コトメ


603: 名無しさん@HOME 2011/10/14(金) 12:47:36.56 O
なにかと私を見下す発言をするクソコトメの勤める式場で、 
結婚式をすることになってた(入籍済み)。 
ドレス選びしてる時に、呼んでもないのにきやがった。 
仕事しろよ。 
「これ清楚でクラシカルでステキ」と言った私に、 
「清楚でクラシカルって柄じゃないでしょ」って大笑いされた。





135:名無しさん@HOME2012/04/02(月) 21:52:09.80 0

3人の息子達が昨日ついにやってくれたよ。

まず前提として、我が家は中古の一軒家。
そこまで古くはないのだが色々とおかしい。
2部屋ある子供部屋は元々1部屋だったようで、明らかに日曜大工と
解るベニヤ板で中央が仕切られ、無理やり2部屋にされていた。扉が
2か所あるので、きっと家を建てた前家主が、後から部屋を区切れる
ようにと注文したんだろうと思う。

我が家の3兄弟がそれぞれ使っていたんだけど、上の2人が就職して家を
離れてからは、片方は末っ子の部屋。もう片方は物置になってた。

そこそこ平和だった我が家だけど、最近、徒歩圏内に住む旦那の実家に
不倫して追い出されたコトメが帰ってきた。
慰謝料の支払いでカツカツらしく、ウトさんトメさんに寄生を開始。
ウトメさん達は厳しい人達で有責離婚のコトメをギッチギチに監視。
そのため憂さ晴らし兼サイフ代わりに我が家をロックオンしやがった。

強引に入ってきては食事をたかる。勝手に家具や服を持っていく。
挙句の果てにはサイフから金を抜く始末。そのたびに旦那が〆ては
くれるけど、改善される気配はまったくない。
そろそろ警察沙汰にしてやろうかと思い、あれこれ計画を練っていた。
長くてごめん、ここまでが前提。




375: 2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN 0
義実家にはトメとコトメが二人住んでいる。 
姉コトメは訳あって義実家住まいだけど、妹コトメは完全に寄生。 
今年ウトの三回忌に夫と行って来たが、事前にトメに必要な物を確認したら 
御仏前も何も要らないと言われたので、お供え物だけ持参した。 
(一周忌の時も、香典無しと言われたので、果物とお花を持って行った) 
何を思ったのか、供養後の会食の席で、妹コトメが私に向かって 
「私達は家族だから良いんだけど、普通、招かれた方は香典持って来るよね。」 
と、かなり嫌みっぽい口調で言って来た。 
私は『何で私に言う?』とポカーン状態だったが、夫と姉コトメとトメが一斉に 
「私が良いって言ったから良いんだよ。」 
「じゃぁ、お前は家族なんだから、お寺さんとお店の費用を負担するか?」 
「生活費も入れてないくせに偉そうに言うな。」 
と言い返してくれた。 
妹コトメ、顔真っ赤にして何か言い返そうとしてたみたいだけど、実際に、 
離婚後に出戻ってから十数年、すぐに仕事みつけて出て行くと言いながら、 
今まで生活費を一銭も入れずに居座ってきたので、何も言い返せなかった。 
一周忌の時も、同じ様な事あったんだけどな。学習しろよと思った。




275: 名無しさん@おーぷん 2015/10/25(日)20:08:50 ID:WFX
コトメは男女の双子を女手一つで育て上げ、
大学まで行かせて二人とも高給取りになった。
双子は現在30歳。 
コトメは聖人かってくらい良い人で、
離婚前は双子の子育て&コトメ義母の介護をこなしてた。

コトメの元旦那はエネクズのテンプレで、
育児や介護を丸投げ、
おまけに双子が2歳のときに浮気が発覚。

私もコトメには良くしてもらっているから
双子を預かることがあった。
私達夫婦は小梨だし、すすんでコトメを助けてた。

コトメは専業だったが、
浮気が発覚してから即座に離婚を決意。
働き口を探していたので、私の会社に誘った。
人員を欲しがってたし、給与もそこそこだから。

元コトメ旦那は喜んで離婚を承諾した。
不倫相手とのラブラブ生活を夢見てたんだろうね。

しかし慰謝料や養育費、義母の介護の問題に直面して
「婚姻関係を継続しよう。
そうすれば君は働かなくてすむし。
母さんもあと数年の命だよ。
その代わりに僕は不倫相手との関係を続けるよ。
な?良い妥協案だろ」と大真面目に言ったそうだ。



319: 名無しさん@HOME 2008/09/21(日) 19:40:52
 
今日は朝から大雨。
同居コトメが買ったばかりのレインブーツを履いてデートだと浮かれていたので 
レインブーツの中に水入れといてやった
怒りながら別のレインブーツ履いて行ったけど残念w
そっちは底に穴をあけておいたんだよ
帰ったら覚えてろとメールが来たけど

良ウトメに〆られるのはお前だ


洗ったばかりの洗濯物を庭に放り出しやがって 
もうコトメの洗濯してやんね
 



このページのトップヘ