メシマズ・料理


140:おさかなくわえた名無しさん2016/03/31(木) 19:23:45.72ID:s2wvsxWC
職場で昼休みに卵かけご飯を食べてる人がいて「美味しそう」と言ったら
1個くれたので(1パック買ってきてた)お弁当の白米にかけて食べた
昼休み後に体中が痒くなってきてトイレ行って見たら全身に蕁麻疹
みるみるうちに顔にもでだした
そういえば生卵を食べたの初めてかも、アレルギーかもと思い
上司に許可をもらい早退自分で車を運転して病院に向かっている最中に
急激に気持ち悪くなり物凄い勢いでブワーっと嘔吐してしまった
まさにマーライオン
あの噴出勢いには自分でもびっくりした
結局は卵アレルギーだったんだけど
加熱した卵は大丈夫という検査結果にも
びっくりした





720: 名無しさん@おーぷん 2016/07/20(水)12:48:33 ID:lLS
愚痴かどうかは分からんが

今ファミレスにいるんだけど、
11時ぐらいに頼んだ料理がまだ来ないw

これず~っと待ってたら
向こうから声かけて来るんだろうかw




791: 名無しさん@おーぷん 2015/07/06(月)17:37:03 ID:EE4
先々月、義弟夫婦とお子さんが遊びに来る
うちが家を新築してしばらく経った+両家親も呼んだ後なんで一応お招き
私、お手製のレシピまとめノートを横に夕御飯を作りもてなす
その後、義弟嫁さんがやたらと携帯にメールをよこすようになる 

私はPCでのSNSやメール派なので携帯ポチポチは正直うざったいのだが
なんの遺恨もない親戚相手にすげなくするのもな、と適当に相手をする
半月くらいして、どうやら本題らしき話題になる(後から気づいたんだけど)
以下、絵文字付きの長いメールを簡略化

義弟嫁「先日のご飯、美味しかったですー。またおじゃましたいな」
私「両旦那が休みで事前に連絡くれるなら、いつでもどうぞ」
義弟嫁「お義姉さんって、いつもレシピ見ながらお料理するんですか?」
私「そうね。先人が分量出した料理は裏切りませんからね」
義弟嫁「私、料理あんまり得意じゃないから尊敬〜(絵文字)」
私(返信なし)

義弟嫁「今度おじゃましたいって言ってたじゃないですかー」
私「そうね。いつ頃とか考えているなら早めに連絡くださいね」
義弟嫁「実は、義両親(私と義弟嫁の夫たちの両親)に入学祝いの
お礼がしたくて。でもうち狭いじゃないですか」
私(それとこれと何の関係が?)「はあ」
義弟嫁「それで、もし良かったら(私)さんのうちで、お食事会とか
させてもらいたいなって思って」
私「なんでやねん」
義弟嫁「いきなり関西弁うけるw それにうちの子も(私息子)と
会いたがってるんですよ」
私(なんだかなあ)「食事会ならお店を予約しましょうか」
義弟嫁「でも、私も(なにゃらごちゃごちゃ)それに義両親にももう
(私)さんの家で、って言っちゃってるし」
私(本物のバカだ)「しゃあないから一回だけな。二度はないぞ」

さて、当日の昨日、義弟嫁さんは右手にわざとらしい包帯を巻いて来ました
「お料理手伝おうと思ってたのにごめんなさい」とかほざいてました
昼ごろからうちの息子ときゃっきゃしていた義両親も心配させていましたが
私にとっては大歓迎です正直新しい台所を下手に使われたくありません
張り切って買い物して来た大量の食材をガンガン料理してもてなしました
義弟嫁は「あの、レシピは?」とか「そんなに適当で大丈夫ですか?」やら
背後霊のように張り付いて鬱陶しかったので笑顔で説明しました
「私、実家が大家族だったもんで、少人数用の洒落た料理って慣れてないんですよね
お玉で計れる煮物とかなら大得意なんで、大船に乗ったつもりて任せてください!」

何かを言いたくて食事会を計画した様子だが前言通り二度目はない
一時期は十人も住んでいた農家で台所仕事を手伝っていた女をナメんな




900:名無しさん@HOME2011/11/10(木) 15:27:54.47 0
大変だ、米を酢で炊くと目にくるぞ
米を炊いておけと命令された義実家から帰宅してもまだ目が痛い




102:愛とタヒの名無しさん2010/08/11(水) 11:21:32
私だけが不幸だった結婚式。

式の料理は和食にしたんだけど、私は山芋アレルギーがある。
和食ってしんじょうとかパッと見では分からないところに山芋を使っていたりするので
くれぐれも気をつけて欲しいと、最初の打ち合わせの時から何度も念を押した。

で、式の日が近づいてきて担当者から当日の料理のメニューがメールで送られてきた。
メールの最後には「山芋はございませんのでご安心ください」の一言が添えられて。
メニューを見ると『長芋の〜』というのがあるorz 何を安心しろと。
でも、山芋としか言ってなかったし、長芋は大丈夫だと思われてもしょうがないかなと
思い直して、ねばねばと糸を引くイモ類は全部駄目なんですと返信しておいた。 

そして当日。 
食い意地の張っている私は、食べられる時に食べるぞとばかり、式進行の隙をついては 
食べまくっていた。かぶらの蒸し物を半分くらい食べたところで、ふと器の底をみると 
白くふわふわしたものがかぶらの下に敷いてあった。山芋(?)をすりおろしたものだった。 

式を中座したきり戻ってこなかった新婦に、招待客の皆様は色々と想像していたらしい。 
中でも一番有力な説が、出来婚つわり中座説だったらしい。というのも、退席の時に私が口を押えていたから。 
一応聞かれればアレルギーで、という話はしたものの、しばらくは出来婚説がまことしやかに流れていてつらかった。 
一年以上たっても子供が生まれないことで、ようやくそれも立ち消えになったが。




286: 愛とタヒの名無しさん 2010/08/18(水) 08:44:00
小さなレストランウェディング会場でシェフとして働いている人(男)が結婚した時、披露宴は自分の職場のレストランでしたらしく、その時に出された料理は自分がつくって自分で食べたとのこと。料理つくるくらい誰かその時かわってやればいいのに。 
まじひいた。




332:名無しさん@おーぷん2016/01/14(木)18:11:04 ID:h9y
俺「飯何食いに行く?ウザ子ちゃん決めていいよ。今日のヒーローはウザ子ちゃんなんだし。」
A子「パクチー以外ならなんでもーw」
ウザ子「んーじゃあ焼肉はどうですか?」
俺A子「お!いいね!んじゃ行きますか~!」
ー焼肉屋に向かう道中ー
ウザ子「ぐすん…ぐすん…」
俺A子「!?」
俺「ウザ子ちゃん突然どうした?なんかあった?」
ウザ子「…私牛アレルギーだから焼肉食べれないんです…。」
A子「え、じゃあなんで焼肉なんて言ったの!?」
ウザ子「だって…だって男の人って結局焼肉になるじゃないですか…!
私この顔じゃどこにもご飯行けないから帰ります…。
2人で何か食べて下さい。お疲れ様でした。ぐすん。」
うぜええええええええええええ!!!!!!!!!!
なんだこいつううううううううう!!!!!!!!!!!




710:愛とタヒの名無しさん2010/08/02(月) 22:16:42
友人の結婚式でのこと。
新婦側でスピーチするはずだった人が飛行機のトラブルで到着が遅れるとの連絡が入った。
ギリギリまで待ったものの、どうしてもたどり着けなかったみたいだった。
式場の人が私のところにやって来て「新婦があなたに代わりにスピーチをしてもらえないかと言っております」とのこと。
いきなりのことでびっくりしたけど、今まで何度かしたことがあるし新婦友人スピーチがないのも可哀想だと思いその話を受けた。

考える時間なんて5分もなかったけど、新婦は料理上手でそれ関係の資格も持っているので、
「彼女は料理が上手で私もよくごちそうになりました。それを毎日食べられる旦那さんがうらやましいです」っていう話をした。もちろんおめでとうございますも言った。
客もほとんどみんなピンチヒッターのスピーチだったことを知っているので、暖かい拍手をしてくれた。 

それなのに、司会(会場で用意されたプロの人)が「なんか食いもんの話ばっかりでしたね」とバカにしたように大きな声で言い出した。 
そりゃすばらしいスピーチじゃなかったけど、司会者も私が代役であることを知っているのにそれにツッコミ入れなくてもいいのになと思いつつ、新婦の父(私と面識あり)が司会者に対して怒り出しそうだったので、私はひたすら笑顔で返した。 

それでいきなり座がしらけてしまったようになって、そのあと司会の人自身が進行に困っていた。 
かなり有名で格式があるところでの結婚式なのに、なんだかなあと思った。 

不幸とまではいかないかもしれないけど。 



418 :育児まとめニュース 2018/08/31(金) 15:33:57 ID:GHU9puiS0.net
カップ焼きそばを作ってくれとの事で私なりに普通に作った
それで彼が食い終わる頃に、わりと汁気が残って底に残った
「あーあ!まともに湯切りもできないのかよ!どうりでマズかったわ!」

ちゃんと徹底的に切らなかったのは悪かったけど、イライラします


356: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/08/03(水) 07:48:38.95 ID:RQ9Hzh9W.net
蕎麦を食べに行き彼はざる蕎麦、私はざるうどんを頼んだ 
注文したものが届き食べ始めたら彼が酷く不機嫌に 

「どうしたの?ここのうどん美味しい~」なんてご機嫌とりながら自分が何かしたのかグルグル考えていた 
食事途中で彼が「もう無理」と言って出て行った 
自分が連れて行った店で急に不機嫌になり支払いもしないで連れを置き去りにして出て行った人に寂しい冷めを感じた 
後日別れ話の時に、「うどんを音を立てて食べる姿が下品で耐えられなかった」と言われ、 
「麺類は普通に音を立てて食べるでしょ」と返したら 
「俺の周りの女子達は音を立てないように気遣いしながら上品に食べる!」と言われ 
「じゃあ、その上品に麺をすする気遣いさんと付き合いなさいよ!」と別れた




このページのトップヘ