友人


375:名無しさん@おーぷん2018/04/30(月)10:22:53 ID:N63
友達が俺の姉を嫌ってる。理由は不明
嫌いなら来なきゃいいのに俺んちに来て姉につっかかっていく
姉はそいつを嫌いになってしまいそいつが来ると家を出てく
そしたら友達は玄関まで追っかけていって罵倒
姉が逃げると俺に姉の悪口を永遠という
昨日も家に来た
いつものように姉の部屋をあけ「コーヒーな!」
しかし残念
姉は4/8から一人暮らしだ
姉がいないと知って友達「逃げたな!」いや就職です
俺のスマホ勝手に見て姉の番号探ろうとしてたが残念、仮名登録です
怒り狂って帰っていった
いい機会だから縁切るわ





533:名無しさん@HOME2017/11/08(水) 14:54:53.30 0.net
昔、友人から、「お前の彼女が他の男とホテルに入ってた」とタレコミがあって、浮気をずっと疑っていた。
そのタイミングで彼女から妊娠した、とか告げられたから頭にきて、
「自分の子じゃないだろ!托卵でもする気か?」ってブチ切れ、一方的に関係を絶ってしまった。

彼女から弁明のメールや電話が沢山来たし、俺の両親は彼女を信じきって、「そんな事する子じゃないよ」と俺を必タヒで説得して来たけれど、どんなに身重な体でしつこく付き纏われても全然信じる気にはなれなかった。
それから女性不信になって新しい恋をする気にもなれず仕事に打ち込んでいた。
出産後からは忙しさからか彼女の方も静かになった。
ただ、俺の両親は、産まれてきた子供が俺の子供だと本気で思い込んでいるらしい、シングルマザーな彼女を援助したり心から孫を溺愛してた。
他人の子供なのに馬鹿だな、って、冷めた目で見ていたんだが、成長する毎に俺に似てくる子供を見て気持ちが揺らいできた。
まだ信じられないし、ぎこちないけど、彼女とも子供や俺両親を交えて遊ぶ機会も増えた。
彼女が、土日に仕事が入ると、俺が子供のお守りをしたり、クリスマスにはプレゼントを送ったり、
自分の子供だって確信は持てないが、子供は不思議と可愛く思えた。

先月飲み会で、彼女の浮気を密告して来た友人にこの件を話すと、
「あれ冗談だよwリア充だった(俺)が恨めしくて、ただからかってやろうと思っただけw」
ってゲラゲラ笑い飛ばされた。
誤解も解けて、その友人から、彼女に事の経緯を説明してもらって、今、何とか彼女と和解する事が出来てホッとしてる。
一回真面目な話し合いの場を設けて話し合って、そっから以前と変わらない交流を続けているが、
未だに元カノと元カレ(もしくは知り合いの男性)みたいな微妙な間柄でモヤモヤする。
信じられなかっただけで俺から彼女に対しての好意はずっとあったし、ケジメもつけたいから、今は結婚も視野に入れている。
今は実質夫婦のような関係だけど本当のところわからない、彼女もハッキリ言ってこないし、自分も今更何て言えばいいのかわからない。
彼女は、「自分の身の潔白が証明できただけで良い」と笑ってた。
今からでも関係は修復可能なんだろうか、友人のせいで人生が滅茶苦茶になったわ





764:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]2016/04/06(水) 22:53:39.49 .net
早く帰りたいのに会社の連中+後輩にむりやり飲みにつきあわされた
飲みまくってヒートアップする連中に「お前は嫁を理由に付き合いが悪いかホントに嫁から愛されてんのか」と疑われ、その後世の中の女の悪口が続いた
俺の嫁も貶されまくって反論したら「愛されてる証拠を示せ」と言われたので、メールで「愛してる」だけを書いて送信
返信のメールが以下の通り
「お酒飲めないのに無理してませんか。大丈夫ですか。
連絡が遅かったのでお夕飯ができています。あなたの好物の白味噌で鯖の味噌煮を作りました。
帰ってきてから軽く食べますか?
お弁当にまわしますか?(画像付き)」

ドヤ顔でメールみせつけてすぐさま帰宅したぜ




172: おさかなくわえた名無しさん[] 2010/12/09(木) 11:58:55 ID:I+8OGWoJ
知人から、旅行に行くからしばらく世話して欲しいと言われ、ミニチュアダックスを預かったんだが、 
帰ってきても引き取りに来ない。 
連絡しても、もう少しの間頼むと言われ、一ヶ月程たったあとに、 
家では飼えなくなったから引き取ってくれと言われた。 
駄目なら処分するしかないとまで言われ、一月世話すれば情も移り見捨てるわけにもいかないので承諾したが、 
代金として30万円請求された。 
これはもう詐欺の領域だと思う。




533: 愛とタヒの名無しさん 2016/04/10(日) 11:59:37.34 ID:TnQOja+M.net
人前式だからブーケトス無くて、ブーケがどうしても欲しい人が新婦からブーケ強奪した現場を見た




このページのトップヘ