因果応報


963:名無しさん@お腹いっぱい。2013/03/15(金) 14:48:42.27
相談です

お恥ずかしい話ですが若い頃は浮気性でいろいろ遊びました
嫁さんとは約8年付き合い、私の浮気が原因で2度別れましたが復縁し
結婚に至りました

結婚後も何度か浮気してしまい、離婚の危機も迎えましたが
このたびめでたく娘が生まれました つづく




352: 名無しさん@HOME 2017/02/16(木) 10:12:47.84 0
相談させてください。 
俺34歳、嫁31歳、交際2年で結婚して2年目、
子どもはまだです。 

俺は学生時代にすごく仲良かった友達がいて 
社会人になって俺は東京、
そいつは関西で働いてたんだけど 
連絡はたまに取ってて
お互い出張のときに飲んだりしてた。 
結婚後も何回か会って、それは嫁にも話してた。 

そいつが3カ月くらい前に東京に転勤になった。 
それで東京わからないから
いろいろ教えてよって言われて 
前よりかは頻繁に飲みに行くようになった。

といっても今までで5回かな? 
それでこの間、会社帰りに飲みに行こうと誘われて 
奥さんにも会ってみたいと言われたから
嫁も誘ったんだ。 
それで3人で食事して飲んで、
翌日、その友達からLINEが来た。 

「奥さんに○○(俺)と二人で会われるの
あんまいい気しないって言われちゃった(^^;) 
いつも普通に来てくれてたから
奥さんも公認なんだと思ってたけど 
私は○○のことそういうふうに見てないから
何も考えてなかった! 
ごめんね、奥さん大事にしろよ~!」 

みたいな感じ。



550:名無しさん@お腹いっぱい。2016/12/08(木) 21:07:32.07
一度目の結婚はほとんど勢いだった。

結婚前からわかっていたことだが、家事は全くしない上に浮気やモラハラが酷くて二年経たずに別れた。周りからは「見る目がないからだ」「あんな女選んだらそうなる」と言われ散々だった。

離婚後に出会った彼女は元嫁と違って穏やかで真面目だった。
若くて綺麗で性格もいい彼女に夢中になった。

彼女とは四年と少し付き合い、彼女の方から結婚したいと言われたが、過去の事もありなかなか踏み出せなかった。

彼女のことは大好きだし一緒にといると安心はしたが、結婚する決心がつかず一年ほど答えを引き延ばしてた。

何度も話し合ったが、次第に喧嘩になることが増えた。喧嘩続きで少し好きという気持ちも薄れていた。煮え切らない俺に痺れを切らし彼女は去って行った。

振られてからは抜け殻のようになり、ふと気が緩むと勝手に涙が出てきた。
いなくなってからわかったわけじゃないが彼女がとても好きだった。復縁したい気持ちでいっぱいだった。

ぐずぐずしていると他の男にとられると焦ったが、やり直すには結婚するしかないだろうと思い、二の足を踏んでいた。

一年も経っていなかったがFacebookで結婚したことを知った。
幸せそうな彼女の隣にいたのはかなりのイケメンだった。ネットストーカーをして知ったのは、俺と別れたあと、彼女を狙っていたイケメンから猛アプローチを受けたということ。

イケメンのsnsにはツーショットで「最愛の奥さん」とか、美味しそうな弁当と共に「健康に気遣って毎日奥さんが作って持たせてくれる」なんて投稿ばかり。

俺はあまりのショックで酒浸りになった。
そして逃げるように以前からアプローチしてきた女性と付き合った。
正直、彼女以外の女性を好きになれないしどこの誰でも同じだった。
女性と行為しながら元彼女の事を思い出していた。

ある日女性に呼び出され「子供が出来た」と告げられた。
そんな形で結婚に至る。情けない。

今の嫁も穏やかだし、それなりに好きにはなれた。子供も可愛い。
でも隣にいるのが元彼女ならと夜毎沸々と後悔が湧いてくる。




737: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/01/20(金) 22:07:40.09 ID:pyRMxJDFa
このスレで騙されたと思って、ずっと鍋にしてごらん
とアドバイスしてくれた人、どうもありがとうございました。

おかげ様でうちの鍋には何故か、しめ鯖が、そのまんま入ってました。
臭いわ出汁は不味いわで、なかなか酷いメシを堪能できました。 


43:愛とタヒの名無しさん2010/11/05(金) 05:32:38
ほとんど接点がなかった同級生から招待状を貰い、一旦は断ったけど
車代も出すから是非にといわれ出ることに。

余興の相談ってことで他に出席する人間を確認して、仲の良かった子が一人にいたので
早速電話で何故私が呼ばれたのかを聞いてみた。

誰でもいいからまだ結婚していない同級生に見せつけたかったらしい・・・
うーん、久々のきっぷ代がついた帰省とご飯食べに行く機会と割り切ることに。


このページのトップヘ