ロミオ


850:◆x74O3Nk5N62011/03/30(水) 23:35:37.07 0
最愛の□□へ
クリスマスもカウントダウンもバレンタインもホワイトデーも無視なんてひどすぎない?
もう三月も終わっちゃうよ~いつになったらデートする気?
新しい会社に行ったら俺新しい彼女作っちゃうかもよ?

そうなったら困るでしょ?メール拒否とかするよ?
いまのうちにごめんなさーいって電話かけておいで?
俺は許すよ?

去年離婚済みの元旦那より。
私に一体なにを期待しているのだろう…





429:◆SQ3SrsFcRE2011/06/21(火) 14:03:47.17 O
十数年前、いきなり連絡を絶ち私の前から消えた7歳年上の元彼からのメール。
「○○(私の名)元気か?

やり直すためにもまた出会いから始めよう。
あの頃はさんざんお前を泣かせてばかりいたね。
お前の涙が俺の中のお前の気持ちを教えてくれていたのに、気付かなかった俺が馬鹿だった。
お前のために俺は強くなるから、お前がもしも他の男と結婚していたとしても、運命の相手は俺だから躊躇せず飛び込んでおいで。
いつでも、お前の星を見つめているよ。
××(元彼の名)」

後で2股かけててその相手と結婚とした聞いたんだけど、棄てられたのだろうか?
ってか、私の星ってタヒんでいるの?
速攻アドレス変えました。




535:◆DMJnbb1VxiGw2011/06/22(水) 18:07:53.49 O
厄落としにカキコ。
元カレとも言いたくない元カレからのメール。


「待たせたねやっと二人の間にあった障/害はなくなったよ早く○○(私の名前)を抱き締めたいよ」

元カレとは私が20代中頃にナンパされて半年間付き合った。
元カレが当時30そこそこでお互いの部屋も行き来するようになり、私は少しは結婚も意識していた。
しかし、ある時酔っ払っていつもならゴム着けるのに「本気だから本気だから」と言いながらそのまま。
一応抵抗しましたが「妊娠したら結婚だよね」という考えもよぎってしまって強く出れず。
そして生理が止まって元カレにメールしたとたん着拒。1週間後元カレの部屋に行ったらもぬけの殻。
それでも赤ちゃんが出来ていたらしつこく行方を探したかも知れないけど、幸い3ヶ月で生理もくるようになったので諦めた。
それから1年後、CCでメアド変更の知らせがきたけど、名前もなく添付されている前アドも、他に送られている方々のメアドも覚えがなく変なメールだったら困るので放っておいた。
そしたら「あなたはどなたですか?」とその中のひとりからメールが。
最初はあなたこそ誰?だったけど、説明を受けている内に元カレの同僚と判明。
しかも、元カレは私と出会う前から結婚していること、奥さんが離婚に向けて証拠集めをしていて、メールくれた同僚さんは奥さんの味方であることが分かった。
幸い同僚さんも奥さんも「元カレが既婚者だと知らなかった」という私の主張を信じてくれて頭まで下げてくれた。
なので、私もケータイに残っていたメールや画像、プレゼントされたもの、思い出せる限りのエピソードを話すなど協力した。
先日「離婚が成立しました」との元奥さんからの連絡があり、そろそろケータイ変えようかなと思っていた矢先のロミオメールでした。
ケータイ会社も変えて新規購入することにします。





978:名無しさん@HOME2010/06/10(木) 19:11:15 0
とれたてほやほやのロミオメール。

相手は7年前に別れた彼氏。
バイト先でお互い20歳で知り合い、8年付き合った。
私は大学卒業後就職したが、彼は就職浪人してフリーター。
週休1日の私と週休3日の彼とでは時間の折り合いが難しかったが
なんとか頑張っていた。
お互いの両親にも挨拶済みの仲だった。
彼が念願の公務員試験に28歳にして合格。
職場のテニスサークルに入った途端、彼のモテ期がやってきたらしい。
一度に二人の女の子に告られた彼はあっけなく私を捨てた。
一学年上の私を「ババア」「中古」「うざい、飽きた」と罵倒した末に。
これが7年前の話。

んで昨日届いたメール。




488:1/22010/05/22(土) 15:05:19
2年前、二人で貯めてた結婚資金を風*に注ぎ込んだ挙句、自由が欲しいと
着たの大地へ旅立った元婚約者から復縁希望メールがあった。

まあ内容はテンプレ通り
「俺がバカだったやっと気づいたあの頃は刺激ばかりを求めてたけど今は君の
安らぎが欲しい、アドレス変えてないなんて君も俺のこと忘れられなかったんだろ?」
ってな感じで、最後に5月22日の朝9時に迎えに行くよと書いてあった。

もう会う気はありませんと返信して着信拒否した。出かける予定もあったし。

家族(母と祖父)にはもしかしたら元婚約者が突撃してくるかもと言って出かけた。

で、今さっき帰ってきたんだけど、母から聞いた話。

元婚約者は本当に来たらしい。10時頃。ピンポン鳴らされたが居留守を使おうと決めていた母。
祖父は「俺がガツンと言ってやるのに」と不満顔。
しかししつこいピンポンに祖父の愛鳥、オウムのポセイドンが返事をしてしまった。

「ドチラサマデスカー」「マニアッテマスー」「ドチラサマデスカー」




このページのトップヘ