結婚式

433: 愛と死の名無しさん 2007/10/29(月) 21:48:55

友人の結婚式の話
友人の家はかなりの旧家で本人曰く「本当かどうかは知らないけど平家の末裔らしいよ(笑)」ということらしい
で、そういうのがモチネタだったんだけど、合コンの席で偶然
「偶然だけど、俺は、源氏の末裔らしいんだよ」なんて盛り上がった相手が、新郎
二人とも本気で信じているわけじゃないんだけど、そういうのがきっかけで知り合った

そして、結婚式当日
その話を聞いていた上司がスピーチで
「平家の末裔である新婦と、源氏の末裔である新郎が、この日めでたく結婚し…」なんて冗談交じりにスピーチをした途端
新郎側の親族席がザワついた
「平家だって?」「そんな話聞いてないぞ…」とか小さい声ながらも私の席まで聞こえてくる
明らかに様子がおかしい
しばらくしたら新郎側の叔父さんが新婦の両親の席にやってきて
「平家の末裔って本当ですか?」と問い詰めた
新婦父はちょっとお酒がはいってたらしく「あぁ。そういうことを先祖代々言われてますよ」と軽く言ったら
新郎叔父が「平家の人間との結婚なんて許さん!」とか言い出して新婦父に掴みかかった。
周りにいた親戚が止めたものの、他の親戚も「平家だなんて・・・」「うちにそんな血をいれるわけには…」と
お前らどこの時代の人間やねんwと突っ込みたくなるような発言があちこちから
結局、その後新郎側の親族のほとんどが途中退席するという異常事態に

二人は一応その後も結婚してうまくやってるけど
親戚とは完全に縁を切っているらしい

(新郎曰く「うちが源氏の子孫っていうのも嘘臭いし、信じてるのは祖父母や叔父叔母のみ」とのこと)

阿呆くさ~と思ったけど、そういう「血」に対する誇りを持ってる人間にとっては
重大なことなんだろうね…でも阿呆くせ~~~



947: 愛と死の名無しさん 2007/10/22(月) 16:53:12
友達の兄の結婚式に「数合わせのため」に参加させられました

彼女のお兄さん、A男さんは典型的なヲタで喪男で34歳まで年齢=彼女いない歴
ところがそんなA男がある日突然「彼女が妊娠したから結婚する」と言い出した
相手を連れて来いという話になりやってきたのが金髪・ミニスカ・タバコプカプカの超DQNB子さん
21歳で職歴無し、時々パチンコ屋でバイトして小遣い稼いでいるとか
しかもB子の母親は36歳で父親無し、結婚歴も無し

ちなみにA男の両親は元教諭で父親は教頭まで勤めた人
家自体も旧家でそれなりの金持ち
別荘をいくつか持っていたり土地を持っていたりマンションを持っていたり…
A男のお母さんは「絶対財産目当てだ!」とヒス起こしたとか…

それでも子供ができた以上ケジメはつけなければいけない
先方はほとんど親戚もおらず結婚式すらしたくない、籍だけ入れれば?というB子母親に対し
「非常識」「子供の将来を考えてちゃんとした式をしないと」と妙に張り切るA男両親
そして、何故か「うちと向こうじゃ家の格が違うことを思い知らせないと!」ということになり
招待客は新婦側が10人、新郎側が90人呼ぶことになった
ところが、新郎はヲタで友達もほとんどおらず(ヲタ仲間はいるがネットで交流するのみ)
招待客が集まらない…ということで妹の私たちが「新郎の友人」として招待された
最初はそんな結婚式出たくない、と思っていたけれど、10年来の友達だしお願い!とマジ泣きされて参加した

当日、新婦は席に座ってもボーッとして笑顔のひとつも見せない
しかし反対に「式なんてしなくていい」と言っていたB子の母親は水商売のような露出度が高く体のラインを強調した服で参加
新郎の親戚の席をお酌して回り「独身ですか?」とやたらと愛想がよかった
スライドショーは8割が「新郎の生い立ち」でやれ家が旧家で由緒正しいだの、どこそこの別荘で何をしただの、自慢だらけ
そういう新郎本人もムッとした顔で高砂に座っているだけ

後から判ったことですが、結婚式には新郎新婦はノータッチで新郎両親がすべて取り仕切ったとのこと…


857: 愛と死の名無しさん 2007/01/12(金) 18:51:20
デキ婚した花嫁の友人として披露宴に参加。
出産してからの挙式・披露宴だったので赤ちゃんも出席。

クライマックスに、花嫁が両親へ感謝の手紙を朗読した時の出来事。

「(妊娠が)思わぬことだったので堕ろそうと思ったけど、
母が支えると言ってくれたので出産することができました」

堕ろすとか、そんなの言わなくていいじゃん!
会場中が変な空気になりますた。


296: 愛と死の名無しさん 2006/12/13(水) 19:54:08
数年前の話。
遊ばれたり、本気で付き合ってたら妻子持ちだと判明したりでなかなか良縁に巡り合えなかったA。
やっと「心から信頼する人と巡り合えた」と言って結婚、披露宴をすることに。
今まで本当に苦しんで泣いてきたAを見てきたので招待された皆、心から祝福していたのですが、
そんな中、前々からAを妬んでいる節があったBだけが陰口を繰り返していました。
そして挙式・披露宴は恙無く終わったものの、2次会で事件が…。
学生時代からの趣味の仲間が全員招待されていたのですが、
その中にはAの元彼C(かなり前に円満に別れていて今はいい友人)がいたんです。
Bは新郎と最初は談笑していたのですが、突然、
「Aはおとなしそうに見えるけど、男性関係激しかったの。このCも元彼で他にもたくさん。不倫も…」と暴露。
顔色を変えた新郎、真っ青な新婦。
Cが大昔の話と一笑にふし、Cの彼女(この子も仲間内)がBを外に連れ出し、
周りは聞こえなかった振りを押し通したので表面上は丸く収まったのですが
その日の夜、Aは新郎に問い詰められて過去の男のことを全て白状させられ、
元々潔癖なところのあった新郎はAを許せず(自分は初めての男だと思い込んでいた模様)
話し合いの末に破談。
Aは「過去のことは聞かれなかったから言ってなかった。ちゃんと話しておくべきだった」と後悔し、
今もそのトラウマから(新郎の豹変ぶりもすごかったので)次の恋に踏み込めずにいます。
Bは「私のせいで…」と謝ったものの、一年後のCの結婚式でもやらかしたので愉快犯だと思います。


465: 愛と死の名無しさん 2007/10/31(水) 01:44:45
不幸だったかもしれない俺の結婚式(?)。

俺の側の親族(両親と兄貴二人とその奥さんと子供たち)は全員大賛成、
かみさんの側の親族(両親と妹夫婦)は全員猛反対という状態だった、
理由は、俺のスペックに不満があったわけではなく、
かみさんは長女だから、一生親もとにいて親の面倒を見るべき、
次世代を育てるのは妹夫婦にすでに子供がいるから、そちらで済んでいる、
自分の家庭にかまけて親を二の次にするから結婚は親が存命の間は絶対ダメ、
大学まで行かせてやったのに自分の好きなことを仕事にして好き勝手してるから、
そろそろ実家に戻って来い、ということだった。
当然、挙式どころじゃなくて、入籍だけして一緒に暮らし始めたが、
かみさんは両親や妹とは絶縁状態となった(本人に言わせればもともと仲悪いらしいが)。

そこで、うちのおふくろが「Mちゃん(かみさん)の花嫁姿が見たい」と言い出した。
(注:うちの両親は女の子が欲しくてしょうがなかったが、男しか生まれなくてあきらめたせいか
かみさんをとっても可愛がっている)
かみさんの側の親族はさすがに呼べないから、俺の側の親族だけ集めてささやかな披露宴というよりも、
モデル撮影会のような宴席(かみさんの弁)を持った。
ところが、娘のこんなにかわいい花嫁姿は親御さんも見たいでしょう、と、
おふくろが、かみさんの実家に写真を添えて手紙を出してしまった。
数日後、写真はズタズタに引き裂かれ、「こんな勝手な手紙は受け取れない。
お前たちのような勝手な連中は、奇形児が生まれて一生苦労するがいい」と
便箋の裏に殴り書きされて返送されてきた。



このページのトップヘ