因果応報

612: :2014/11/29(土) 22:08:25.73 ID:


間なんか奈落の底に落としてやりたかったぜ。

裁判になったが、訴状のコピーを再就職先まで送りつけてやったぜ。
相手方の弁護士は名誉棄損だ、刑事だと息巻いていました。
俺方の弁護士は
「慰謝料の取り分が減る」とか、裁判官は「戦線を拡大するな」とかいった。

俺は「金じゃない、名誉棄損?上等だぜ、俺の代わりに職場凸実父がやる」と言ってます、といったら
相手方の弁護士はもがいていましね。
実際に何度かやってもらいました。
大体、興信所費用100万、弁護士費用着手金20万、その他もろもろ100万だ。
判決で200万円から400万円が相場だってところで、大赤字。
で、間男どうなったかって?
東京の公務員から北海道のド田舎に逃亡。
後は知りませんが苦労してるんじゃないかなあ。

小梨の場合はまだ救われる余地もある。
傷が浅いうちに汚嫁と別れて正解であることは間違いない。
俺は子育てで必タヒ。
まあ、運命だと思っているが子供たちは実母がいるから何とかなっている。
実母は怒っているなあ、「浮気をする女は何度でもするから信じちゃだめだ」って。
子供たちには何もいわないけど、理解はしているようだ。
それが救いなんだけどね。



922: 名無しさん@HOME 2013/08/25(日) 00:18:46.06 0

ありがちだけど、自分の不倫がバレた時が修羅場だった
ばれる前、私は自分から不倫相手に別れを告げていた
不倫相手に「あんなつまらない家族に縛られてて
○○(私)がかわいそうだ」みたいなことを言われた時、
私の旦那も娘もつまらない人間なんかじゃないわ!と怒りを感じ、
自分が家族のこと好きなんだと改めて実感
不倫してることがアホくさくなり相手に一方的に別れを告げた
…で、心を入れ換え旦那&娘を第一に考えるようになり、
一件落着だと思ってたんだけど、実は私の不倫は
バレてないと思ってのにすっかりバレてて(我ながらすごい間抜け)
不倫終了から数日経ったある日、旦那から証拠と一緒に
離婚届を突きつけられて一気に頭真っ白になった
だいぶ前から離婚に向けて動いてたらしく、
自分でも目を覆いたくなるような画像やら生々しい音声やら
報告書の内容もぐうの音も出ない真実だらけ

娘が私に冷たかったのは、てっきり思春期のせいだと思って
そのうち元通りになるとさほど気にしてなかったけど
実は私の不倫を知ってて怒ってたからだと聞いてさすがに震えた
もう別れたと弁解したけど不倫していた事実そのものを責められ
取り付く島もなく離婚を迫られどうしようもなくただただ号泣

ウトメにはキレられ、母親には泣かれ、父親には頬を引っ叩かれ、
旦那にはものすごく冷たい目で見られ…
正直あの時の旦那の冷たい目が一番堪えたと思う
娘は私ではなく旦那の方に付いていくと宣言してると聞かされ、
旦那だけでなく娘にも嫌われる恐怖で本気でガクガク震えた
パニックになりどうしていいかわからず本当に泣くしかなかった
結局、謝罪に謝罪を重ねて離婚だけは勘弁してもらった


522: 本当にあった怖い名無し 2012/11/28(水) 09:55:31.10 ID:JLkGAE2x0
短い話だけど書いてもいいですか?

523: 本当にあった怖い名無し 2012/11/28(水) 10:50:37.44 ID:jA/ZJo1u0
ドゾー



724: 1/2 2007/02/22(木) 08:59:03

プチですが個人的にはスカッとしたので。
私の元トメはどこにでもいるクソトメでした。
孫から家事から私は一通りの過酷な修業(同居中)を耐えたのですが、
ついに我慢出来なくなり別居。
その後浮気・シャキン夫とも別れ、幸せに暮らしてました。
ところが先日実家に帰省中、ばったり元トメに遭遇。
(私実家と元トメ宅は同じ市内)
元トメ『あら、久しぶり~』
なんて声かけられてしまい逃げられなくなったので挨拶程度ならと話してしまいました。
嫌味混じりな自慢をされ、孫の話に。
といっても私の娘二人ではなく、元夫と再婚相手との間に娘が一人出来たんだと話してました。
昔散々、次女をいらない子だとか成長が遅いから障害があるだの言ってくれたトメ。
もちろんおまえは女腹だ、役立たずとも言われました。

898: 名無しさん@HOME 2008/08/28(木) 22:27:24
私と夫の給料をしつこくしつこく
しつこく聞いてきては
「そんな低スペックな結婚ありえな~いw
 嫁子ちゃんて結婚してても負け組だよねw」と
いうコトメさんが今度お見合いするという。

「私の友達に(某有名メーカー)の重役の
 息子さんと結婚した人がいるよ。
 初めての顔合わせの時、ご飯が
 ものすごいおいしかったからって
 お見合い相手のデザートまで食べちゃったんだって。
 そしたら『たくさん食べる女性が好きです』って
 気に入られて、そのままトントン拍子に結婚しちゃった。
 やっぱり自然体が一番だよね」
と吹き込んでみた。

まさか本当に実行するとは思わなかった。

友人事は実話だが、20代前半の可愛くて
性格が良くて育ちも家柄も学歴も良い
家事技能もバッチリな女の子が幸せそうに
食べているから、お見合い相手の人が
「僕の分もどうぞ」とデザートをくれた、
というほんわかエピソードだ。

30代半ばの顔も性格もセンスも難あり、
年収150万以下の自称キャリアウーマンが
無言で相手の皿にフォークを刺すのとは訳が違うのに。

当日に着ていくワンピースに
防虫剤をなすりつけ、鞄の中にも変色した
古い防虫剤を仕込んでおくDQN返しを
したのに何の役にも立たなくてくやしい。


このページのトップヘ