病気

282: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)08:51:22 ID:S4q
鬱病は心の風邪、
誰にでもなることがあるんだから
差別せずゆっくり休ませてあげるべき、
優しい言葉をかけるべきって風潮嫌い。

寒さか天候のせいか冬場に
強烈にこじらせる人が多い土地柄で
鬱病だっていって薬飲んでるような人を
何人か見てるけど、
全員、被害妄想が強くてプライドばかり高くて
自分を曲げようとしない、
他人に合わせることをしない人達。

甘えは厳禁って言うけどさ、
自分を甘やかしてばかりいたら
鬱になるのも当然だと思う。


まだマシな時、気分が塞ぐって言ってる人に、
外出して人と話したらっていうと
絶対に嫌って言うし、
親しい友達がいないと言い出して
(なら愚痴を聞いてやってる私は何?)

じゃあ友達作るために職場の人に明るく挨拶でもすれば
ー趣味はどう映画はどうと提案してもデモデモダッテダッテ。
一冬明ける頃には鬱状態が鬱病にランクアップしてる。

それで悪化させてから私鬱なんで労ってください
とか言われてもハァ?としか思わないよ。

今冬ついに身内にそんなバカが出て
すっごくイライラしてる。
私や別の家族の提案にも全部デモダッテで押し通して、
綺麗に上記のパターンにはまってたよ。

月曜だからちゃんと行かなきゃと言われれば
「我慢して行けなくもないけど、
それは我慢して、であって、
負担になってる事は同じ。
これで悪化させるかもしれないし、
本当に心配してくれるなら優しく暫く休んでいい
って言葉がけをしてくれるべき」

うるせーよグダグダ言ってる元気あるなら皿くらい洗え。
皆我慢して生きてるんだよ



271:おさかなくわえた名無しさん2017/06/04(日) 12:05:53.86ID:bFh+jTiN
実家暮らしの彼と、わたしの家で18時に会う約束をしてた

家に来るときは私がご飯を作って彼の仕事終わりを待って一緒に食べてたんだけど、
その日は偏頭痛からの吐き気でちょっと辛くて
連絡をとって、無理せずまた今度にしようという流れになった
仕事が立て込んでてその日を逃すとしばらく会えない予定だったので落ち込んでたんだけど、
薬を飲んで少し休んだらましになったので
20時くらいになってやっぱり会えないかと連絡をした
彼は快く来てくれるとのことで待っていたんだけど、
来るなりご飯は?とたずねられてスレタイ
頭痛いって言いましたよね…会いたいとは言ったけど…
ご飯ないとも言わなかったけど…もう頭ぐわんぐわん

病状をちゃんと伝えなかった私も悪いけどちょっと考えれば分からないかな、
偏頭痛だからと甘く見ていたんだろうけど
吐く程の偏頭痛持ちってことは彼も知ってたはず
むしろ辛いって伝えた時点で見舞いにこようとしなかったとこで
ちょっとイラついてたところもある、まあそれは勝手すぎるかな

構ってちゃんって言われるだろうけどそれくらい分かれよ、
と思っちゃって理不尽冷め
もうなんか買ってきて食べてと伝えたら、
お財布持ってきてないとか言いだしてさらにスレタイ


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/09/08(水) 14:58:38.93 ID:dBLWD/CU0
長かった入院生活も終わったwwwwwwwwwwww
遠距離恋愛中の彼女に凸するぜwwwwwwwwwwwwwww

ヒャッハwwwwwwwwwwwwwwww



989: 名無しさん@おーぷん 2017/08/20(日)02:42:50 ID:MIg
今日ってか昨日だけど彼女の家で夕飯してた
いつもニュースつけてるんだけど
今日は原爆の放射能を胎内で浴びたせいで小頭症で産まれた人の特集だった
彼女がなんか渋い顔しながらちびちび食べてるなーと思ってたら
「ごめん、チャンネル変えていい?」と言った
俺は小頭症ってブラックジャックにあったな、くらいにしか思ってなかったけど
「こういう事ちゃんと知っておかないといけないのは分かってる
でもこんな辛い話聞きながら食べ物の味を感じられない」と言った

見た目が普通と違う人達を見ながらじゃ食欲わかないって言うんなら
(人道的にはアレだけど)まだ理解できる
でも悲愴な口ぶりで「知らなきゃいけないけど辛すぎる」とか、
繊細な女アピールをする事に冷めた

普段は部屋が多少汚くても決まった日にしか掃除しないし料理するのに
計量スプーンも使わないっつー良く言えはサバサバ、
悪く言えばガサツってタイプなのに
エヴァンゲリオンの量産型が出てる映画みて
「キツかった」って半日寝込んだり(でもエヴァは好きという)
なぜか虹を見てボロボロ泣き出したりと
前から感受性強いですアピールはあったんだよな
俺が神経質な方だからちょっとガサツなくらいでちょうど良かったのに、
なんで女って繊細な方がいいと思うんだろ




このページのトップヘ