友人


167:名無しさん@おーぷん2014/06/06(金)07:03:31 ID:q70Y1HBn7
今夜旧友と呑む約束をしていて
思い出したので仕返しした昔話を

小学生のころ私は苛められていました
理由は気が弱く、当時の年齢としては大きな体格
太っていて足が遅い、それらが理由だと思います
当時私のいる小学校では足が速く明るいのが
ヒーローの条件でしたから

苛めの内容として、小突かれのろまと罵られたり
靴や物を隠されたりお約束通りのものでした





574:名無しさん@おーぷん2018/07/06(金)11:47:09ID:EGR
就職してから物理的な距離ができてた友達がいて、
それでも年賀状のやりとりは欠かさずやっていて、
相手が地元に戻ってきたら必ず連絡があって顔を合わせていた
ところが私が結婚報告してからぱったり連絡がとれなくなった


これまでお付き合いしている人がいることとか匂わせなかったから、
いきなりで驚くかな?とは思ったけど、まさか連絡が途絶えるとは思わなくて戸惑っています
最後に会ったのが今年のお正月、3月に結婚報告、そのときはお祝いのメールをもらったので、
新婚旅行のお土産を送ったけどお礼とかは無かった
GWに合わせて毎年連絡があるのに今年はなし
連絡を送ってもメッセージはなく、体調を気遣うメッセージも返事は無い

それまでは毎回友達から休みごとに会おう会おうと言われてたんですが
結婚を堺にこんなに疎遠になるものかと戸惑っています




511:おさかなくわえた名無しさん2017/11/07(火) 02:58:05.21 ID:L4aL4q6H.net
SNSは大概「私ってこういう人なの」を世界発信する場にしている人が多数なことは承知の上です


で、リアルの友達が
「今日は旦那さまに~~してあげました」
「実家の父が病気になって泣きそう」
「今日はこんなお料理作ったよ!つい和食になっちゃうんだよね」
「弟嫁から~~と言われて凹んでます」
「熱を計ったら39℃でした」
と毎日のように自分のことをつぶやいていて

まあ見てはいたんだけど、共通の友人2-3人が
「優しいね」とか「大変だね」とか「お大事に」とかポツポツと返信していて
他にも友達の多い人なんだろなと思い私は何もそれらには反応しなかった

心の中では忙しそうだなとは思っていたけど
返信しちゃうとその倍の返事がくるのが想像できたから面倒くさくて・・

そしたら夕方SNSと同じ内容のラインがきた(個別)
心のこもった返信ができないで今に至る

いかにも上っ面だけの社交辞令
「大変だねがんばって」
でいいんだろうか?
と悩んでるうちにすでに10時間経過してしまった




885:名無しの心子知らず2018/07/15(日) 17:55:29.55ID:YSBG2h+G
先日息子のお友達が泊まりに来て、
その日の夜ご飯、翌日の3食を食べさせて、
庭でプールしたり花火したりした。
すごく喜んでもらえたし、ママ友にも感謝してもらって
良かったなーと思ってた。


で息子が次の週に泊まりに行かせてもらって、
子供向けのイベントに連れてってくれたんだけど、
食費、光熱費、ガソリン代、駐車場代等含めて
合計で4000円近く請求されたことにモヤモヤしてる。

うちに泊まりに来てもらった時はどこにも連れてってあげてないし、
仕方ないのかな…と思いつつ、
私は3000円くらいの菓子折りをお礼に渡したけど、
あちらからはお礼しか言われてないし、なんかもうモヤモヤする。




741:おさかなくわえた名無しさん2006/02/15(水) 15:56:58ID:v1yxBW3P
友達の話です。何度か家に遊びに行ってて、ずーっとクリーニングの袋のままハンガーにかかりっ放しのドレスが
あったので、これ着ないの?と聞いたところ、あまり気に入っていないからとの返事。自分的にはすごく気に入って
しまって、譲ってもらうのも気が引けたので、今度の別の友達の結婚式用に借りることにしました。

その後もすごく気に入ってしまったので、何度もそのドレスを借りていたんですが、ある日また貸してと言った時に
あれは親友に譲ってしまってもう無いとの返事。 私がすごく気に入っていることは重々承知だと思っていたのに
ひどすぎ。 しかも今度着て行く先はとあるつてでセッティングしてもらった、有名企業の方たちの合コン。
何日も前から楽しみにしていたのに、突然お気に入りのドレスを奪われて合コンには行く気なくなりました。
おかげでその合コンをセッティングしてくれた人からも、私がキャンセルしたことに腹立てて連絡途絶えてしまったし
もう最低です。 まぁ私のものじゃないから友達の勝手なんでしょうが、それにしても友達の好みを
知っていながらちょっと無神経すぎる!と思いました。今後の付き合いどうしようかな。




このページのトップヘ