結婚式


637:恋人は名無しさん2017/08/19(土) 15:34:46.08ID:a1juKtUx0
披露宴の友達の子供ってどうする?
両家とも親戚に乳幼児児童がいない
近しい友達も親とか旦那さんに子供を預けて来てくれる事になってる
でも友達の一人から、
LINEで「結婚式に息子に着せていく服決めた!」って来た

それだけでもビックリしたのに、
「式場のHP見てここで写真撮るの楽しみ!
挙式後にチャペルで写真撮れるかな?」とか来てるけどスルーしてる

しかも、結婚する事になって、結婚式の出欠のお伺いの時点で、
申し訳ないけど一人で来られるかな?息子君の預け先とか大丈夫?
って聞いてるんだよね
他の子は聞く前に旦那に任せるとか親が喜んで預かってくれる
とか言ってくれてた

迷惑掛けて、自己満足に付き合わせるのは分かってるんだよ
彼の仕事の関係で披露宴はやらなくちゃならないからやるんだよ
春が式なので、まだ招待状も発送してない
子供は元々招待したくなくて、大人っぽい式場にしたんだけど、
そこが子連れ婚も出来るとHPに書いているので式場の設備を理由にはできない

他の友達は預けてくるのにその子だけ連れてきて貰う訳にはいかないけど、
きっと預ける先がない事も分かってるので悩む
この様子だと空気読んで席を外すとかしてくれそうにない

彼に相談したら別室設けてシッター頼んで、他の子供にも来て貰うとか
お金のこと考えない発言してる
他の子供も来たら10人越えるよ
ちなみに友達息子はその頃1才3ヶ月





65:名無しさん@おーぷん2017/09/23(土)08:26:37 ID:107
結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

中学の時のジコが原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。

思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
ジコに遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、
ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
この友人をYとする。
私が地元を離れてしまったことで直接会うのは地元に戻った時くらいだったけど、私の結婚式にも参列してくれたし、行きたい気持ちのほうが強かった。
でもおめでたい席に顔に傷がある私が行くことで水をさすことになりはしないか心配で、Yに一度電話でその旨を伝えたら、彼女はそんなこと気にしない。それより直接祝ってくれるほうがうれしいと言ってくれたので喜んで参列させてもらうことにした。

まだ手のかかる子供たちは旦那と同居の良ウトメさんが見てくれることになって、小旅行のつもりで行っておいでと送り出してくれた。

途中までいいお式だった。
元々美人な花嫁だけどウェディングドレス姿はまた格別にきれいで、優しそうな旦那さんと並んでいる姿に感動した。
(もう入籍はしていたから旦那さん。)
今思うと私って能天気なんだなぁって思う。

私はひたすら感動していたんだけど、一緒に参列していた高校時代の友人たちは、Yが時々私のことを忌々しいものを見るみたいな目で睨んでいたんだそうだ。
でも私は気付いていないし、注意を促してその場の水を差すわけにもいかないから黙っていたらYが自爆した。

Yが私の顔の傷のことや高校進学が遅れたことを、大学時代の友人と論ってpgrしはじめた。
小さい声で言っているのならそのグループ内の会話で済んだんだろうけど、Yは少し離れた席に座っている私に聞こえるように言ったものだから会場内に響き渡った。途中からシーン…って耳が痛くなるような空気になったから余計に声が響いた。

「あんな傷があるのに、よく恥ずかしげもなく参列できたよねー」
「あたしだったらあんな傷があったら恥ずかしくて外に出られないけど、あいつ図太いからwww」
「あいつ、落ちこぼれなんだよ。高校に進学するの遅れてんのwww」
「かわいそうだからお情けで呼んでやったのに、勘違いしちゃって馬鹿だよねwww」
「あいつの旦那、よくあんなのと結婚したよねwww よっぽどもてない男なんだwww」
「妥協、妥協www」

とまあ、こんな会話を大声で。
新郎が小声で止めようとしていたけど、そのせいかますますムキになってヒートアップしていくのが少し離れた場所にいた私からもわかった。

新婦側だけでなく、新郎側の親戚まで大顰蹙を買っていることに花嫁とそこのグループだけが気づいていない状態。
居たたまれなくなった私が、席を立つべきか聞こえないフリに徹していたほうがいいのか悩んでいたら、顔を真っ赤にしたY母が鬼の形相で娘に近づいて行ってビンタした。
pgrされていた私が思わず飛び上がるくらい物凄い音だった。

で、一喝。
「あんたって子は!! 〇子さんに謝りなさい!!」
お母さん、実名報道は勘弁してください…って思ってたら、Y父と旦那さんがつかつか私のほうに歩いてきて、その場で土下座した。
土下座なんてテレビのなかでしか見たことがない私パニック。慌てて私も土下座した。

お互い土下座したまま「とんだ恥をおかけして……」って感じでひたすら謝罪。
その間もYとY母が口論していて、「花嫁の顔をぶつ!?」って感じでキレている娘と「あんたの態度は遠路わざわざ来てくれた人に、いい年をした大人がやることなの!?」って感じでキレていたそうだ。

「その年までロクに仕事もしないでふらふら、それに引き換え〇子さんは学生の時から自分でバイトしてうんぬん……」
私は高校生の時、Y母のパート先でアルバイトしたことがあって、その時のことまで掘り返してY母はYを怒鳴りつけていたみたい。
(土下座中の私に聞き耳を立てる余裕はなく、周囲にいた友人たちに後から聞いた)




118:1/22010/05/06(木) 13:26:00
嫁いびりの道具にされた披露宴の話を。

親友のAちゃん(新婦)が19歳、彼(新郎)18歳で学生同士の頃、授かり婚をした。
2人ともまだ若いんで両家でだいぶもめにもめたが、なんとか丸く納まり入籍。

披露宴は金銭的な問題もあったので、子供が産まれてから
落ち着き次第挙げようと言うことになっていた。

ちょっと長い前置きになるが、新郎の方はかなりのイケメンで、新婦は男気溢れる
(女らしさのない)タイプでまったく男っ気がなく、新郎が初めての彼氏だった。

新郎側の両親は「モテない年上の女にたぶらかされて騙された」ぐらいに思って、
かなりキツく当たっていたのだが、実際はというと新郎の方が彼女のサバサバした
媚びない性格や、優しさ、不器用さなんかを見抜いて惚れ込んで、新郎から
始まった交際だった。

妊娠が発覚した時もAちゃんはイケメン彼を信用し切れず、別れて一人で育てると
意固地になっていたんだけども、誠心誠意プロポーズを繰り返して、やっと結婚をする運びに。




2:匿名2014-03-27 21:38:34
私は結婚して3年になる主婦です。
今日はちょっと愚痴を言わせて頂きたくてここへ来ました。

私には生後8カ月になる子供が居るのですが、
私にち飲み子がいるという理由で妹が結婚式に呼んでくれなかったのです。

私と妹はたった二人姉妹、先方は6人兄弟だそうですが、
結婚式に呼ばれなかった私は先方の兄弟の顔も知らなければ、
御両親は勿論、親戚の顔も知りません。

旦那も私も後から妹が遊びに来た時に、
「あ、事後報告になりますが、私先月結婚式挙げましたんで。ち飲み子がいるお姉ちゃん達に来られたら他のゲスト様達が迷惑するので遠慮してもらいました。ごくごく親しい身内だけで質素に挙式したかったんで」
と言われました。






433: 本当にあった怖い名無し@ 2014/04/30(水) 14:25:38.99 ID:wpmJa3gH0
友人の話。許可は得てます。 
不倫ネタなので嫌いな人は回れ右で。 

友人Aはとある男Bと付き合っていた。 
関係は長きにわたり、その間何度も孕まされた。 
結果的に流れてしまったのだが、そういう辛いときにもBはAに特にアクションを起こさず、 
都合のいいときにしかメールもしない。 
あるとき、AはBに婚約者Cを紹介された。 
その頃には関係は終わっていたのだが、AとBが関係しているときBはCとも平行して付き合っていた。 
厚顔なBは結婚式披露宴にAと彼女のご主人Dを招待した。 
もともとBはDと友人だったので。 
挙式前にAに電話をかけてきたり、披露宴では蒼白でキョドっていたり様子がおかしいB。 
理由は、A夫妻が渡したご祝儀袋の中には、お金ではなく請求書が入っていたから。 
Aは、ご祝儀は一人であけたほうがいいと式の前に連絡した。 
請求書にはDの名前で、50万キャッシュで持って来るなら水に流す、と書かれていた。 
披露宴当日なので50万くらいすぐに用意できただろう。 
これでBはDに頭が上がらなくなっただろうが、私は請求書に関することはすべてAが企んだことだったと、 
終わってから聞かされた。




410可愛い奥様2017/10/29(日) 15:03:49.87 ID:rqD3ZyFN0
長文の愚痴になるんだけど
昔の出来事で、当時は何とも思わなったけど、最近になって気づいたことがあった

別の友人の結婚式が遠方であったとき、その親友と二人で出席した
披露宴の後、元々体が丈夫ではない私は疲れてしまって、ホテルの部屋で休んでいた
親友とは同じ部屋のそこへ、新郎新婦がやってきた
二次会に出席して欲しいとのこと
新郎の地元で新婦の知人がいないから、来てくれといった友人の気持ちも理解できたけど
私は立っているのがやっとの状態だった

「私は疲れて休んでいて…」と話したら、親友が新郎新婦に言った
「〇ちゃん(私のこと)が行くなら、私も行くよ。〇ちゃんどうする?」と
私が丈夫じゃないのは、親友も新婦も知っているが、新郎は知らない
「私はちょっと…」と、言葉を濁すと
「私は行ってもいいけど…〇ちゃんはどうするの?〇ちゃんが決めていいよ」
と、新郎新婦の前で繰り返す親友

行けないとは、とても言いにくい けど、断った
親友も、「〇ちゃんが行かないなら、私も・・・」と、申し訳なさそうに二人に言った
新郎新婦は諦めて帰ってくれたけど、
その時、親友がニヤニヤした感じの笑顔で私の様子を見ていたのは
覚えている

その件があってからか、新婦の新居に呼ばれなくなった
新婦だった友人は、私の家には遊びに来て食事をしたりはしていたが
「うちに遊びにくるときは、旦那がいないときにきてーうるさいんだよ、仕事で疲れてると」と言う
友人関係を大切にしているらしい新郎が、二次会に出席しなかった私を良く思ってないんだなと
直感で感じた

それからずっと、お祝い事に出席しなかったのは申し訳なかったなと思いながら過ごしていたが
親友と縁を切るかどうかで悩み始めたとき、当時のことをありありと思い出した
親友は、私の体調の悪さを知りながら、自分の評価を下げず、私だけの評価を下げるために
「〇ちゃんが決めて」と、二人の前で言っていたのかなと…
そう思うと、心当たりがある過去のことがいくつも思い出されてきて、
もしそうならば、私との関係は一体何だったんだろうと思うし、人間は良くも悪くも怖いなとも思う

ただ単に私の気にしすぎで、親友は何も考えていなかったかもしれないけどね
駄文失礼しました





170:愛とタヒの名無しさん2010/05/06(木) 21:42:41
連休前の式での実話

新郎の友人が飛び入り余興でバク転披露したら、頭から着地した
床はふかふかの絨毯敷いてあったんだが、
運悪く着地点に音響用の機材(?)が置いてあって、そこへ垂直に突っ込んだ
救急車呼ぶ騒ぎになって式は一時中断
首の骨折れたらしくてすぐに手術して、一応命は取り留めた
でも半年くらい固定しないといかんらしいのと、
治ってもどこかに麻痺が残るかもしれんと聞いた
新郎友人の親が訴えると言って来たらしいが、
そもそも新郎友人の余興は予定外で酔っ払って乱入してきただけ
周りが危ないって止めたのに無理矢理強行した結果がこれだ
ビデオにもそのやり取りが残ってる
新郎新婦に非は一切無いのにえらいことになった




301: 愛とタヒの名無しさん 2010/05/09(日) 11:56:08
式の最中に新郎が酔っ払って「ホントはこんなブスと結婚なんてしたくなかった」って口走ったことがあったけど 
場の空気が凍るってああいう瞬間を言うんだな 
その直後に乱闘に発展したけどw




405:愛とタヒの名無しさん2010/05/12(水) 12:04:49
プチだけど

新郎と新婦が一旦退席した後、新婦をお姫様抱っこして再登場という演出
本当は入ってくる一瞬だけお姫様抱っこで、すぐに下ろして二人で歩いてくる予定だったらしいのだけど(後で聞いた)
酔っ払ったのか調子に乗ったのか、新郎がそのまま歩きだした。
ちなみに、新郎は身長168cmくらいの標準体重なのに対し、新婦は身長155cmで体重は80kg近い
控えめにいえば「ややふくよかなおデブちゃん」。
さらに間の悪いことに、入り口から2〜3歩あるいたところに段差があり、
やっぱり酔っ払ったのか勢いづいたのか、それを忘れて踏み出して思いっきりすっ転ぶ新郎と放り出される新婦。

わらわらと心配してみんなが寄ってくると、新婦は「大丈夫大丈夫〜☆」なんて笑って答えたけど、
目には涙が浮かんでいたし、その後、高砂でもツラそうな顔をしているのを何度かみた。 

後日、新婦が「尾てい骨骨折」で自宅療養になり、新婚旅行がキャンセルになったと聞いた… 
骨折したまま、残り1時間の披露宴とさらに二次会まで出て、その間笑顔を保っていた新婦が痛ましい。 
そして、これをきっかけに新婦がダイエットをして、現在は62kgまで痩せて、 
デブ好きだった新郎とケンカになったとかならないとか…




453:愛とタヒの名無しさん2010/05/13(木) 23:34:47
新婦が友人から恋人を略奪して結婚。
脳内お花畑になっちゃった新婦は、よりによって友人を二次会に招待。
友人は「その日は彼氏が来てるから」でお断り。
新婦が「じゃあ彼氏も来ていいから!」とごねる。
友人「それじゃあ二人で」と出席。

友人の彼氏は白人イケメン御曹司。
新郎よりハイスペックな新たな彼氏に、新婦の花畑が一瞬にして枯れるのを見た。
新婦は昔国際結婚願望があったから、余計に効いたんだろうな。

友人は友人で「彼氏の友達紹介してクレクレ」にたかられていた。




このページのトップヘ