因果応報

429: 名無しさん@おーぷん 2015/01/07(水)19:28:24 ID:vRP

今は元になった旦那に復讐されたのが修羅場。

大卒の自分が高卒の旦那と出会ったのは職場だった。
私は親会社の社員で、旦那は子会社から出向してきていた。
熱心なアプローチに悪い気はせず、ほどなく付き合い出した。
適齢期で周りが次々結婚していく中、
まあいいかと思って結婚し寿退社。

でも旦那がバカで、早々に愛想がつきた。
浮気、借金、暴力などはない。
優しいし、年収も悪くない。
でも、気が利かないし、
向学心がなく人の忠告を聞かないのにイライラしてた。
本を全く読まない、教養をつけようとも思わない、
元々あまり頭がよくないので、
ちょっと話が難しくなると会話についていけない、
常識的なことがわからず恥をかくことも頻繁にあった。
所詮子会社の社員で高卒とはわかっていても、
そんな旦那を恥ずかしいと思い、子供の教育には力をいれた。
結構あからさまな態度をとってたと思う。
夫との仲は冷えきり、益々子供に入れ込んでいった。
私に子供を生ませたんだから、
責任とって一生養えばいいと思ってた。



510: 名無しさん@HOME 2012/03/25(日) 13:39:03.38 0
つまんない話ですがごめん、吐き出させてもらう 

舅が死んで初めての彼岸だった。 
舅は屑だったと思うが、なぜか死ぬ2年ほど前にウォーターした。 
お金は有り余るのに、人は誰もいない、とどっかで愚痴ったら、 
その話を聞いてくれたどっかのばあさんに、 
「あなたは可哀そうね、人にやさしくできなかったのは誰もあなたにやさしくしてくれなかったからなのに。 
可哀そうな人生だったのね」 
とさめざめと泣かれて、初めて自分のやったことをじっくり振り返ったんだそうな。 
泣いてくれたばあさんに、自分のしたことを語って、 
ばあさんに泣かれて一緒に泣いてたら自分のしたことがいかにひどいことだったかわかった、すまなかった、と。 
今更許してくれ、と言ってもたぶん無理だろうから、せめて自分が死んだ後に息子(夫)に遺産を受け取ってほしいと手紙がきた。 
(絶縁して連絡先も教えていなかったので、親せき経由で)

『夫は10年前に死にました。今わの際の言葉は『あいつ(舅)にだけは連絡するな。葬式にも絶対呼ぶな』でした。
あなたが殺し損ねた長女は3年前に幸せに結婚して、子供も生まれていますが、
絶対にあなたには会いたくないといっています。子供も会わせたくないと。
あなたが知らない孫があと2人いますが、性別も教えたくはありません。
二度と連絡はよこさないでください』
という手紙を送り返した。
舅から来た手紙と、あまりに遠くて顔が全くわからない娘と孫の写真を、その中に何故入れたのか自分では判定不能。
写真は背景を入れようとしてあまりに遠くから撮った失敗作。



121: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)20:00:47 ID:BMsfDTbgy
先週なんだけど、ネットの女叩きを信じ込んだ高校時代からの同級生の男友達と縁を切った。
大学近くの居酒屋にそいつともう一人一つ年下の後輩の女の子とで行ったんだけど、話と酒が進むうちに男友達が「一方的な理由で彼女に捨てられた」と恨めしそうに愚痴をこぼすので話を聞いた。
すると彼は彼女に「お互い卒業して就職したらすぐに結婚しよう。そしてすぐに子供作って出産3日前くらいまで仕事して産んで3日ぐらい経ったらまた仕事してほしい。社会で輝く君の姿を見たいんだ。育休や産休とか論外だから」
と愛の告白と未来設計図を同級生の彼女に言ったら即効で捨てられたらしい。
「意味がわからない」とか「寄生する気だったのかよ」とずっと言い続ける。
ちなみに私と男友達はともに大学三年生。学部は私だけ理系の学部で二人は文系の同じ学部。男友達の元カノは後輩の同期で私の友人。
誰も就職していない上に男友達は単位不足で進級すら危ぶまれている。
正直それで寄生はないだろと思っていると、男友達が「これだから女は」と女の前で言い出した。
後輩と適当に愚痴をスルーしながら資格試験の話でもしていると、急に「そうだレポート手伝えよお前ら。単位補うのにやんなきゃなんねえんだよ」と言われたので、後輩とお互い自分の分があるからと即断ったのだがとにかくしつこかった。
「そんなに急ぎなら帰ってやれよ」と言えば「こっちはどれだけ必死にやっても女様はすぐこう言うもんな」となぜか性別をネタに不満ばかり。
その後も「女はすぐに楽したがる」「悲劇のヒロインぶって休んでばっか」「ニワトリだって毎日卵産んでピンピンしてるのに女ときたら」
破局のショックで酷い酔い方してんのはわかるけど、愚痴の大半がブーメランかつ非常識なのと、ここまで言われ続けるとかなりイライラしたので、
「じゃあニワトリと結婚すればいいじゃない」と言って自分と後輩の分を会計して後輩と一緒に帰った。
以降ラインもツイッターもブロックして連絡を絶ってたら、昨日風の噂で元男友達が留年したことを知った。

223: 名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金)11:51:00 ID:Ec6OOCU3t
小学生の時同じクラスに、自分の親を心底嫌っているA子という子がいた。
といっても毒親とかじゃなくほんとーにふつうの親。おとなしくてやさしいお母さん。
でもA子は「ほかの家と違ってオバアチャンなのがイヤ」(高齢になってできた子だった)
「家が貧乏なのがイヤ」「ごはんが年寄りくさい」「服のセンスがヘン」と言って
母親をしょっちゅう叩いたり蹴ったりしていた。
よく「自分は橋の下で拾われた子で本当はもっといい家の子なんだ」って妄想があるけど
あれをもっとひどくした感じだった。
A子はわざと体にあざを作って「虐待されてる」と先生に訴えたり
嘘ばっかり書いた日記をまわりの大人に見せたり、リスカしたりして
どうにかして自分の家を出ようとしていた。
その間もお母さんを殴ってお金をせびったり、「ババア」「みっともないから外出るな」と怒鳴っていじめていた。
A子のお父さんは見たことないけど、やっぱりおとなしい人でA子を止められなかったらしい。
(大人の男の人なら小学生女子ひとりくらい止められるのでは…と思うんだけど
詳しいことは知らない)

799: 1/2 投稿日:2009/04/09(木) 04:56:47 ID:4I1t43BQ
山でウド、カタクリ、タラノメなどの山菜を採っていたら、同じく山菜を採りにきた親子を見つけた。 
ちなみにそこは俺んちの山なんだが、普通の人は山が国以外の誰かの持ち物だって知らないかもなぁ、と思って我が家では毎年見てみぬ振りをしていた。 
しかしその親子は初体験なのか乱獲が酷かった。
タラノメなんて手が届かないと枝を折って採っていた。 
だからさすがに見かねて
「あ。ちょっと、折らないでください。生えてこなくなりますから」と注意した。 
突然の俺の登場にちょっと驚いた父親だったが、素直に謝ればいいものを
「別に君の持ち物じゃないだろ」と 
口答えしてきた。
「いや、ここ僕んちの山なんですよ」と言ったら何故か急にキレだして、
「ハァ?なんだよ僕んちの山って。いい加減にしろよ?」とか言ってくる始末。
びびりの俺は内心泣きたくなってきたが、頑張った。
「いやだから僕んちの土地なんですって。だから枝とか折らないでください」
「じゃあ証明してみろよ、ああ?こっちはなぁ子供連れてきてんだぞ、ああ?だったらお前も草とか踏むんじゃねぇよ、ガキが。殴られたいのか?」
怖かったのでここで俺は
「いいから、折らないでくださいね!」と言って退散することに。
いいさ捨て台詞と思われても。ってことで隠れて監視することにした。



このページのトップヘ