彼女

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/23(火) 15:57:00.16 .net

大学に入ってなかなか彼女が出来ず悶々としてたんだが
取り敢えず未経験だけでもどうにかしようと
未経験者ハンターの噂があった1年先輩の嫁に声かけた
嫁は、背の低い細川ふみえみたいな感じで、顔も胸もあんな感じ
嫁に顔も身なりもパッとしないし、
男子校だったのもあって~などと身の上を正直に話したら
嫁は唸ってたが、取り敢えず髪型がダサい、眼鏡がダメ、服装が~と、
ダメ出ししまくられた
その辺変えないと付き合えないからと言われ、
嫁にも選んでもらって、ましになってきたと言われるようになってきた
ましになっても相変わらずやらせてくれなかったが、
嫁が気に入りそうな店によるように心がけ、デートぽくなってきた

嫁から恋人同士はクリスマスは一緒に過ごすべしといわれ、
俺は嫁にとって恋人だったんだと自覚した
そんとき嫁の雑然とした汚部屋で初体験を捨てた



638: :2014/08/20(水) 20:49:19.64 ID:

嫁は友人の幼馴染みの後輩の妹。
初めて会ったのは嫁が12で俺が21の頃。
後輩を含む友人らと遊んでいたら「お兄ちゃん携帯忘れてるよ」と友人の家まで届けに
来たとき。
見た目すげーヤンキーだったけど、友人は本当の妹のように可愛がってたみたいで一緒に遊ぶかって誘ったら子犬みたいにはしゃぐそのギャップにやられて、すぐに俺も妹のように思うようになった。

それから俺らの彼女を含めたグループで遊ぶことが多くなった。
年の離れた兄がいるせいか話も合うし、人懐っこい生粋の妹気質のおかげで女連中からも可愛がられみんなの妹みたいな存在になってた。
女連中は個別で嫁と遊ぶやつもいたみたいだ。

そうやって何年か過ごして嫁が高校生の頃、社会人になり仕事にも慣れた俺は長年付き合った彼女と婚約した。
その矢先に彼女から妊娠の報告。
きちんと避妊してはずなのにおかしいなーとは思ったが、婚約していたし順序は逆になってしまったがすごく嬉しかった。
すぐに「結婚しよう」とプロポーズするも、なんと彼女は浮気していたらしく子供はそいつの子で、俺よりそいつが好きだからと暴露され振られてしまった。

すんなり別れはしたが、人と関わるのが嫌になった俺は仕事の鬼と化した。とにかく寝る間も食う間も惜しんで仕事した。
心配した友人や親からの連絡も「大丈夫」とだけ言って無視し続けた。
しばらくすると連絡は来なくなった。
それでも嫁だけはちまちま連絡してきた。
昼間にコウモリ見つけたとか、空が綺麗だよ、とかバカみたいなメールを無視してもずっとしてきた。
かなりうざかったので返信はしなかったが、気が向いたら目を通してた。
半年くらいして嫁から「たぁ兄(俺のあだ名)のご飯食べたい!」ってメールが来た。
   

670: 名無しさん@HOME 2014/02/02(日) 16:55:46.89 0
見合いつながりで、自分の最悪の出来事を書く
事情があって、去年の秋に地元に帰って見合いをさせられた
自分は東京で働いてて、相手の子は、
自分の地元県の隣県(といっても互いの実家は車で小一時間)
に住んでいて、うちの父親の同業者の娘さんで、
しかも互いの母親同士が高校の同級生だった
第一印象は、ちょっと大人しめの可愛い子(26歳)
母親同士だけが煩いくらいキャーキャー盛り上がってて、
口をはさむ暇もなかったから

二度目は、こっちの帰省に合わせて
二人で昼食でも食べに行こうという話になっていた
だが、会話のテンポが壊滅的に合わなかった

自分も人づきあいは苦手なので、
女の子が楽しめるような話術には欠けている
それでも何とか盛り上げようとしたのだが、
「専門学校でどんな勉強してたんですか?」
「普通です」
「○○の仕事(彼女の勤め先)って面白いですか?」
「いえ」
「趣味は?」「別にないです」 「学生時代、得意科目とか・・・」
「特には」

これを仏頂面ではなく、ニコニコした可愛い笑顔で、
ちょっと首をかしげた動作付きで言われる
そしてこちらから聞いたわけでもないのだが、
自分アゲ(言い方悪いが)エピソードを語りだす
彼女 「職場の上司や、窓口に来たお客さん、
もう四人にプロポーズされたんです。
でも皆さん、 田舎の売れ残りの40~50代で、
正直身のほどを知らない方たちなのかな~って思うんです(笑顔)」
俺 「へ、へー、すごいね,もてるんだ」
「そんなことないです」(ここで話終わり)

「東京でお仕事できるって、いいですね。
同級生でも何人か都会に行っている子がいますけど、
正直実力も学力もなくて、運があるだけの子たちなんですよね~(笑顔)」
「(行った施設が臨時休館だった時に)こういうのって、
事前にネットとかで調べられるんですよ。
あとは昔ながらの電話で問い合わせるという方法もあるんですよ(笑顔)」

とっとと断りたかったのに、
向こうはもの凄く乗り気だから話を進めたいと連絡が来た
そして年末に帰ったら、母子でうちに遊びに来ていて、
ホラーに近い怖さを感じた
母親同士は台所で喋ってて、彼女は我が家みたいにお菓子食べながら
テレビ見てて、俺の妹が困惑してた
この見合いのせいで大事な物を失くしたのに、
毎日後悔ばかりで、本当に勘弁してほしい

672: 可愛い奥様 2010/10/17(日) 11:20:11 ID:oLT5lqwgO


 
今の旦那とつきあい始めた頃旦那の元カノの妊娠が発覚。 

それでも旦那とは別れられず、そのまま付き合ってた。 
元カノの方は寄りを戻したがっていたが、旦那は
元カノとは寄りを戻す気はさらさらなかった。 

数ヶ月後、元カノが流産した。

今となってはどこまでが嘘か本当か分からないけど、
それでも人として最低なことをしたと思っている。

結婚する気もない相手と生でズッコ*バッコ*中だしセック*してた
旦那も悪いのは分かってるけど、それを許し、そして妊娠を傘に結婚をせまっていた
元カノを心底軽蔑していることが一番黒いかも。

アラフォーだったし最後のチャンスだったんだろうなぁっていうのは分かるけどさ…



571: :2007/11/17(土) 11:44:10 ID:

空気読まずに書いてみる。
携帯からだから読みにくいのは許してくれ。
当時
俺(リーマン)19才
C子(元彼女・専門生)19才
Y君(C子の彼氏・専門生)19才

俺とC子は友達の紹介で知り合い付き合う事になった。
当時俺はC子の事が大好きで、片道2時間(C子は市内に1人暮らし)かけて会いに行く事も何とも思わなかった。何時でもC子が会いたいと言えば会いに行っていた。
そんなある夏、他県から来ていたC子は夏休みの間は実家に連れ戻される(お父さんが厳しい)ので「少しの間会えない」と連絡があり、C子は実家に帰っていった。


このページのトップヘ