彼女

525: 525 ◆L4LqBS/yjY 2011/04/03(日) 18:06:28.14 ID:DLyuqiiM0
>>521さんではありませんが、失礼いたします。 

私子:私(♀) 
彼男:元彼(♂) 
ヤバ子:元彼の幼じみ(♀)メンヘラ 
友男:サークル友達(♂) 

私子と彼男は大学のサークルで知り合いました。 
同期で気が合ったので二人であちこち遊びに行っている内に彼男からコクられてお付き合いを開始。 

気になったのが、彼男がケータイを手放さず、デート中でも電話に出ることがあること。 
お風呂に入る時も脱衣所まで持っていき、着信が来ると慌てて風呂場から出て話をしているんです。 
それも長いときは1時間くらい電話して湯冷めしたってことも。 
「誰?」と聞いても「バイト先からだよ」「高校の友達」とか言いますが、口調が慌てふためいている感じ。 

さすがに不審に思って彼男のケータイの着信履歴をこっそり見ると 
「ヤバ子」という人から毎日、多いときは1時間おきくらいに着信がありました。
「浮気してるのか…」と気持ちが冷めかけると同時にヤバ子と一度話してみたいと思った。


今思えばこれが大間違いだったんですけれども、その時は
・彼男と私子が付き合っているのを知っていてちょっかいを出してきているのか
・それとも私子より前に付き合っているのか
・彼男がフリーだと思っているのか
を知りたかったんです。

ヤバ子が本命なら彼男のことをあきらめようとか考えてました。
ショックだとはいえ、彼男のことはまだ好きでしたから。


666: 恋人は名無しさん 2006/05/16(火) 21:47:56
 
携帯からだがマイペースで投下。 

俺がバイト時代の話。 

バイト先に面倒見の良いプチ熱血漢タイプのちょいイケメンB君がいました。 
そのB君を好きなCさんとDさんがいました。 
CさんDさん、共に俺とも仲良くしていた相手でしたが、
俺も二人に対して恋愛感情は全くありませんでした。 

ライバル同士の二人でしたが、CさんがあろうことかB君に『Dさんと俺が付き合っている』
と云う嘘情報をB君に言ってしまいます。 
DさんにB君を取られたくない一心だったようですが。

182: 名無しさん@HOME 2010/06/12(土) 04:12:34
ロミオメールとジュリメールが来てた 
前者はともかく後者の理由が分からない 

比較するとロミオの方が濃いためこっちを投下 

※日本語が崩壊しているため、脳内に専用フィルターの導入をお勧めします 

題名(私)へ 
本文 やあ、今日は気にの誕生日だね
君はどんなプレゼントをもらたんだろう、でも、どんな些細なプレゼントでも僕の送る豪華で盛大なプレゼントには叶わないと信じるはずさ
なんと、おれは気にのためにマッサージを用意したんだ!これせあれば君の天国に行けるはずさ!いや、間違いない!君は天国へとGOTOHEAVENだろう!
なんせ、気持ちいいかもしれないと有名だからね!よくビデオの中でも使われてるだろう?あ、きみはこんなビデオ見ないか・・・だよね、君はとても清純だろう
でも、こんなことを実行に移すのはオレくらいだろうな(笑

土曜日の午後十時、講義室で待ってるといいことがあるかもしれないよ?

118: 恋人は名無しさん 02/02/27 23:15
これは俺が巻き込まれた話。いいのかな? 

大学のサークルで知り合った同期の女でTってのがいるんだ。 
ちょっときつい美人で性格もからっとしている。頭もいい女だった。 
ちょっと気になる存在だったけどTはすぐ先輩と付き合い出したしはっきりいって俺の手におえる女ではなかったからそれはそれで良かった。 
むしろ意識しないで付き合える異性の友達ができたということのほうが俺にとっては大きかった。 

先輩もそれを知っていたから何も言わなかったしいい友人関係を続けてた。そしてTは美人だったから実際よくもてた。 
でも浮気をすることもなく傍目から見てもすごく仲のいいカップルというのはよく分かった。 
あの二人の間に入りこもうなんて奴はいないと思われた。 

あいつが入って来るまでは。

471: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/28(月) 22:05:38 ID:WzYR5gol

大学時代、サークルの仲間と1週間合宿に行った。 
結構大きめの安い旅館に泊まり、食事はかなり広々とした部屋で摂った。 
そしてその時にサークル内のある女に衝撃を受けた。 

その女は食事の前に数え切れない程のサプリメントを飲んだり、 
毎日朝食に出た目玉焼きの白身の部分だけ残したりしていた。 

合宿が始まって4日後くらいに「何故いつも白身だけ残すのか」と誰かが訊いたところ、
そいつは「だって、白身はコレステロールが高いでしょ?食べたら負けだよ」と言った。
「コレステロールが高いのは黄身だよ」と皆が指摘したら、最初は信じていなかったが、
旅館の人などに訊きまくりようやく納得していた。
そして翌朝から律儀に黄身だけ残していたw

その合宿は夏だったんだが、その女は食事中に「寒い!」を連発しており、
終いには「扇風機を見てるだけで寒いから、何処かに置いて来て」と、とんでもないことを言い出した。
「あの子は寒がりを可愛いと思ってる」と、他の女が呆れながら呟いていた。

そしてあまりにも「扇風機見たくない!寒い!」と言い続けるので、
ついに後輩(女)がキレて「押入れにストーブ入ってたから、それを見てればいいよ!」と叫んでいた。

本当にカオスな状態だったし、色々と本性が見えすぎて怖かったわ。


このページのトップヘ