでお付き合いできません。」
と断られ、半ばストーカー化し、最終的に友人の帰り道を待ち伏せし強姦した、といった経緯らしいです。
あまり計画的な犯行ではなかったらしく、即警察に捕まったようです。

当時友人は彼氏と結婚も考えている程の関係だったのですが、事件後、関係がギクシャクしてしまい、別れてしまいました。
心にも傷を負った友人はしばらく自宅から出られないようになってしまい、何ヶ月も職場を休みましたが、
職場は長期休んだにも関わらず彼女は復帰する事ができたようです。(職場はレイプ云々については知らないはずとのこと。)
ですが職場の人も「レイプされた」ことは知らなくとも、警察沙汰の事件に巻き込まれた事は知っているはずなので、
友人はきっと戻った後も辛い事がたくさんあったと思います。(←なにがあったの?とかおそらく同僚に質問されまくったはず)

仕事に復帰した後、友人は少しずつ回復していきましたがどこか人が変わったようになりました。
事件前の頃と同じように笑って話す事もできるほどになったのですが、どこか愛想笑い以上に笑えていないと言うか、
心に影がかかっているような状態というか・・・。正直彼女にもっと元気になって欲しかったと思っていましたが、
私には彼女の苦悩やトラウマを推し量る事などできず、思い出したくも無い記憶を刺激しないように、自然な友人関係を意識して付き合っていました。
ですが、どうしても事件に関わる話題、単語などを意識的に避けて付き合うとギクシャクしてしまうというか・・・。
彼女も私が気を使っていることはわかっていたのでしょうが、だんだんと距離ができていってしまいました。私は友人として力不足でした・・・。

続きます。


858: 名無しさん@HOME 2012/01/17(火) 18:54:04
10年程前で当時25歳。 

残業帰りの23時頃コンビニに寄った。 
コンビニから出たらどこからか「やめて」という声が聞こえてきたので声のする方(コンビニの裏)に行ってみたら高校生くらいの男の子3人が地面にはいつくばってる女の子を蹴ってた。 

コライカーンと「やめなさい!」と飛び出したらなんだよ!って3人
がかりで服を引っ張られアッチコッチキャッチボールみたいにされた。 
予想では「ヤベっ」とか言って逃げるかと思ったのに。 

殴られたりとかはなかったのでケガはなかったけどコントみたいにジャケットとシャツの袖がちぎられた。
女の子はいつの間にかいなくなってた。
ボロボロの姿で家に帰ったらその姿みた旦那に怒られ&泣かれた。

319: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/29(火) 21:43:17.05 ID:C7r614Kc
小学生の時、下がハダカのおっさんが近所の女の子を車の中へ引きずりこもうとしている光景に遭遇した 
あわてて車の鍵を奪い、川へ投げこんだ 

おっさんは下がハダカのまま追いかけてきたが、なんとか女の子と家に逃げ込めた 
1時間後、窓から外を覗いたら、おっさんも車も消えていた
下がハダカのまま真冬の川に入ったんだろうか

それから5年後位に、「変質者に誘拐されそうになった女の子が、車のキーを奪って家に逃げ込み、通報して犯人逮捕」というニュースを見て、
自分も川に投げ込まないで、鍵持って逃げれば良かったかなと思った

148: 名無しさんといつまでも一緒 2010/10/17(日) 07:28:18
父親の元不倫相手が結婚したらしい。結婚相手は不倫を知ってたけど結婚。 
結婚相手の実家に電話して「あの嫁は不倫してた過去がある」って親に暴露したら私ってバレますか?

913: 恋人は名無しさん 2013/06/04(火) 07:48:56.25 ID:ghoC1M4V0
この事件があったため今の私があるだろうと思う事柄です。 


当時私は大学生。夏休みの間だけバイトで塾の先生をしていました。 

日差しがジリジリと照りつけるかなり暑い夏の日の午後。バイトに行こうと外に出たところ、道端に小学生の女の子がいた。 
女の子は一人でしゃがみ込み、じっと地面を見ている。 

蟻でも見てるのかな?帽子かぶってないな・・日射病になっちゃうぞ、と思いながら通り過ぎて3分ほど歩いた所で忘れ物をした事を気が付いた。 
めんどくさいなぁと思いながら小走りで来た道を戻り、角を曲がって自宅に面した通りに出ると、軽自動車の横で若い男性が先ほどの女の子を抱きかかえている所に遭遇。 


目を閉じてグッタリした女の子と切羽詰まったお兄さんの表情を見て≪日射病!?≫と思った私は、≪救急車呼ぶ!?≫と軽くビックリしながら当時使っていたPHSを取り出そうとした。 

つづき


このページのトップヘ