結婚式

490: 1/2 2010/07/07 15:32:11
同僚の新婦A子は数年前に婚約破棄した経験があった。 
理由は婚約者の母親が「大事な跡取り長男にふさわしくない女だ」と反対したからだそうな。 
なぜふさわしくないかというと 

・顔が気に入らない 
・四大じゃなく短大卒なのが気に入らない 
・痩せすぎ。あの体型じゃ立派な男子(次の跡取り)は産めないに決まってる 
・家柄が気に入らない。祖父母の代が農家なんて平民じゃないか 
・同い年なのが気に入らない(もっと若いのがいい) ということらしかった。 

要するにいいがかり。たぶん誰が嫁だろうと気に入らなかったんだろう。 
ちなみにA子はすらっとしてるけど別に痩せすぎではない。 
当時の婚約者は100%母親の味方でA子をかばわず、そのまま婚約破棄となった。 

そんなA子も数年かけて失恋の痛手を癒し、彼氏ができて結婚が決まった。 
私を含む同期の同僚数人も招待してもらえた。
披露宴が始まると、新婦側の友人席(たぶん元同級生とか)がザワザワしている。
別のテーブルだったからはっきりは聞こえなかったが、元婚約者が勝手に来てたらしい。
勝手にというか、本来招待した友人にかけあって
「どうしてもあいつとやり直したい」と泣きついて、出席を代わってもらったらしい。


542: おさかなくわえた名無しさん 2008/12/03(水) 00:58:54 ID:qcRII6to
1年ほど前、友人に彼氏を寝とられた。 
そりゃしんどかったが、男を見る目も友を見る目もなかったのだと 
自分を納得させ、徐々にそんなことがあったというのも思い出さなくなってた頃、 

「おめでた婚です(はーと 式に出席してね♪」とかいうハガキが届いた。 

「氏ね」と書きたい衝動を堪えて「受取拒否」と大書きし、ポストに投函。 
その受取拒否が相手に届いたと思われる頃から、突如電話&電話攻勢。
いわく「あなたが祝福してくれなきゃ、私たちが幸せになれない!」とか 「一度は愛した人の幸せをどうして祈ってくれないの!」とか「赤ちゃんに罪は(ry」

指定番号によるる着信拒否だけじゃ収まらなくて、非通知拒否、公衆電話拒否、果てはアドレス帳外拒否までするはめになった。
しかし、さすがにこれで静かになって一安心と思っていたところ、別の友人より着信。

出ると、ヤツで
「あなたも心から愛する人ができれば判るはず!! いい加減ひがむN(ry」
ここまで聞いたところで終話して、その友人も一時的に着信拒否。
(後で聞いたら、ヤツに貸したことはなく、どうも勝手に盗まれ使われ、戻されたっぽい)

そろそろ自宅襲撃が来そうなんだが、どーして私がここまで粘着されねばならんのだ!
神経判らん通り越して、そろそろ怖い。

117: 愛と死の名無しさん 2013/07/20(土) 18:21:03.58
見てないから微妙にスレチかもしれない。フェイクあり
あるプロバンドのメンバーの一人が俺の従兄弟と幼馴染み
とりあえず彼をAさんと呼ぶ
先日従兄弟が結婚することになった
当日Aさんはこっそり目立たない服装で式に参加してくれたらしい
しかし新婦さんがはっちゃけて司会使ってAさんの正体を参列者全員に発表
更にAさんにそのバンドの曲をカラオケで歌わせようとする暴挙に出た
それら全て旦那である従兄弟にもAさんにも事前連絡なし
サプライズという名の騙し討ちだったらしい
それでもAさんは式の進行を台無しにするよりはと歌ってくれた
しかし彼はバンドではドラム担当
ヴォーカル並の歌唱力はない


そのせいか知らないがお年寄りには結構酷い感想を貰ってしまったらしい
その後従兄弟はAへの非礼にぶちギレて新婦へ説教した
しかしそれに新婦が「Aの歌が下手だったせいで式が台無しだった!」と逆切れしたので夫婦中は最悪に
従兄弟、多分年内に離婚すると思う

829: 愛と死の名無しさん 2013/03/21(木) 16:00:26
親族がいない、友人や職場関係の人だけの披露宴パーティーで起こった話 
最大の被害者は新婦と同じ課の後輩のA子さん 

パーティーの内容はごく普通で、会場もイベント関係も、親族がいないってだけでごくごく普通の披露宴だと思ってた

途中で「新郎新婦からのサプライズイベントでーす!」とアナウンスがあって、A子さんが高砂横のステージに呼ばれた新婦からのサプライズ内容の発表… 

「私のカワイイ後輩のA子は、実は入社した時からずっと想い続けている男性がいます!A子はこれから、その切ない想いに終止符をうちます!」 

固まるA子さんに急き立てる新婦、A子さんはムリムリ!と拒否しまくってるのがよーくわかる… 

痺れを切らしたのか司会者が
「A子さんは今時珍しい奥手な女性でしたので(笑)、少し方法を変えようと思います!○○社XX課のTくん、さぁどうぞこちらへ!」
「いやあああああああああああああ」(A子さんの涙声)

T君もたぶん固まったんだろう、悪ノリして騒ぎまくってた新郎の友人らに連行されてステージへ…
新郎がT君に花束を持たせて、
司会者 「さぁ皆さん! 今ここで新しいカップルが誕生します! 記念にお写真を撮りたい方もどうぞ前の方へ!!」
T君、どう見ても固まってる、迷惑顔なのか困ってるのか…そんな表情でやっとか細い声で言ったセリフが、

「ごめんなさい…おれ、先月婚約したんです…」


A子さんその場に崩れ落ちて号泣
すごく後味が悪く、どうにかしてやめさせられなかったか? でも、下手に止めたら「空気嫁」な方向に寒くなったかも…?と、半年近く経つ今でも「どうすべきだったか」の答えが出せずにいます

60: 愛と死の名無しさん: 2010/05/28 12:29:39

昔、学生の頃に披露宴の会場でバイトしてたけど
新婦が業者の一人を新郎の浮気相手と勘違いして発狂してブン殴って
その業者がまた妊娠してたもんで、流産してしまったという
悲しい場に遭遇した事あったな。



このページのトップヘ