セクハラ

454: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/24(火) 19:02:36.42
皆さんに比べたら些細な事なんだろうけど…
義兄子(女3歳7ヶ月)が私の胸を触ってくる。近くにいる義兄嫁は注意しない。注意するように義兄嫁に言った方がいいのか、義兄子に直接言った方がいいのか悩み中。


926: 名無しさん@おーぷん 2014/09/05(金)17:05:37 ID:FnRtoCuD2

私の元旦那は娘を溺愛してました。娘は元旦那そっくりな顔立ちで、お父さんっ子。本当に仲の良い父娘だった。
娘が小学五年生になったあたりから、月経が始まり体つきも変化してきた。

娘は元旦那をうざがるようになった。一緒に風呂に入るのは拒否、洗濯物を一緒にするのを嫌がるなど思春期女子にありがちな感じになっていった。
私はもちろん娘の気持ちは理解していたし、この気持ちの変化も立派な成長なんだと思っていた。
元旦那も理解してくれていると思っていた。理解していても溺愛していたので娘の態度の変化に戸惑いと寂しさを感じてるかもなーと思い、娘がいないところで元旦那と娘について話すことに。

元旦那は「あのバカ娘、あれだけ可愛がってやったのにあの態度はなんだ!」「別に娘の身体なんかに欲情はしない。別に風呂一緒でもいいだろ!」と、感情的になっていた。
あのくらいの年頃の女の子は父親に対してああいう態度になるものだ、ほとんどのご家庭のお父さんはコレを経験すると諭しても聞きやしない。
それに態度が悪いと言っても、暴言を吐いたり元旦那を邪険に扱う訳ではない。
風呂拒否、洗濯物拒否、幼少期より会話を交わさなくなる、元旦那に交友関係について聞かれてサラッとかわす。こんな感じ。

511: 本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 15:47:20.39 ID:Ufh+OISr0
少し重い部分もあるので嫌な方はすいません。 
フェイク入れてます。少し長くなりますが
復讐できたのでお付き合い下さい。 

小学校中学年くらいの頃から暫くの愛だ、
10歳離れた従兄弟に性的なイタズラを受けていた。 
今思えば、叔母も性格がかなり歪んだ毒親で、
離婚して従兄弟を連れて出戻り。祖父母宅に同居。 
別居していた私達家族は、ほぼ毎週末に
祖父母宅にご飯を食べに行く事になっていて、
従兄弟にイタズラをされていたのはその時。
イタズラの内容は、
本当にテンプレートな性的なもので、
回を重ねる毎にヒートアップ
怖い嫌だと言う気持ちはあったのが、
従兄弟は感情の振れ幅がすごく
急にキレて怒鳴ったりものを壊したり叩いてきたりと、
恐ろしくて逆らえずにいた。
しかしある時に、その性的なイタズラに私の兄を巻き込み、
兄にもそれをやれと言った。
兄は途中で怖がって逃げ、私も泣き喚き、
その後従兄弟と二人きりにならないよう親にべったりくっつくようになり
従兄弟もまずいと思ったのかイタズラはなくなった。


422: 名無しさん@HOME 2013/04/26(金) 14:09:51.64 0
数年前の修羅場。
自分ははっきりと正体明かせないけど、ある家に住んでいた。
その家にある日、芸能人の女性が番組の関係で宿泊することとなった。
そしたらそこの家の親父がまぁデレデレというか、その女性から離れない勢いでべったり。
でも周りから見れば優しそうな外見も手伝い、ほのぼのとした風に見られてた。
芸能人の女性はおっとりしててベタベタされてもさして気にしていない様子でニコニコ。
自分が悪く見過ぎかなーと思ってたが、その女性が入っている風呂を、
そこの親父がノリに任せて覗こうとしてた辺りでやっぱりおかしいと思い始める。
挙句女性の寝る場所として指定して来たのが、親父の部屋とフスマ一枚隔てただけの場所。
そもそも寝る時は近くのホテルか何かに移動でもするもんだと思ってたから、
脳内が一気に激しく修羅場と化した。
風呂上がりに軽く親父と酒を酌み交わしながら楽しそうにしてる女性。
でも親父の方は酒の力も手伝ったか、ギラギラした目でパジャマ姿の女性をガン見。
胸が結構大きいねとか初めて彼氏が出来たのはいくつの時かとか、
質問内容もどんどんどぎつくなっていく。見かねたスタッフがそろそろ就寝をと促した。
その時丁度親父がトイレに立ったから、自分は彼女にしか聞こえない声で懸命に
「あの人明らかに何かしようとしてます。今からでも遅くないからホテル探すか何かして下さい」とか
隣の部屋は親父の部屋だとか色々必死に訴えた。
女性はびっくりした顔だったが怯え始めてスタッフと何やら話し始める。
スタッフの方は納得したような顔でうんうん頷いてた。そして自分の方へ来ると、
「彼女が寝る部屋の隣は物置にしてると聞きましたが?」というので必死に否定。
そこの家の母親に許可を取り確認に行くスタッフ。襖開けたらぴったり、
隣の部屋ギリギリまで寄せられた親父の布団…。
で、親父が戻って来るとすぐに「少し体調が優れないようなので」とか言い訳して
彼女を別の部屋へ宿泊させるよう説得。親父は渋ったが、隣の建物の使ってない部屋へと
移動させられて女性スタッフが同室で就寝、更に隣の部屋にも他のスタッフが泊まる形に。
スタッフさんが上手いこと言ってくれたようで自分の密告は親父にバレずに済んだ。

続きます

463: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/12(土) 00:48:24.50 ID:QtFBIube0
ある日職場に行ったらコンプライアンス委員に呼ばれた。 
内容は「私さんの課でセクハラ行為があったという報告があるんだけど、 
被害者は私さん?」というもの。 
全く身に覚えがないので、「私じゃありません」と答えた。 
独身女性が少ない課だったので、「じゃあ誰?」てことに。
内心wktkだったんだけど、
その気持ちを抑えつつ、自分の課に戻り、
スピーカーなお局様にチクっておいた。
その日のお昼には、セクハラの加害者とされているのが課長で
被害者とされてるのがバイトの女性(Aさん)だということが判明。

実はAさん、同じ課の社員(Bくん)と付き合っていて、
そのことはみんなが知っていた。
課長は世間話のつもりで「B君と結婚するの?」と聞いた。

しかしAさん、ちょっとメンヘラなとこがあり、後になって
「そんなプライベートなこと聞いて気持ち悪い!
セクハラだ!」っと騒いだ。
さらにBくんも思い込みの激しい子で、
「課長が彼女にセクハラ行為をした」と騒いだ。

この騒ぎが他課のコンプライアンス委員の耳に入り、調査となった。
さらに課長が社内のコンプライアンス委員の一人だったため、
余計に話が大きくなってしまった。



このページのトップヘ