色キチ


333: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/29(金) 11:05:30.24
誘導されてきました。

嫁がパート先の社員に言い寄られて
何かいい感じになってるので
職場凸しようかと思うんですが…





459: 名無しさん@HOME 2017/07/10(月) 12:21:41.74 0
◆現在の状況
喧嘩をきっかけに嫁が口をきかなくなって3週間。
事務連絡みたいなのはあるけどほぼ無言の針のむしろ状態。
◆最終的にどうしたいか
元通り普通に暮らしたい。
それが無理ならいっそ離婚してサッパリやり直したい。

◆年齢・職業・年収
俺35歳・会社員・750万
嫁32歳・会社員・450万
◆ローン・借金・離婚歴なし
◆結婚4年目、子供なし、親とは別居(遠方)

◆離婚危機の原因の詳細
俺がコンパに行ったのが嫁に知られてしまって嫁がブチ切れた。
知り合いの女の子にいい人紹介してとしつこく頼まれてて、

周りの友達も既婚者多いし、

その場で恋愛対象探すっていうより、
まず友達増やしてそっからみたいな感じだったしOKした。

もちろん下心とかないし、ただただ幹事に徹したよ。

当日は俺、既婚者1、独身2。
あっちは普通に独身の20代4人で、夜中に帰宅。


嫁には送別会と言ってあって、「どうだった?」と聞かれたから
「送別会なんか、ただの付き合いだよ」と答えた。

そしたら嫁が「残念だったね」と言い、

「そんなもんじゃない?」みたいなことをたぶん答えたら、
嫁が「そうじゃなくて。何度もチャンスをあげたのに」とか何か言って、
部屋から出ていった。



350: 名無しの心子知らず 2011/05/02(月) 00:40:20.45 ID:9MYy88SK
もうすぐ二歳の男子の母です。
長くなりますが、お願いします。

地震後実家に避難
→旦那の仕事の都合もあり実家滞在が長引き、5月中頃まで滞在予定。
→毎週休みの日は2時間かけて実家に来てくる真面目で子煩悩な旦那。
→先日、旦那のキャパクラ通いが発覚。嘘ついて、隠れて遊んでた。
特定の嬢とも連絡を取り合っていた。

つづく


935: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/13(金) 20:03:33.02
ちょい吐き出し…

数年前、二人目の子供が生まれて
妻が働きだしたころから、
生活になんとなく違和感。
もともと家事をほとんどせず、
なんとか出来るように試行錯誤してたのですが、
よりいっそう家庭が上の空。

気になって家捜しをしたら
願い事ノートなるものを発見。

その中に仕事先の男とデートしたいと
頻繁に書き込み発見。
お互いのラブレターも見つけ
「お互い既婚者だけど、来世では結婚しよう」
等書いてあった。



そのことを問い詰めると
「メンドクサイ、離婚しよう」と。

ヘタレな自分は、
子供のこともあり何度も話し合い再構築の道を進み、
相手の男に会い釘をさしたのですが、
その後も会ってた模様。

それから一年たった今、
男と会ってなさそうなのですが、
過去の手紙を思い出すと心の中が修羅場。

過去に何があったか、
全てを知りたい衝動にかられ
男と会って話し合いをしたいという気持ちと、
全てを押さえ込んでこのまま過ごすか、
離婚の道を行くか、
頭の中でグルグル渦巻いてる状態です。

嫁に知られずに男と話し合うには、
どういう行動がよいですかね。
また何か準備したほうがよいもの、
してはいけない行動はありますか?


528: 可愛い奥様2017/04/25(火) 02:33:29.93 ID:sDriRJmF0
有責側からの求めで離婚するから
こっちに有利な条件を出されてる。

そうまでして別れたいのかって感じ。
旦那からの慰謝料も財産分与も
しっかり貰う。

プリには慰謝料を請求しないまま
今に至ってて時効まであと1年足らず
ってとこなんだけど迷ってる。

再構築するつもりだった頃に
「俺が上乗せして払うから
あの子には請求しないで」
てお願いされたことあったんだよなー、
そう言えば。

親に知られたら可哀想とか
将来が潰れたら可哀想とか言って。

嫁はともかく自分の子供の人生潰しといて…
って思ったらむかむかして吐きそう。

再構築するんなら
もうどうでもいいやと思ってたけど、
離婚するに至り、
プリの親御さんにお知らせしたい気もする。

まー、プリを育てた親御さんだから
娘庇うだけだろうけど、
それにまだ繋がってるから
慰謝料はどうせ旦那が
肩代わりするんだろう。

だったら要らないし、
プリには触らず旦那には機嫌よく
高い養育費を払い続けてもらう方が
得策な気もする。

平気で人を裏切る人間だと
痛いほどわかったから、
こちらの正当な権利であっても
うまくやらないとって思ってしまう。

それにしても本当に悲しいわ、
それでも大切な人だったんだからね。



このページのトップヘ