セクハラ

82: 名無しさん@HOME 2013/04/02(火) 17:16:33.84 O
夕方 リビングでテレビを見ていたら、電話が鳴った取ったら 「お父さんかお母さんはいらっしゃいますか?」
我が家は両親共働きだったので「まだ仕事から帰ってきてないからいません」と答えた。「ああそうですか」といって切れた。

しばらくして今度はチャイムが『ピンポ~ン』と鳴った。続きます

88: 名無しさん@HOME 2013/04/02(火) 17:27:23.77 O
当時、我が家にはインターフォンは導入されていなかったので当時無知な小学6年の私は普通にドアを開けた。若い男がズカズカ入って来た。いきなり玄関に押し倒された「大きな声だすなよ」といいながらTシャツを捲られた幼いながら、いやらしい事されちゃう!とパニックになった
続きます



267: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/10(月) 07:13:54.22 ID:I3M4M+Ms
小学生の頃、自分からいたずらされに行っていた事。
小学校4年生の頃、男子数人からわりと酷い虐めにあった。
すれ違いざまに叩かれたり、罵声を浴びせられたり、物を捨てられたり、ふざけて服を脱がされて裸にされたりしていた。
先生は解っていても放置だし、先生からも嫌われていて、「あなたがどんくさいから悪い」みたいに言われ、親に話しても「勉強で見返せ」といわれて誰も助けてくれなかった。
特にしつこい男子二人は家の近所で必ず帰り道待ち構えていて二人がかりで毎日殴られていた。
その途中で小さい洋品店があってそこのおじさんは逃げ込むと必ず助けてくれた。
校門から走ってそこに逃げ込めるかどうかが毎日勝負だった。
おじさんはいじめっこを怒って助けてくれ、お菓子もくれるけど、必ずちょっと胸を触ったりしてくる。
嫌だけど、男の子二人がかりにボコられるよりずっと私にとっては楽だった。
いじめは小学校卒業まで続いて、今ではあのおじさんも卑怯な大人だったんだなと思うし。
触られるくらいで済んだのはよかったなと思うけど、それでもいじめてきた相手が男の子だったのもあって、長い間男の人とは付き合えなかった。
今は結婚して子供もいるけど、小学校時代の事を思い出すと物凄い怒りがこみ上げる事がある。
どうして男子達は教室でひっそりしていた私を毎日殴ってきたのだろう。
何で先生はいじめっ子を放置したんだろう。
親はどうして助けてくれなかったんだろう。
そういう恨みみたいな物が未だに底に眠ってる。
いたずられてるのが解っていて自分から行ったくせに、おじさんも大嫌いだった。
今が平和で幸せだからこそ、人にはこんなドス黒い感情がある事をとても言えない。
自分の子供がいじめにあったら絶対話をしっかり聞いて守ろうと思ってる。


447: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/25(土) 21:11:28.53 ID:k0C0b6rZ
豚切りします。つい昨日の話なんだけど。
ちょっと大きめの仕事が一段落ついて、今日は何か美味しいものでも作ろうと思って会社帰りに
閉店間際の高級スーパーへ。何作ろっかな~と物色してるとA5ランクの、それは見事な松坂牛が半額。
いつもは売り切れてるのに、タイミング良かったのかその時は残ってた。
うわぁこれって買い?でも半額とはいえやっぱり高いよね?でも一回食べてみたい。
あ、お隣にA4の米沢牛がこれも半額。こっちは少し安いし、やっぱこっち?
でもせっかくだしなぁ…と肉2パック交互に睨んでたら後ろから人の気配がしたので振り向くと
身なりの良い上品なおばさまがこっち見てた。
邪魔だったかなと思って「すみません」とパック持ったまま退けると、おばさまニコニコ笑いながら
「いいえぇ、夕飯の買い出し?そう、若いのにちゃんと自炊して感心だこと」
「いえ、まだまだ基本的な物しか作れなくてお恥ずかしいんですが」
「そんなこと無いわよ~できあいのもので済ませないだけでも十分立派よ~」
などとほんの1,2分立ち話をしたところでおばさまが切り出した。
「ねぇ、良かったら結婚する気はない?あなたのこと、とても気に入ったんだけど」
「……はいっ??」
「見たところ本当にしっかりされているみたいだし、あなたみたいなお嫁さんだったら
きてもらってもいいわ」
「…はぁ」


732: 名無しさん@HOME 2012/11/09(金) 11:53:36.13 0
小学4年の時に通ってたピアノ教室の先生(50代の糞爺)に性的悪戯を受けた。
最初は私を膝の上に乗せ(これは母の前でも何回かやってたが)
次は私の手足の長さを測るという名目で、股に手を食い込ませ
最後は玄関の扉の鍵をかけた後(通常は次の生徒が来るから鍵はかけない)
膝の上に乗せ「私ちゃんは身体が大きいけど、もう生理は始まったのかな?」
「私ちゃんがどれだけ成長したか確かめてあげる」と胸を執拗に触った。
一回で全部やられたんじゃなくて、何ヶ月かに渡って
徐々にエスカレートしてきたんだけど
最後の悪戯&糞爺に口止めされた事で
幼いながらもこれは自分の身がヤバイとやっと気付き
以降のレッスンは何とか行くまいと頑張ったが
母には理由(悪戯された事)はどうしても言えず…
元々練習嫌いだったこともあって、母からは単なるサボりと思われて
無理矢理教室に行かされた時は心の中が修羅場だった。
教室(ワンルームマンション)ではロリコン変態糞爺と二人きりの閉鎖空間
悪戯を受けた頃は、前後もあまり他の生徒と時間がかぶらないようになっていたし
気持ち悪さと、次は何をされるのかという恐怖で気が気ではなく、本当に辛かった。
あまりにレッスンを嫌がる私を見て、母も何かを察したのかどうか
それから数ヶ月ほどで正式に教室を辞める事ができた。
そのロリコン糞爺は、ピアノ教室自体ももそこそこ評判が良かったらしいが
ボランティアに熱心で、特にとある発展途上国に何度も寄付をしているとかで
その国の大臣にも感謝状貰ったりと、社会的には立派な人って扱いだった。
でも裏ではロリコン変態糞爺。
当時は自分が魔の手から逃げるだけで精一杯だったが
そんな性癖が突如現れるわけが無い。
手口からしても、被害者は私の以外にそれまでも何人もいただろうし
私の後に被害に遭った子もいたかもしれない。同時期にも居たかもと
大人になってから思い返して、気が付いた。
当時母に洗いざらい言って、教室、ロリコン変態糞爺を潰せば良かった。
社会的に抹殺すれば良かったと後悔している。



このページのトップヘ